カラーマネジメント技術は人のためにある
人の暮らしに役立つ道具を作ることが技術、工学の目的です。カラーマネジメント技術を利用した仕事や創作活動を意義あるものにするため日本の主権者として選挙、国会請願その他諸々の方法で主権を行使することは欠かせないでしょう。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/09/post-97022.php
「社会は変えられない」と思い込む日本人に必要な主権者教育|ニューズウィーク日本版

www.newsweekjapan.jp

フォトレタッチ用のツール

フォトレタッチ用のペンタブレットの大きさ、種類と使い勝手

2017年1月6日

ワコム Wacom Intuos Pro Lサイズ ペンタブレット ペン入力 板タブ Wacom Pro Pen 2 付属 Windows Mac 対応 PTH-860/K0

 フォトレタッチ用のペンタブレットを使い始めたい場合、どの大きさのタブレットが最適か判断しにくいと思う人もいるでしょう。
 ここではペンタブレット選びの参考に、ペンタブレットの使い勝手について述べてみます。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ
再生可能エネルギーを中心とした電力を供給する電力会社を選ぶときに便利なサイト。

 

液晶ペンタブレットと普通のペンタブレット

 フォトレタッチの用途なら、カラーマネジメントモニターを使用することが多いでしょう。

 そのため、フォトレタッチ用途であれば、何か特別理由がない限りは、液晶ペンタブレットではなく普通のペンタブレットで問題ないでしょう。
(人によって作業の好みは様々なので、液晶ペンタブレットを使うとフォトレタッチ作業がやりやすい、という人もいるかもしれません。)

blank
楽天市場 Amazon

blank
楽天市場 Amazon

カラーマネージメント技術は人のためにある。

ぜひお読み頂きたい外部サイトの記事
講話記録「命とクルマ・・・遺された親からのメッセージ」 - スローライフ交通教育の会
講話記録「命とクルマ・・・遺された親からのメッセージ」 - スローライフ交通教育の会

11年目の命日 10月25日は11年目の命日でした。遺影が飾られた仏間は、今年も届けられたお花で一杯になりました。しかし、私たち家族にとって、 命日は実はそれほど特別な日ではありません。世間の慣わしの

blankremember-chihiro.info

 

カラーマネジメント技術は人のためにある
blank
子ども達の生命が尊重されない社会 クルマ優先社会を作ってしまった私達大人の責任

人命軽視の麻痺した「クルマ優先社会」を問い直し、交通死傷被害を生まない社会を創るべく、写真の仕事や創作活動に取り組みましょう。

ペンタブレットのサイズ 仕事用なら大サイズでも良い 趣味用なら中サイズで良いのではないか

 ワコムのウェブサイト等には、ペンタブレットのサイズはモニターのサイズに合わせて選ぶと良い、と書いてあります。

 Wacom Intuos Proで言えば、23インチくらいのモニターならLargeサイズを選ぶことになります。

 ところが、最近はモニターのサイズが大きくなっていて、23インチ以上のモニターを使っている方がたくさんいると思うので、みんなLargeサイズを買うことになってしまいます。

Wacom Intuos Pro Largeはけっこう大きい

 Wacom Intuos Pro Largeはけっこう大きく、机に置くとモニターの前はペンタブレットだけで埋まります。
 小さい机なら、モニターの前にペンタブレットを置くとキーボードを手前に置けなくなります。

 仕事でペンタブレットを使っていて、一日中ペンタブレットを使って作業をするならLargeでも良いでしょう。

 一方、ペンタブレットを使ったり使わなかったり、机の上で色々な作業をするなら、ペンタブレットを机に上げたり下ろしたりする必要があります。
 Largeは大きくて上げ下ろしは面倒です。

blank
楽天市場 Amazon

Wacom Intuos Pro Mediumは手頃な大きさ

 Wacom Intuos Pro Mediumはモニターの前に置いても少しは余裕があります。

 机に上げたり下ろしたりするのもある程度はしやすいです。

 そこそこの広さもあります。

 仕事で一日中ペンタブレットで作業するわけではなく、趣味での使用や、仕事での使用でもペンタブレットを使ったり使わなかったりするスタイルならWacom Intuos Pro Mediumで十分なのではないでしょうか。

blank
楽天市場 Amazon

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

化石燃料産業 投資撤退の波 気候変動の戦略目標、日本乏しく: 日本経済新聞
化石燃料産業 投資撤退の波 気候変動の戦略目標、日本乏しく: 日本経済新聞

気候変動問題への対応を背景に、金融機関や機関投資家などによるダイベストメント(投資撤退)のターゲットが、石炭関連企業から化石燃料関連企業に拡大してきた。□ ■ □9月22日、世界の12自治体の市長が共 ...

blankwww.nikkei.com

「未来のためのエネルギー戦略研究グループ」、2030年および2050年のエネルギーミックスと脱原発・脱温暖化の戦略公表。再エネ比率2030年40%、50年100%。パリ協定の1.5℃達成を目指す(RIEF) | 一般社団法人環境金融研究機構
「未来のためのエネルギー戦略研究グループ」、2030年および2050年のエネルギーミックスと脱原発・脱温暖化の戦略公表。再エネ比率2030年40%、50年100%。パリ協定の1.5℃達成を目指す(RIEF) | 一般社団法人環境金融研究機構

   経済学者らで構成する「未来のためのエネルギー戦略研究グループ」は、2030年並びに2050年の…

blankrief-jp.org

キーボードとペンタブレットの位置

 Intuos Proには、キーボードのショートカットを割り当てられるボタンが付いています。
 そのボタンにCommand、Shiht、Alt、Spaceなど頻繁に使うキーを割り当てておくことはできます。

 しかし、私の経験では、キーボードの使いやすさにはかないません。
 そのため、私はペンタブレットの手前にキーボードを置いて、キー操作はほとんどキーボードを使用しています。

 よって、ペンタブレットは手前にキーボードを置けることを条件として選んだ方が良いかもしれません。

 あくまで私の場合の話ですので、中にはペンタブレットのボタンだけでキー操作はほとんど済んでいる、という方もいるかもしれません。

ペンタブレットの置き方の一例

 フォトレタッチ作業で大きめのペンタブレットとキーボードを同時に使う時の置き方の一例です。

 キーボードはいつも通り体の前に置きます。

 ペンタブレットはキーボードとモニターの間に置きます。

 ペンタブレットをそのまま置くと、キーボードに腕が接触してしまい、ペンタブレットの操作がしにくくなります。
 そこでペンタブレットを5cm〜10cm程度の高さの台にのせます。

 こうすると、キーボードに腕が接触せず、ペンタブレットもキーボードも使いやすくなります。

blank

モニター、キーボード、ペンタブレットの位置の例

 

おまけ ペンタブレットの上で手紙が書ける

 パソコンで作業する現代では、机はパソコン作業専用になってしまっていて、キーボードなどで場所が埋まって机の上に手紙を書いたりする場所がほとんどないのではないでしょうか。

 ペンタブレットを常に仕事で使う場合、当然ながらペンタブレットの上は常に空いているので、机のペンタブレットの上を手紙を書いたりする場所として使うことができます。

 以上、ペンタブレット選びの参考に、ペンタブレットの使い勝手について述べました。


 

参考記事

ペンタブレット販売店

カラーマネジメント技術は人のためにある

 人の暮らしに役立つ道具を作るのが技術、工学の目的です。カラーマネジメント技術を利用した仕事や創作活動を意義あるものにするため選挙、国会への請願その他種々の方法で主権を行使することは欠かせないでしょう。

授業まるごと!大分県立日田高校2年公民 現代の政治 主権者教育提案授業

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

当事務所について

blank

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

関連するコンテンツ

-フォトレタッチ用のツール
-

© 2022 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜