カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜

カラーマネジメント、フォトレタッチ、画像関連の知識、Photoshopやカラーマネジメントツールの具体的な操作やテクニックなどを紹介するブログです。

PCディスプレイの回収 各メーカーのPCリサイクル案内ページ

      2018/11/09

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2008年 01月号 [雑誌]

 2003年10月以降に販売された液晶ディスプレイは、メーカーに無料で回収してもらえます。
 資源有効利用促進法に基づくPCリサイクルの仕組があるためです。

 液晶ディスプレイのメーカーのウェブサイトにたいてい案内のページがあります。
 ここでは、液晶ディスプレイのメーカーのPCリサイクルの案内ページをご紹介します。

 液晶ディスプレイはゴミとして捨てずに必ず再資源化し、今日生まれた赤ん坊たちに迷惑をかけないようにしましょう。

※なお、PCリサイクルの仕組みは家庭用と事業用で分けられています。ここでは家庭用の場合でご説明します。メーカーのウェブサイト内の家庭用の回収方法案内ページには、たいてい事業用の回収案内ページへのリンクがあります。




はじめに、壊れるまで大切に使う

地球環境問題は深刻化の一途

 現在、地球環境問題が深刻化し、人間以外の生き物がとてつもないスピードで絶滅しており、人間も近いうちに滅亡する恐れも出ています。

 地球全体の炭素排出量は、京都議定書で排出量削減に関して国際的に合意した1997年以来、60%も増加しているということです。

私たちが使うものは、製造した土地で炭素を排出している

 中国をはじめとしたアジア諸国など、製造業の盛んな地域では大量の炭素が排出されています。
 そういった地域で製造された製品は日本をはじめとした世界中の国々で使用されます。

 実際に、私が仕事で使っているEPSONのプリンターはインドネシア製、ワコムのペンタブレットは中国製です。

 よって、私たちの消費したものから出る炭素は、私たちが住む町ではなく製造国で排出されています

参考ウェブページ

 また、当然ながら、機器を廃棄したときにも輸送や廃棄処理で環境負荷がかかります。

 このような事情があるので、私たちは自分が使用している機器が製造・廃棄されるときにどれだけ環境負荷があるのかを意識する必要があるでしょう

必要なものを買い、長く大切に使う

 使うエネルギーを再生可能エネルギーに転換したり、使ったものをリサイクルするに越したことはありません。
 しかし、専門家からは、それだけでは間に合わないという主張もなされています。

 「世界大都市気候先導グループ(C40)」のマーク・ワッツ氏は次のように述べています。

 「再生可能エネルギーや大量輸送の利用を増やすだけでは、状況を変えることはできません」
 「消費を減らす必要があるのです」

 また、エドモントン市長のドン・アイブソン氏は次のように述べています。

「不要なものを買わず、地産地消し、廃棄物を削減することが、消費に関する排出量を削減するのに役立ちます」
「排出量の削減に貢献したものを買うべきです。他の地域に排出量を押し付けるだけではいけません」

 PCモニター等の機器を使うとき、よく検討して必要なものを買い、長く大切に使いましょう。
 たとえ再生可能エネルギーへの転換、リサイクルの推進をしたとしても、短期間で機器の買い替えを繰り返せば地球環境への負荷は高くなり、最終的には私たちの暮らしが立ち行かなくなり、生存できなくなってしまいます

 環境問題の解決に向けて行動するのは、他人や他の種に迷惑をかけないためであると同時に、自分が生き続けるためでもあるのです。

パソコンのディスプレイは法律に基づきPCリサイクルで回収してもらう

 パソコンのディスプレイは、資源有効利用促進法に基づいたPCリサイクルの仕組みにより、メーカーに回収してもうことができます。

PCリサイクルの料金は無料

 2003年10月以降に販売された家庭向けPCディスプレイは、無料でメーカーに回収・リサイクルしてもらえます。

2003年9月末までに販売されたPCディスプレイのPCリサイクルは有料

 資源有効利用促進法に基づくPCリサイクルは2003年10月から始まったため、それ以前に販売されたPCディスプレイの回収は有料です。

 有料ですが、回収・リサイクルはPCリサイクルの仕組みできちんと行われています。

経済産業省 資源有効利用促進法の説明のページ

ディスプレイを買った時にPCリサイクルマークを確認した方が良い

 PCリサイクルに出すには、基本的に製品にPCリサイクルマークが貼られている必要があります。

 パソコンのディスプレイは購入時点ではPCリサイクルマークが貼られていない場合があります。

 PCリサイクルマークはメーカーのPCリサイクル案内ページから申し込めば郵送してくれるので、ディスプレイを購入したら必ずPCリサイクルマークを確認し、なければメーカーに送ってくれるよう申し込みましょう。

当ブログ参考記事

PCディスプレイの回収はメーカーまたはパソコン3R推進協会のウェブサイトから申し込める

 パソコンのディスプレイを法律に基づきPCリサイクルに出す方法はとても簡単です。

 ディスプレイのメーカーのウェブサイトにPCリサイクル申し込みの案内ページがあります。

 事情により回収するメーカーがない場合はパソコン3R推進協会のウェブサイトから申し込めます。

PCリサイクルは郵便局に集荷してもらえる

 PCリサイクルを申し込んだら、郵便局に集荷に来てもらえます。持ち込みもできます。

 ですので、マイカーに頼ることなくPCリサイクルに出せます。

責任感のあるメーカーを応援しましょう

 回収するまで自社製品に責任を持とうとする真面目なメーカーであれば、自社製品に関するウェブサイト上でPCリサイクルに関しても大変分かりやすく説明しています。

 一方、とても案内が分かりにくいメーカー、案内ページを見つけるだけでも大変なメーカー、などもあります。

 ユーザー向けにウェブサイト上で分かりやすくリサイクルの案内をしている真面目なメーカーを応援しましょう。

PCディスプレイのメーカーのPCリサイクル案内ページ

 メーカーのウェブサイトのトップページからサポートのページへ進むと、すぐにPCリサイクルに関する案内へ辿り着ける親切なメーカーもあります。

 一方、環境・CSRのコーナーに案内があったり、複雑な階層に案内があるなど、トップページからサポートのページへ進んでも一向にPCリサイクルの案内が見つからないメーカーもあります。

(記事を書いた時点のものであり、その後URLが変更されているかもしれませんのでご了承下さい。)

BenQ

EIZO

 見つけやすいです。
 分かりやすく親切です。

NECディスプレイソリューションズ

 見つけやすいです。
 分かりやすく親切です。

三菱電機

アイ・オー・データ

 わかりやすく親切です。

iiyama

 分かりやすく親切です。

acer

 分かりやすく親切です。

ASUS

LGエレクトロニクス

 見つけやすいです。
 分かりやすく親切です。

DELL

hp

 内容は分かりやすく親切です。

サムスン

Amark

 私には見つけられませんでした。

 なお、メーカーの回収窓口が見つからない場合、パソコン3R推進協会のウェブサイトから回収を申し込むことができます。

AOC

 メーカーのウェブサイトは見つかるものの、回収リサイクルに関する案内ページが私には見つけられませんでした。

 なお、メーカーの回収窓口が見つからない場合、パソコン3R推進協会のウェブサイトから回収を申し込むことができます。

GREEN HOUSE

JVCケンウッド

 分かりやすく親切です。

Panasonic

SHARP

 見つけやすいです。
 分かりやすく親切です。

SONY

ViewSonic

富士通

 見つけやすいです。
 分かりやすく親切です。

プリンストン

 見つけやすいです。
 分かりやすく親切です。

マウスコンピューター

 見つけやすいです。
 わかりやすく親切です。

自作PCの場合や、回収してくれるメーカーが不明な場合

 自作PCや、メーカーが不明な場合は、パソコン3R推進協会にPCリサイクルを申し込めます。

 以上、液晶ディスプレイのメーカーのPCリサイクルの案内ページをご紹介しました。

当ブログ参考記事

参考書籍

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

 - 不要になった電子機器の正しい処理 , , ,