カラーマネジメントの基本

液晶ペンタブレットをキャリブレーションする方法

投稿日:2017年6月26日 更新日:

ワコム Color Manager Powered by X-Rite EODIS3-DCWA

 液晶ペンタブレット液晶ディスプレイなので、キャリブレーションしたい場合が多いでしょう。
 ところが、普通の液晶ディスプレイのキャリブレーションより一見分かりにくく感じます。

 ここでは液晶ペンタブレットをキャリブレーションする方法をご紹介します。

ハードウェアキャリブレーションをする方法

 カラーマネジメントモニターの場合、ディスプレイ自体で表示特性を調整できる作りになっており、専用ソフトを使えばハードウェアキャリブレーションができます。

 液晶ペンタブレットでハードウェアキャリブレーションをするためには、カラーマネジメントモニターと同じように液晶ペンタブレット自体がハードウェア的に表示特性を調整できる作りになっている必要があります。

ハードウェアキャリブレーショが可能な液晶ペンタブレット

 ワコムの製品カタログによれば、以下の製品はオプションの「Color Manager Powered by X-Rite EODIS3-DCWA」を使用することでハードウェアキャリブレーションが行えるということです。

  • Wacom Cintiq Proシリーズ
  • Cintiq 27QHD


楽天市場 Amazon ビックカメラ
icon

WACOM ワコム Wacom Cintiq Pro 13 13.3型液晶ペンタブレット DTH-1320/AK0

楽天市場 Amazon ビックカメラ
icon

WACOM Wacom Cintiq Pro 16/液晶ペンタブレット15.6型 DTH-1620/AK0

楽天市場 Amazon ビックカメラ
icon

WACOM Wacom Cintiq Pro 24 ペンモデル/4K 液晶ペンタブレット(24型) DTK-2420/K0

楽天市場 Amazon ビックカメラ
icon

WACOM Wacom Cintiq Pro 32/31.5型液晶ペンタブレット4K表示対応、最大Adobe RGBカバー率98%の広色域ディスプレイを搭載。 DTH-3220/K0

楽天市場 Amazon ビックカメラ
icon


楽天市場 Amazon

メーカーのページ

店で確認したほうが良い

 液晶ペンタブレットのハードウェアキャリブレーションについて、ワコムの公式ウェブサイトなどを見ても意外に説明が少ないです。

 ハードウェアキャリブレーションが可能な液晶ペンタブレットを買う場合は、買おうとしている製品が間違いなくハードウェアキャリブレーションが可能かどうか、店の人によく確認した方がよいでしょう。

ソフトウェアキャリブレーションをする方法

一般的なモニターキャリブレーションツールを使って

 普通の液晶ディスプレイでも、パソコンから出力される映像の信号を補正することで、キャリブレーションできます(ソフトウェアキャリブレーション)。

 液晶ペンタブレットは普通の液晶ディスプレイでもあるので、「Cintiq 27QHD シリーズ」「Cintiq Pro シリーズ」以外の普通の液晶ペンタブレットもソフトウェアキャリブレーションはできます。

 一般的なモニターキャリブレーションツールを使って行えるはずです。

一般的なモニターキャリブレーションツール

X-Rite ColorMunki Smile

X-rite エックスライト ディスプレイキャリブレーションツール ColorMunki Display カラーモンキー・ディスプレイ KHG0100-DY


楽天市場 Amazon

最近のカラーモンキーディスプレイについて

 X-Riteのウェブサイトにカラーモンキーディスプレイのページはありますが、最近ネット通販その他でカラーモンキーディスプレイがあまり見つからなくなってきました。

 そこで、これから購入する場合はColorMunki Displayではなくi1 Display Proなどを選択するのも良いでしょう。

 i1 Display Proには簡易モードがあり、使い方はColorMunki Display同様に簡単です。

当ブログ参考記事

X-rite エックスライト ディスプレイキャリブレーションツール i1Display Pro アイワン・ディスプレイプロ KHG1035

楽天市場 Amazon

Datacolor SpyderX Pro ディスプレイキャリブレーションツール SXP100


楽天市場 Amazon

ワコム「Color Manager Powered by X-Rite EODIS3-DCWA」を使って

 ワコムの製品カタログによれば、ワコム「Color Manager Powered by X-Rite EODIS3-DCWA」は、「Cintiq 27QHD」、「Cintiq Pro」シリーズと組み合わせて使えばハードウェアキャリブレーションができるツールです。

 一方、「Color Manager Powered by X-Rite EODIS3-DCWA」は普通のモニターキャリブレーションツールでもあるので、「Color Manager Powered by X-Rite EODIS3-DCWA」を使えば「Cintiq 27QHD」「Cintiq Pro」シリーズ以外の普通の液晶ペンタブレットもソフトウェアキャリブレーションはできると思われます。

 以上、液晶ペンタブレットをキャリブレーションする方法をご紹介しました。

ワコム Color Manager Powered by X-Rite EODIS3-DCWA


楽天市場 Amazon ビックカメラ
icon

当ブログ参考記事

カラーマネジメントの本

消費税特集

 消費税10%と複数税率に伴って導入が予定されているインボイスの影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-カラーマネジメントの基本
-, , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.