フォトレタッチ用のツール

フォトレタッチ用途のペンタブレット おすすめの替え芯と使い心地

2020年8月22日

 フォトレタッチ作業でペンタブレットを使う場合は多いでしょう。

 ペンタブレット用のペンの芯には色々種類かあります。

 フォトレタッチ作業におすすめの芯と、使い心地などをみてみます。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ
再生可能エネルギーを中心とした電力を供給する電力会社を選ぶときに便利なサイト。

 

フォトレタッチ作業で使うなら、どの芯でも大差ないかもしれない

 私が使用しているWacom Intuos Proに付属するペンには、元々4種類ほどの芯が付属していました。

 標準芯、フェルト芯、ストローク芯、エラストマー芯、の4種類です。

ワコムの替え芯の例

フォトレタッチで使う限りではどれを使っても大差なかった

 当ブログ運営者の私がフォトレタッチ作業で使う限りでは、どの芯を使っても大差ありません。

 使い心地はそれぞれ違いますが、使っているうちにその使い心地に慣れて、段々と差が感じられなくなり、作業上どれを使っても使いやすさは同じ感じです。

芯の減るスピードは異なる

 慣れてしまうと使い心地の差が感じられませんが、芯の減るスピードは違います。

 ストローク芯は減るスピードが明らかに遅いです。
 おそらく、芯にバネが入っているため、ペンを持つ手に力が入ってもバネが力を吸収するからだと思われます。

 他の芯の減るスピードは速いです。
 普通に作業しているとすぐに減ってしまいます。

フォトレタッチ用途なら、ストローク芯がおすすめ

 フォトレタッチ用途でペンタブレットを使うなら、ペンの芯はストローク芯をおすすめします。

 芯が減りにくく長持ちするためです。

 手の力がバネで吸収されますが、だからと言って使いにくいわけではありません。
 フォトレタッチ作業でペンを動かしていると、結構無駄に力が入ってしまうことがありますが、そういった無駄な力をバネが吸収する程度です。

 私の場合は、ペンタブレットに元々付属していた標準芯やフェルト芯を使って行き、とうとうほとんどの芯が減ってしまいました。
 残るはバネが入っているストローク芯しかなくなったためストローク芯で作業をはじめました。
 ストローク芯も減ってしまったら替え芯を買わねばならない、と思っていましたが、ストローク芯を使い始めると何ヶ月経っても芯が減らず、あまり減った様子もないまま現在に至っています。

 フォトレタッチ作業におすすめの芯と、使い心地などをみてみました。

参考記事

ペンタブレット販売店

公式ワコムストア | ペンタブレット、液晶ペンタブレット



当事務所の写真・グラフィック出力サービス

 仕事や創作活動で写真・グラフィックのデータを完成させたら、最終的なプリンター出力を当方にご依頼いただけますと幸いです。

技術は人のためにある

 人の暮らしに役立つ道具を作るのが技術、工学の目的です。写真や画像に関する仕事や創作活動を意義あるものにするため選挙、国会への請願その他種々の方法で主権を行使することは欠かせないでしょう。

浜野謙太 投票はあなたの声 #shorts|VOICE PROJECT 投票はあなたの声

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

-フォトレタッチ用のツール
-

© 2022 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜