カラーマネジメント対応ソフトの操作 PDFに関する記事

PDFを画像に変換 PDF文書を画像として保存する方法

2019年5月23日

 PDFは中身が複雑です。
 そこで、PDFを画像化してしまいたいケースはよくあります。

 PDFを画像として保存する方法の一例をご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

Adobe® Acrobat®を使用

 このページの説明ではAdobeのAcrobatを使用します。

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

PDFをRGBの画像として保存する手順

手順1 何かのソフトでPDFを作成

 何らかのソフトで文書を作成して、PDFファイルを作成します。

文書を作って、PDFで保存

カラーマネジメントの機能のない一般的な事務作業用のソフトの場合

 一般的な事務作業用のソフトなら、文書を普通に作って、「PDFで書き出し」のようなメニューからPDF書き出しをしたり、印刷のメニューからPDFで保存したりします。

 カラーマネジメントの機能のない一般的な事務作業用のソフトの場合、PDFで保存すると画像やオブジェクトがすべてsRGBになるかもしれません。
 たとえCMYKの画像を配置してみたとしても、PDFで保存した結果ではsRGBに変換されている場合も多いです。
 それで良いことにします。

カラーマネジメント対応ソフトの場合

 カラーマネジメント対応ソフトで作成したデータなら、お好みでカラーマネジメントの設定を行ってPDF保存します。

 PDFを画像化するなど、後々の作業を考えれば、できるだけプロファイル埋め込みの状態でPDF化するのが無難です。

当ブログ参考記事

 良く分からなければ、適当な設定でPDF保存します。

手順2 Acrobatの環境設定

 Acrobatの環境設定で、カラーマネジメント関連の設定を確認しておきます。

 「カラーマネジメント」の設定欄の「作業用スペース」設定欄で、以下のように設定しておくと無難でしょう。

  • RGB:sRGB
  • CMYK:Japan Color 2001 Coated

Acrobatの環境設定の、カラーマネジメントの設定欄

 もちろん、カラーマネジメントに詳しい人で、自分の用途に合わせて複雑なことをしたい場合は上記の設定に限らず、お好みで設定します。

手順3 AcrobatでPDFを開く

 Acrobatで、画像化したいPDFファイルを開きます。

PDFを開く

手順4 「名前をつけて保存」「別名で保存」で画像として保存

 メニューから「名前を付けて保存」「別名で保存」等へ進みます。

TIFで保存する場合

 保存の画面で、「フォーマット」にTIFFを選び、「設定」へ進みます。

フォーマットにTIFを選び、設定へ進む

 「TIFFとして保存の設定」で、以下のように設定すると無難です。

ファイル設定>カラー:
LZW
カラーマネジメント>RGB:
プロファイルの埋め込み
変換>カラースペース:
カラー:RGB
解像度:
この解像度の設定によって、書き出した画像の絶対的なサイズが決まります。
好みの解像度を選択します。
書き出し後の作業を考えて余裕のある大きめのサイズで書き出したい場合は「236.22ピクセル/cm」(600dpi)くらいに設定すると良いでしょう。

TIFFとして保存の設定

 OKをクリックして設定を確定し、保存の画面で「保存」をクリックしてJPG保存します。

JPGで保存する場合

 保存の画面で、「フォーマット」にJPGを選び、「設定」へ進みます。

フォーマットにJPGを選び、設定へ進む

 「JPEGとして保存の設定」で、以下のように設定すると無難です。

ファイル設定>カラー:
好みの圧縮率に設定します。
最高の画質にしたい場合は「JPEG(最高)」にします。
ファイル設定>フォーマット:
ベースライン(標準)
カラーマネジメント>RGB:
プロファイルの埋め込み
変換>カラースペース:
カラー:RGB
解像度:
この解像度の設定によって、書き出した画像の絶対的なサイズが決まります。
好みの解像度を選択します。
書き出し後の作業を考えて余裕のある大きめのサイズで書き出したい場合は「236.22ピクセル/cm」(600dpi)くらいに設定すると良いでしょう。

JPEGとして保存の設定

 OKをクリックして設定を確定し、保存の画面で「保存」をクリックしてJPG保存します。

カラーマネージメント技術は人のためにある

保存した結果はどのような画像になっているか

 上記のように保存すると、たいていはsRGB埋め込みの画像になっています。

 元のPDFのオブジェクトに一通りプロファイルが埋め込まれていれば、ある程度無難な感じにsRGBにプロファイル変換されて、sRGBの画像になっています。

 sRGBなので、カラーマネジメントに詳しくなくても、色々な用途で使うときに使いやすいです。

保存した画像の利用

サイズ変更して使う

 余裕をもって大きめの画像として保存した場合は、用途に合わせてサイズ変更をするなどして使います。

当ブログ参考記事

TIF、JPG以外の画像形式で使う

 TIF、JPG以外の画像形式の画像が欲しい場合もあるでしょう。

 その場合は、TIFで保存した後、Adobe® Photoshop®等を使って希望する形式で保存し直すなどします。

グレースケールの画像が欲しい場合

 グレースケールの画像が欲しい場合もあるでしょう。

 その場合は、カラーのTIFで書き出した後、Photoshop等を使ってグレースケールにし、保存し直すなどします。

 Acrobatで、カラーのPDFからグレースケールの画像で保存できますが、Photoshopでグレースケール化する方がいろいろと融通が利くのでやりやすいです。

一枚画像のPDFにしたい場合

 PDF内のテキストやオブジェクト類を、単純な一枚の画像にした状態のPDFが欲しい場合もあるでしょう。

 その場合は、600dpi、LZW圧縮のTIFで保存した画像をPhotoshopで開き、そのまま「別名で保存」で「Photoshop PDF」形式として保存すると無難です。
 そのとき、以下のように設定します。

  • ダウンサンプルしない
  • 圧縮:ZIP
  • 画質:8bit

Photoshop PDFとして保存するときの設定

 解像度も十分で文字は読みやすく、かつ画像が劣化しない方法で圧縮されるのでそこそこ容量の小さいPDFになります。

CMYKのPDFを、CMYK値を正確に維持して画像化したい場合

 仕事で色にシビアなPDFデータを扱っているような場合なら、色やCMYK値などを正確に管理して画像化したいこともあるでしょう。

 そのような場合は以下の記事などをご参照下さい。

当ブログ参考記事

 以上、PDFを画像として保存する方法の一例をご紹介しました。

当ブログ参考記事

Acrobat


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-カラーマネジメント対応ソフトの操作, PDFに関する記事
-, , , ,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜