カラーマネジメント対応ソフトの操作 PDFに関する記事

RGBのPDFドキュメント全体をCMYKにプロファイル変換する方法

2017年4月24日

 RGBのPDFファイルをCMYKに変換しなければならない場合がたまにあります。

 作成元のアプリケーションソフトでCMYKで作成してから書き出すに越したことはありませんが、PDFファイルの作成元がお客様の取引先の取引先、というようなことになればPDFを変換せざるを得ないこともあるでしょう。

 ここでは、RGBで作成されたPDFファイルをCMYKに変換する方法をご紹介します。

前準備 PDFドキュメントで使われている色を確認する

 PDFファイルを開いて、印刷工程のメニューの「出力プレビュー」でどこがどういうカラーモードになっているか確認しておきます。

 表示の欄で「表示:すべて」を選び、すべての種類のカラーを表示してみます。
 当然全部表示されます。

すべての種類のカラーを表示してみる

 RGBの部分だけ表示してみます。
 この例の場合、レジストレーションカラーのトンボは消えましたが他は変化がないので、すべてRGBになっているらしいことが分かります。

RGBの部分だけ表示してみる

 CMYKの部分だけ表示してみます
 全部消えたので、すべてRGBで作られいるらしいことが分かります。

CMYKの部分だけ表示してみる

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

【13】2019/7 高校講話レジュメ例 「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」 | 交通死「遺された親」の叫び
【13】2019/7 高校講話レジュメ例 「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」 | 交通死「遺された親」の叫び

目次1 1 伝えたいこと2 2 被害の実相2.1 (1)歩行者や自転車の被害は「通り魔殺人」的被害。「事故」ではなく「交通犯罪」2.2 (2)交通被害は死亡事件だけでなく深刻な後遺障害も。重傷は死亡の ...

remember-chihiro.info

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

「未来のためのエネルギー戦略研究グループ」、2030年および2050年のエネルギーミックスと脱原発・脱温暖化の戦略公表。再エネ比率2030年40%、50年100%。パリ協定の1.5℃達成を目指す(RIEF) | 一般社団法人環境金融研究機構
「未来のためのエネルギー戦略研究グループ」、2030年および2050年のエネルギーミックスと脱原発・脱温暖化の戦略公表。再エネ比率2030年40%、50年100%。パリ協定の1.5℃達成を目指す(RIEF) | 一般社団法人環境金融研究機構

   経済学者らで構成する「未来のためのエネルギー戦略研究グループ」は、2030年並びに2050年の…

rief-jp.org

PDFドキュメント全体をプロファイル変換する手順

画像とそれ以外を分けてプロファイル変換した方が良い場合が多い

 写真は普通のプロファイル変換が適しています。

 一方、RGB(0,0,0)の黒い文字や線などは、C0M0Y0K100に変換した方が望ましいです。
 ところが通常のプロファイル変換をしてしまうとRGB(0,0,0)がC93M88Y89K80などCMYKの4版すべてに色が入ってしまいます。

 そこで、画像と、画像以外で分けてプロファイル変換してみます。

手順1 PDFドキュメント内の画像のみをCMYKにプロファイル変換する

操作 印刷工程のメニューの「色を置換」をクリックします。

「色を置換」をクリック

操作 「色を置換」の画面で、各項目を設定します。

オブジェクトタイプ
画像だけ変換したいので「画像」を選びます。
カラータイプ
とにかく全ての画像を変換したいので「任意のカラースペース」を選びます。
変換コマンド
プロファイル変換」を選びます。
変換のプロファイル
PDFデータの最終出力条件などに合わせてCMYKプロファイルを選びます。
レンダリングインテント
写真の変換なら「相対的な色域を維持」が無難です。

「色を置換」の各項目を設定

操作 OKをクリックすると画像の部分のみプロファイル変換されます。

当ブログ参考記事

手順2 PDFドキュメント内の画像以外のオブジェクトをCMYKにプロファイル変換する

 次に画像以外の全ての部分をプロファイル変換します。

操作 もう一度印刷工程のメニューの「色の置換」をクリックします。

操作色の置換」の画面で、各項目を設定します。

オブジェクトタイプ
全て変換したいので「任意のオプジェクト」を選びます。画像はすでに変換済みで変化しないので心配いりません。
カラータイプ
とにかく全てのオブジェクトを変換したいので「任意のカラースペース」を選びます。
最小テキストサイズ
とにかくすべて変換したいので「最小値なし」を選びます。
最大テキストサイズ
とにかくすべて変換したいので「最大値なし」を選びます。
変換コマンド
プロファイル変換を選びます。
変換のプロファイル
PDFデータの最終出力条件などに合うCMYKプロファイルを選びます。
レンダリングインテント
特別な理由がなければ「相対的な色域を維持」が無難です。
黒を維持
チェックします。ここをチェックすることでRGB(0,0,0)の部分をC0M0Y0K100に変換できます。
グレーをCMYKブラックに変換
チェックします。ここをチェックすることでRGBで作られたグレーの部分をK版のみに変換できます。

「色の置換」の各項目を設定

操作 OKをクリックしてプロファイル変換を実行します。

変換後の確認 CMYKに変換したPDFドキュメントで使われている色を確認する

 画像と画像以外でそれぞれCMYKプロファイルにプロファイル変換できたので、結果を確認してみます。

 印刷工程のメニューの「出力プレビュー」をクリックします。

 「出力プレビュー」のシミュレーションプロファイルに先ほどプロファイル変換に使用したプロファイルを選びます。
 色分解プロセス ブラックだけにチェックを入れます。

 ドキュメントのうち黒い文字などRGB(0,0,0)の部分やグレーの部分が変化していないので、K版のみに変換されていることが確認できます。

 写真の部分も、相対的色域を維持で通常のプロファイル変換をしたときのK版の状態になっており、問題ないことが分かります。

「出力プレビュー」でK版のみ表示して確認

 色分解プロセス版にチェックを入れて、全ての版を表示してみます。

 特に問題ないことを確認します。

全ての版を表示して確認

 保存して閉じて完了です。

PDFの中身は複雑なので、思い通りにCMYKに変換できない場合もある

 実際にはうまくプロファイル変換できない場合もあります。

 PDFファイルの中身は色々複雑で、また作成した人が使うアプリケーションソフトやPDF書き出しの方法も多種多様なので、思惑通りに変換できないことも結構あります。

 そのようなときはまた別な方法を使う必要が出てきます。

なす術がなくなったら画像にして処理すると良い

 思い通りに変換できなくてなす術がなくなったら、最終手段としてPDFのドキュメントを十分な高さの解像度で画像化して、画像データとして処理してCMYKのデータを作る、ということもあります。

 画像は基本的にはピクセルが集まっているだけで、とても安定しているので、どうしようもなくなったときに画像化して何とか解決できるケースがよくあります。

 以上、RGBで作成されたPDFファイルをCMYKに変換する方法をご紹介しました。

当ブログ参考記事

PDFデータ内のRGB画像をCMYKに変換して埋め戻す方法

 全てCMYKであってほしいPDFデータ内に、RGB画像が混ざっているという場合がよくあります。  諸事情で書き出し直せず、PDF上でCMYK変換してしまわなければならないこともあります。  ここでは ...

Acrobatのカラーマネジメント設定 PDFを正しく表示する

 印刷用のレイアウトデータなど、PDFのデータを単純に表示すると、想定している出力結果とは違う色や濃さで表示されることもよくあります。  ここではAdobe® Acrobat®のカラー ...

Adobe® Acrobat®


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

写真・グラフィック出力サービス

当事務所で、AdobeRGBの写真のデータからほぼAdobeRGBの色域を維持してプリンター出力を行う、といったような広色域プリンター出力サービスを行なっています。
一般的な銀塩プリントやプリンター出力のサービスでは対応してくれないような種々のプロファイル、種々の形式のデータにも柔軟に対応します。
写真・グラフィック出力サービス
写真・グラフィック出力サービス

広色域のプリンターで写真・グラフィック等を出力するサービスです。例えばAdobeRGBの写真をAdobeRGBのまま銀塩プリント相当の画質で出力したいときに便利です。

omoide-photo.jp

関連するコンテンツ

-カラーマネジメント対応ソフトの操作, PDFに関する記事
-, , ,

© 2021 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜