デジカメ写真を自分で修正

Corel® PaintShop Proで一通りフォトレタッチできる

投稿日:2016年12月4日 更新日:

 Photoshop®は高いので、Photoshop® Elementsを使っている方も多いでしょう。
 ところがPhotoshop® Elementsは「カラーバランス」がPhotoshopのものと違うので使いにくいのが難点です。

 Corel® PaintShop Proはカラーバランスも含めて基本的なメニューはあるので、一通りフォトレタッチができます。

Corel® PaintShop Proによる基本的なフォトレタッチの手順

 フォトレタッチの基本的な手順は、アプリケーションによらずほぼ同じです。

カラー作業スペースの設定

操作 [ ファイル > 色の管理 > カラー作業スペース ]と進み、RGBのカラー作業スペースを設定します。

説明
 RGBのカラー作業スペースをsRGBにします。
カラーアピアランスが維持されるようRGB値を変換する設定を選択します。

 この設定で、PaintShop Proで開いたRGB画像はsRGBにプロファイル変換されるようになります。
 全部sRGBにプロファイル変換してしまうと、カラーマネジメントに慣れていない方でも扱いやすくなります。

調整レイヤーの「レベル」でレベル補正

操作 [ レイヤー > 新しい調整レイヤー > レベル ]と進み、レベル補正をします。

説明 レベル補正のダイアログに表示されているヒストグラムの山の左右両端の位置に三角印をそれぞれ移動します。
そうすると写真に真っ黒な部分と真っ白な部分ができ、明るいところから暗いところまでの割合のバランスがとれます。

調整レイヤーの「カーブ」でトーンカーブをかけて明るさ・コントラストの調整

操作 [ レイヤー > 新しい調整レイヤー > カーブ ]と進み、トーンカーブで明るさ・コントラストの調整をします。
説明
トーンカーブの中央より右上寄りの部分を上に上げて、写真を明るくします。
次にトーンカーブの中央より左下寄りの部分を、コントラストがちょうどよくなる位置まで下げます。

調整レイヤーの「カラーバランス」で色調補正

操作 [ レイヤー > 新しい調整レイヤー > カラーバランス ]と進み、カラーバランスで色調の補正をします。

説明
シャドウの色を好ましい色になるように調整します。
ハイライトの色を好ましい色になるように調整します。
中間調の色を好ましい色になるように調整します。

調整レイヤーの「色相/彩度/明度」で彩度の調整

操作 [ レイヤー > 新しい調整レイヤー > 色相/彩度/明度 ]と進み、彩度の調整をします。

レタッチの完了

 ここまでで、基本的なレタッチ作業は完了です。

 調整レイヤー以外の、色々な使いやすいメニューを使っても良いと思いますが、慣れれば、レベル補正、トーンカーブ、カラーバランス、彩度、と進めた方が希望の仕上がりに近づけやすいと思います。

JPGなどの書き出し

 店にプリントに出したりするならJPGデータにする必要があるので、JPG等へ書き出す方法をご説明します。

操作 [ レイヤー > 結合 > すべて結合 ]と進み、レイヤーをすべて結合して一枚のピクセルの集まりにします。

操作 別名で保存で、保存形式にJPGなどを選んで保存します。JPGで保存する場合、オプションで圧縮率を調節します。

PaintShop Pro

当ブログ参考記事

PaintShop Proの本

amazon.co.jp



-デジカメ写真を自分で修正
-,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2018 All Rights Reserved.