Photoshopの使い方 フォトレタッチ・写真編集の知識

前段階のレベル補正 〜フォトレタッチ入門 第5回 基本〜

2016年7月19日

eyecatch_retouch_lessons05

 ある程度普通に撮影されている写真の場合、レベル補正も含めて明るさ・コントラストをAdobe® Photoshop®のプラグインのCamera Rawを使用して行えます。
 しかし、大幅なレベル補正が必要な写真の場合、Camera Rawだけでレベル補正を行うと自然な仕上がりになりません。
 そこでCamera Rawに行く前にPhotoshopでレベル補正を行っておきます。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

前段階のレベル補正の作業の位置付け

 このページで紹介する、前段階のレベル補正の作業は、フォトレタッチ全体の流れでみると以下の3番目「明るさ・コントラストの調整」の前準備の作業です。

  1. 元になる画像データのカラースペース、カラープロファイルの確認
  2. 元になる画像データのサイズの確認
  3. 明るさ・コントラストの調整
  4. ノイズ除去
  5. 色の調整、色のかぶりを取る作業
  6. 全体の色の演出
  7. 人の肌、木々の緑や料理など、特定の部分について色の演出をする
  8. 最終的な形式にデータを書き出す
  9. 終了

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

前段階のレベル補正が必要な写真の判断

見た目で判断する方法

 Adobe® Photoshop®で画像データを開いてみます。

 前段階でのレベル補正が必要な写真は、十分明るいハイライトの部分がない抜けの悪い写真です。

 例えば下の写真はハイライトがありません。全体が暗くて抜けが悪い見た目をしています。

5_motoimage

ハイライトのない写真の例

ヒストグラムで判断する方法

 写真の見た目による判断に加えて、ヒストグラムで判断することもできます。

操作 Photoshopのメニューから[レイヤー>新規調整レイヤー>レベル補正]と進み、レベル補正の調整レイヤーを作り、ヒストグラムを見てみます。

5_level

レベル補正でヒストグラムを確認

 ヒストグラムのハイライト側がかなり空いています。
 これが写真の抜けの悪さの原因です。

レベル補正の画面のヒストグラムを見ると便利

 ヒストグラムを確認する場合、ヒストグラムのパネルを表示させるよりレベル補正画面に表示されるヒストグラムを見た方が便利です。
 どのみちヒストグラムを見ながらレベル補正の調整を行う場合がほとんどだからです。

ハイライトがないケースは、暗めに写った写真やスキャニングした画像で多い

 このようなハイライトのない写真は、暗めに写った写真の他、スキャニングした画像に多いです。

ハイライトがなくても自然に見えるならそのままで問題ない

 意図してハイライトがないように撮影した写真もありますし、日没後の風景ならあたり全体が薄暗いのでハイライトはなくても自然な場合もあるかもしれません。

 そういった写真で無理にハイライトの部分を作ると、記憶している風景と全然違う日中のような写真になってしまうかもしれません。

 ハイライトがなくても見た目が自然なら無理にハイライトを作らずに進めます。

前段階のレベル補正の方法

手順1 調整レイヤーでレベル補正する

操作 Photoshopのメニューから[レイヤー>新規調整レイヤー>レベル補正]と進み、レベル補正の調整レイヤーを作ります。

 ハイライト側のポインタを動かしてヒストグラムの山に付きそうな位置に移動します。

ハイライト側の三角印を動かす

 レベル補正を行った結果、階調が失われてしまうのは避ける必要があるので、RGB値が255になっている場所がないか念のため確認します。

レベル補正後のRGB値を確認

 場合によっては、RGB各チャンネルの数値を見ながら、飛ばない(RGB値が255にならない)ギリギリまでさらにハイライトを明るくする場合もあります。

 また、色がかなりずれて撮影されている写真の場合、レベル補正をRGBそれぞれのチャンネルに分けて調整しないと正常にならないこともあります。

照明やキャッチライトなどは白飛びしてよい

 例えば、写真に壁の照明が直接写っていたとします。
 あるいは、太陽が写っていたり、窓に照明や太陽が写り込んでいたとします。

 この場合、照明や太陽は白飛びして(RGB値が255になって)問題ありません。
 太陽や照明はとても明るく、活かさなければならない階調やディテールがあるわけではありません。
 そのため、白飛びして階調がない状態に仕上げて問題ありません。

 また、人の目にライトが反射したキャッチライトも、白飛びして問題ありません。

 こういった光源そのものや光源が反射した部分を白飛びしないようにレベル調整すると、抜けのよくない暗い写真になります。
 光源そのものや光源が反射した場所は白飛びさせてレベル補正を行うと自然な写真になります。

 人の目で風景を直接見た時も太陽や蛍光管は明るくてまぶしく階調やディテールは何も見えません。
 そこで、写真も人の目で見た時と同じように太陽や照明は白飛びさせた方が自然な仕上がりになります。

手順2 画像統合

 画像統合をするとき、できる限り画質を落とさないように処理するため、16bitのモードの状態でレベル補正の演算をします。

 調整レイヤーは、画像を表示するときに元のピクセルに演算をして変化させて見せているだけで、元のピクセル自体はまだ変化させられていません。
 16bitのモードで画像を処理してできるだけ画質を落とさないようにしたい場合、ピクセルに演算処理が加えられる時だけ16bit/チャンネルにすれば問題ありません。

 さらに、16bit/チャンネルのモードではデータの持つ情報が8bit/チャンネルのときよりとても多くなり、重くて扱い切れなくなる場合もあります。
 そこで、通常は8bit/チャンネルにしておいて、画像統合やレイヤーの統合などピクセルに直接変化が加えられる処理をするときだけ16bit/チャンネルのモードにするようにします。

操作 メニューから[イメージ>モード>16bit/チャンネル]と進み、16bit/チャンネルのモードにします。

操作 メニューから[レイヤー>画像統合]と進み、画像統合します。

操作 [イメージ>モード>8bit/チャンネル]と進み、8bit/チャンネルのモードに戻します。

手順3 TIFで保存

JPGのような不可逆圧縮の形式ではなく、TIF(LZW圧縮)などの保存形式で保存します。

操作 メニューから[ファイル>別名で保存]と進み、以下のように設定して保存をクリックします。

  • フォーマット:TIFF
  • カラープロファイルの埋め込み チェック入れる

TIFFで、プロファイル埋め込みで保存

操作TIFFオプション」で「画像圧縮:LZW」を選択しておきます。

TIFFオプション

 以上で前段階でのレベル補正の作業は終了です。

当ブログ参考記事

Photoshop


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

Photoshopの本

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-Photoshopの使い方, フォトレタッチ・写真編集の知識
-,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜