Photoshopの使い方

人物のフォトレタッチ 〜肌の処理〜 フォトレタッチ入門 第9回

2016年7月25日

eyecatch_retouch_lessons09

 Adobe® Photoshop®を使用した人物のフォトレタッチの作業の一例をご紹介します。
 この回では肌の処理の方法をご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ
再生可能エネルギーを中心とした電力を供給する電力会社を選ぶときに便利なサイト。

 

人物のフォトレタッチの流れの一例

 人物のフォトレタッチも、基本は普通の写真のフォトレタッチと同じです。

 人物のフォトレタッチで特別行わなければならない作業は、肌の処理、目の処理、口の処理、髪の毛の処理、などです。

 大まかな流れは以下のようにします。
 このページで紹介する作業は1番目、2番目です。

  1. Camera Rawで明るさ・コントラストの調整。PSDで書き出し。
  2. Photoshopで肌の処理
  3. 明るさの微調整
  4. 肌の色調補正
  5. 目、口、鼻等の処理
  6. 陰影の調整
  7. 髪の毛の処理

 このコーナーの手順で処理を進めると、下図のように写真を仕上げることができます。

元の写真(左) フォトレタッチ完了後の写真(右)

元の写真(左) フォトレタッチ完了後の写真(右)

基本的なフォトレタッチを行ってPSDで書き出す

 まずは、普通の写真と同じように基本的なフォトレタッチ作業を行います。

 Camera Rawを使って明るさ、コントラストを調整します。
 Lightroomやその他の現像ソフトが好きな場合はそれらを使用しても良いでしょう。

参考記事

フォトレタッチ入門 第1回 基本〜フォトレタッチ作業の流れ〜

 フォトレタッチには、不要物を消去する、明るさを調整する、色を調整する、など色々な作業があります。  これらの作業をどのような順番で進めると良いのか迷うかもしれません。  ここではフォトレタッチの作業 ...

Adobe® Photoshop®のカラー設定 〜フォトレタッチ入門 第2回 基本〜

 フォトレタッチ作業を行う前に、使用する写真編集ソフトのカラー設定を適切に設定する必要があります。  ここではAdobe® Photoshop®でフォトレタッチを行う前提で、Photo ...

元画像のプロファイルの確認・変換 〜フォトレタッチ入門 第3回 基本〜

 フォトレタッチ作業を進めるとき、手元にあるデータの本来の色から出発します。  ここではこれからフォトレタッチ作業を行う元画像データのプロファイルを確認したり、プロファイルが不明なら推測し、必要があれ ...

元画像のサイズの確認 〜フォトレタッチ入門 第4回 基本〜

 写真のデータのサイズがあまりに小さいと、フォトレタッチ作業がしにくいです。  ここではこれからフォトレタッチ作業を行う元画像データのサイズを確認し、必要があれば画像を拡大する手順をご説明します。   ...

前段階のレベル補正 〜フォトレタッチ入門 第5回 基本〜

 ある程度普通に撮影されている写真の場合、レベル補正も含めて明るさ・コントラストをAdobe® Photoshop®のプラグインのCamera Rawを使用して行えます。  しかし、大 ...

明るさ・コントラストの調整 〜フォトレタッチ入門 第6回 基本〜

 写真の明るさ・コントラストの調整の手順の一例をご説明します。  ここでは、レベル補正も含めて明るさ・コントラストをAdobe® Photoshop®のプラグインのCamera Raw ...

 明るさ・コントラストの調整まで終わったら、Camera RawからPSDを書き出します。

 Photoshopで、写真全体の色の調整を行います。
 人の肌はこの後作業を行うので、まだ調整しなくても問題ありません。

写真の色の調整 〜フォトレタッチ入門 第7回 基本〜

 ここではAdobe® Photoshop®を使用した写真の色調補正の手順の一例をご紹介します。 ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ 再生可能エネルギーを中心とした電 ...

Photoshopで 肌の処理

 Photoshopで肌の処理を行います。

肌をどのくらい処理するかの判断

 肌をどのくらい処理するかは、依頼元の用途や指示によります。

 撮影されたままの状態が良い、という場合は、そのまま次の作業に進みます。

 美肌にする指示、要望がある場合は、以下の手順で美肌処理を行います。

肌全体のしわ、シミを軽減する処理

背景レイヤーの複製

 背景レイヤーを複製します。

複製したレイヤーをぼかす

 複製したレイヤーに、顔のシワやシミがほぼ見えなくなる強さで「ぼかし(ガウス)」をかけます。

複製したレイヤーに「ぼかし(ガウス)」をかける

複製したレイヤーに「ぼかし(ガウス)」をかける

美肌にするフィルターは色々ある

 美肌にするために使える処理は「ぼかし(ガウス)」に限りません。
 Photoshopには他にもフィルターが色々あります。
 ノイズ軽減を強くかけることでも美肌になります。
 求められている仕上がりに最も近くなる処理を探しましょう。

ぼかしたレイヤーのマスク処理

 「ぼかし(ガウス)」をかけたレイヤー全体をマスクします。

 50%グレーくらいの濃さの境界をぼかしたブラシでレイヤーマスクを塗り、肌の部分だけ「ぼかし(ガウス)」をかけたレイヤーを表示させ、肌をきれいにします。
 首や手も塗ります。

※この後、肌の処理が自然な強さになるよう調節しますので、この段階では少し処理が強過ぎても大丈夫です。

 目や口は塗らないようにします。ネックレスなども塗らないようにします。

ぼかしたレイヤーが肌の部分のみに表示されるようマスク処理

ぼかしたレイヤーが肌の部分のみに表示されるようマスク処理

 シミ、シワなどをもっと強く消したい場所を、レイヤーマスクを30%グレー、白など、50%グレーより薄い色のブラシで塗ってマスクを調節します。

さらに濃度を変えながらレイヤーマスクを処理して肌を整える

さらに濃度を変えながらレイヤーマスクを処理して肌を整える

肌の処理の強度の調整

 マスク処理したレイヤーの不透明度を下げることで、肌の処理の強さを調節できます。
 化粧でも実現できそうな美肌加減にしたい、美肌処理したと思わせないくらいの軽い処理にとどめたい、など、人物の年齢や性別、用途などに合わせてレイヤーの不透明度を調節します。

ぼかした美肌処理用のレイヤーの不透明度を調整し、美肌処理の加減を調節

ぼかした美肌処理用のレイヤーの不透明度を調整し、美肌処理の加減を調節

部分的にほくろやシミなどを消す

 ほくろ等も消してください、という要望があるなら、肌全体にかけた処理では消せないほくろやシミなどを、スタンプツールなどを使って消して行きます。

新規レイヤーを作成

 新規レイヤーを作成します。

スタンプツールなどで処理

 新規レイヤーを選び、スタンプツールの設定で「サンプル:現在のレイヤー以下」にし、スタンプツールで消したいほくろなどを消して行きます。

 ただ、ほくろがチャームポイントの場合などもあるので、用途や依頼内容次第で消し方は加減します。

 ほくろを目立ちすぎないくらいに残したいなら、スタンプツールの不透明度を50%くらいにして消してみるのも一つの手です。

シミ等の確認方法の一例

 下図のようなトーンカーブの調整レイヤーを一番上に乗せて作業すると、通常の表示では見えないシミやムラも確認しながら作業できます。
 シミやムラを消す作業が終わったらこのトーンカーブは削除します。

 トーンカーブの波の数を変えれば色も変わります。

 ただ、この方法が作業しやすいかどうかは好みや場合によります。

シミやムラの確認方法の一例

シミやムラの確認方法の一例

 これで肌をきれいにする作業は終了です。

肌をきれいにする処理が終了した状態

肌をきれいにする処理が終了した状態

できる限り自然に仕上げる必要があるならかなりの部分を基本的なツールで手作業する

 上記のレタッチ方法で通用するケースもありますが、レタッチ専門の仕事をする場合は通用しないケースも多いです。

 仕事で人物写真の肌のレタッチを行うような場合は、できる限り自然に仕上げなければならない場合も多いでしょう。
 そのような場合はあまり近道はなく、Photoshopのパッチツールやスタンプツールなどかなり基本的なツールを使って地味な手作業を行う必要があります。
 全体にフィルタをかけて手間を省こうとしても要求される仕上がりにならず、もっと自然に仕上げるよう修正指示が入る可能性もあります。

 以下はかなりの部分をパッチツールやスタンプツール、覆い焼き、焼き込みツールなどを使って肌のムラや陰影を修正し、最後に軽めにフィルター処理を施した作業例のレタッチ前後の写真の比較です。

元の写真

元の写真

自然に仕上がるよう肌をレタッチした例

自然に仕上がるよう肌をレタッチした例

補足情報 画像編集ソフト「Luminar」で簡単に肌の処理が可能

 画像編集ソフト「Luminar」を使用すると、選択範囲の作成、レイヤーマスクの処理、フィルター処理などを手動で行わず、単純なスライダー操作だけで肌の処理を行うことができます。

 人の肌の場所を判断して、適切な処理を加えてくれます。

 ただし、肌の処理はソフトが自動的に行うので、Photoshopで全手動で処理する場合のように自分好みの肌質に自由自在に調整することはできません。

 写真が大量にある、肌の質はソフト任せで問題ない、といった場合はLuminarを使用することでかなり作業が楽になるでしょう。

Luminar

 Luminarは多少機能の異なる複数の製品があります。以下のページの「比較」に3製品の機能の比較表があります。
Luminar4/LuminarAI/Luminar Neo の比較表

Luminar Neo

LuminarAI

プロモーションコード

 製品の購入手続き画面で以下のプロモーションコードを入力すると対象製品は10%OFFになります。
プロモーションコード: PY2V6C

参考記事

Luminar 4 だけでポートレイト写真のレタッチをする

 写真編集ソフトLuminar4は、かなりの部分をソフトの判断にまかせてフォトレタッチができます。  ここではLuminar4だけを使ってポートレイト写真のレタッチを行う手順の一例をご紹介します。 ビ ...

 以上、肌の処理の方法をご紹介しました。

参考記事

ps_portrait01_eye
女性ポートレートのレタッチの作業例

 画像編集ソフトでポートレート写真のレタッチをする場合、用途によって色々な仕上がりにできます。  女性のポートレートをレタッチして何通りかの仕上がりの写真を作ってみます。 ビジネスや創作活動を今後も続 ...

lightroom_portrait24
Lightroom Classicによるポートレート写真のレタッチ 手順の一例

 ポートレート写真をレタッチする場合、Lightroom Classicで明るさ・コントラストまで調整した後Photoshopで色調補正や細かいレタッチを行ったり、Lightroom Classicだ ...

写真編集ソフト

Luminar

 Luminarは多少機能の異なる複数の製品があります。以下のページの「比較」に3製品の機能の比較表があります。
Luminar4/LuminarAI/Luminar Neo の比較表

Luminar Neo

LuminarAI

プロモーションコード

 Luminar Neo以外の製品の購入手続き画面で以下のプロモーションコードを入力すると10%OFFになります。
プロモーションコード: PY2V6C

Paintshop pro

PhotoDirector

icon icon

icon icon



当事務所の写真・グラフィック出力サービス

 仕事や創作活動で写真・グラフィックのデータを完成させたら、最終的なプリンター出力を当方にご依頼いただけますと幸いです。

技術は人のためにある

 人の暮らしに役立つ道具を作るのが技術、工学の目的です。写真や画像に関する仕事や創作活動を意義あるものにするため選挙、国会への請願その他種々の方法で主権を行使することは欠かせないでしょう。

浜野謙太 投票はあなたの声 #shorts|VOICE PROJECT 投票はあなたの声

Photoshopの本

Photoshopの自動化

フォトレタッチの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

-Photoshopの使い方
-

© 2022 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜