ディスプレイとプリンターの色合わせ

用紙種類・印刷品質など プリンタードライバーの設定項目の意味

投稿日:2016年8月24日 更新日:

printer_papertype
 パソコンから写真などをプリンターで印刷するとき、「用紙種類」の欄があったり、「カラー調整」の設定があったりします。

 ここでは、用紙種類・印刷品質などの設定の意味や、それらがどのように違うのかなどをご紹介します。

 なお、ここで説明する内容は一ユーザーとして知っておくと便利な範囲の内容です。メーカーの人ならもっと詳しい別な説明があるのだと思います。

プリンタードライバーの設定は重要だが分かりにくい

 インクジェットプリンター等で印刷するとき、プリンタードライバーの設定はきれいに印刷するために重要です。

 しかし、各項目の設定の中身は何が違うのか少しわかりにくいです。

 多くの場合、用紙の種類、印刷品質、色補正の方法、などがあります。
 プリンタードライバーに写真の色調整をする機能がある場合も多いです。

 プリンタープロファイルの設定欄もあります。
 ところが、プリンタードライバーでプリンタープロファイルを設定する欄の他に、OSのカラーマネジメント機能を使用する場合のプリンタープロファイル設定欄も近くにあったりします。

 このように、インクの量や色の管理のための複数の設定欄があり、分かりにくいです。

 そして、プリンターからの印刷結果の色がおかしいとき、こういった設定のどれが間違っているのかよく分からず頭がこんがらがります。

プリンタードライバーの各設定項目のおおまかな意味

 プリンタードライバーの各設定項目のおおまかな意味を以下にあげます。

「用紙種類」はインクの量などを設定するもの

 用紙種類」は大ざっぱに言うと印刷時のインクの量などを設定するものです。

papertype

用紙種類の設定

用紙の性質が異なれば丁度良いインクの量も違う

 用紙には、コピー用紙のようにインクがしみ込みやすい用紙もあれば、写真専用紙のようにインクがしみにくい用紙もあります。

 コピー用紙のようなインクがしみ込みやすい用紙にたくさんインクを吹きかけてしまうとベチャベチャになってしまったりして、良い印刷結果になりません。

 写真専用紙のようなインクがしみにくい用紙なら、せっかくしみにくいので多めにインクを吹き付けた方が発色の良い印刷結果になるものもあります。

 そのように、用紙の性質によってちょうど良いインクの量は変わります。
 単純にはそのインクの量を設定するのが「用紙種類」です。

「用紙種類」を選び間違えてもそれほど異常な色にはならない

 この「用紙種類」の項目を少し選び間違えたからといって、印刷結果がとても変な色になる、ということは通常はありません。

「印刷品質」はインクの量を微調整する

 印刷品質」は単純にはインクの量を微調整するものです。

 用紙に適したインクの量の範囲内で、さらに細かく、印刷速度が遅くても良いので多めにインクを出して発色を良くするか、少な目にインクを出してインクを節約して印刷速度を速くするか、というようなことを決めます。

print_hinshitsu

印刷品質の設定

「カラー調整」「カラーマッチング」などの項目は色のコントロール用の設定

 「カラー調整」「カラーマッチング」などの項目は色のコントロール用の設定です。

color_chousei

「カラー調整」の設定

color_matching

「カラーマッチング」の設定

「カラー調整」「カラーマッチング」などの項目の設定を間違うと異常な色で印刷される

 「カラー調整」「カラーマッチング」などの項目はカラーマネジメントに関わる設定の一番中心的な設定欄で、この設定次第で色が大きく変わります。

 この設定によって、どの色のインクをどのくらい出すかと行った細かいことがコントロールされます。

 「用紙設定」などもカラーマネジメントに少しは関係していますが、「カラー調整」などの設定に比べたら影響は小さめです。

 もしプリンターの印刷結果が異常な色なら、この「カラー調整」や「カラーマッチング」の設定が間違っている可能性が高いです。

まとめ 「用紙種類」で全体のインク量を調整、「カラー調整」「カラーマッチング」で色をコントロールする

 まとめると以下のようになります。

  • 「用紙種類」で全体のインク量を設定
  • 「印刷品質」で全体のインク量を微調整
  • 「カラー調整」「カラーマッチング」で色のコントロール

色のコントロールの設定が全く分からない場合は「E-Photo」など初心者向けソフトで印刷するのがおすすめ

 プリンタードライバーで適切に色の管理に関する設定を行うのは難しいです。

 そこまで詳しく分からなくても良いので、デジカメで撮影した写真を普通にまともな色で印刷したい、という場合が多いでしょう。

 そのような場合は、例えばEPSON®のプリンターならプリンター付属のソフト「E-Photo」などで印刷するのが簡単なのでおすすめです。

当ブログ参考記事

 以上、プリンタードライバーの設定のうち、用紙種類と色のコントロールに関する項目についておおまかにご紹介しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

ムック

カラーマネジメントの本

税制問題特集

2019参院選は終わりましたが、消費増税の是非について引き続き議論が続いています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、主権者として判断の参考になる動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-ディスプレイとプリンターの色合わせ
-,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.