印刷業界の話題

印刷会社の探し方・決め方の一例 環境に配慮した会社を選ぶ

2018年5月7日

 今日、地球環境問題が深刻化し、私たち人間も他の生き物も間もなく滅亡する恐れが出てきています。

 私たちも存続して、他の生き物にも迷惑をかけないため、何とかこの状況を脱する必要があります。

 そこで、印刷所に印刷を依頼するときにも、できる限り環境負荷を少なくできる発注先を探す必要があるでしょう。

 ここでは、環境に配慮した印刷の発注先を探す方法の一例をご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ
再生可能エネルギーを中心とした電力を供給する電力会社を選ぶときに便利なサイト。

 

環境に配慮した印刷の発注先の探し方の具体例

グリーンプリンティング認定工場を探す

 まず、グリーンプリンティング認定工場を探すとよいでしょう。

 グリーンプリンティング認定制度は、環境に配慮した印刷製品が広く普及することを目的としたもので、一般社団法人日本印刷産業連合会が制定した印刷産業界の環境自主基準「印刷サービスグリーン基準」を達成した工場・事業所を認定する制度です。

 日本印刷産業連合会のウェブサイト内にある、グリーンプリンティング認定制度のサイト内に、グリーンプリンティング認定工場一覧があります。
 「環境に配慮した印刷製品をご発注する際にご利用ください。」と書いてあります。
 会社名や都道府県名などの条件で検索もできます。

Japan Color 標準印刷認証を取得している工場を探す

 Japan Color 認証制度は一般社団法人日本印刷産業機械工業会が実施している認証制度で、Japan Color 標準印刷認証は印刷機械のメンテナンスと数値管理等によって安定した品質の印刷物を作成できる工程管理能力について認証するというものです。

 環境負荷を減らして生産をするためには、会社内での話し合いなどがスムーズに行われる必要があります。
 そうでないと、社内に資源やエネルギーの無駄があって誰かが指摘しても、組織の風通しが悪く一向に改善が行えない、権限のない社員が勝手に改善するわけにもいかない、というようなことが起きてしまう恐れもあります。

 Japan Color 標準印刷認証を取得するには、会社内の色々な部署で話し合いを行い、うまく段取りをする必要があります。

 そのため、Japan Color 標準印刷認証を取得している印刷所なら、資源やエネルギーの無駄も減らしやすい組織である可能性が高いです。

 そこで、Japan Color 標準印刷認証を取得している工場を探しましょう。
 Japan Color 認証制度のウェブサイトに認証工場一覧があります。

当然ながら、色管理もきちんとしているので発注しやすい

 当然ながら、Japan Color 標準印刷認証を取得している印刷所なら、Japan Coloroの基準で印刷してくれます。

 そのため、印刷結果の色がある程度決まっているので、印刷用のデータが作りやすいです。

グリーン購入ネットワークの「エコ商品ねっと」掲載企業に発注する

 グリーン購入ネットワークの「エコ商品ねっと」というサイトに、環境負荷の低い生産活動をしている印刷会社が掲載されています。

 このサイトの情報を参考にして印刷を発注するのも良いでしょう。

 「エコ商品ねっと」の、「サービス > 印刷」のカテゴリーに印刷会社が掲載されています。

グリーン購入ネットワーク 「エコ商品ねっと」

エコ商品ねっと 日本最大級の環境情報データベース
エコ商品ねっと 日本最大級の環境情報データベース

環境配慮製品、サービスの優先的購入を進めるグリーン購入ネットワーク(GPN)、エコ商品のご紹介

blankwww.gpn.jp

「エコ商品ねっと」参照時は「質問者の意見」などにも注意

 「エコ商品ねっと」に掲載されている商品でも、中には色々問題があり環境対応品として掲載するべきでない、という主張がある商品もあります。

 商品のデータベースに「意見、質疑応答」などの欄があり、掲載停止の要請が出されて、GPNが確認して結果を報告する、などのやりとりが記載されている場合があります。

 例えば「印刷情報用紙」のカテゴリーに、WWFやその他複数の環境団体から掲載停止の要請が行われ、GPNの回答が載っている商品があります。

 「エコ商品ねっと」に載っていれば絶対環境負荷が低いと思わず、「意見、質疑応答」欄も注意して確認しましょう。

できるだけ近くの印刷所を選ぶ

 グリーンプリンティング認定工場で、かつJapan Color標準印刷の認証工場、という印刷工場はいくつもあるでしょう。

 「エコ商品ねっと」に掲載されている印刷会社もいくつかあるでしょう。

 その中でも、より遠くにある印刷所に発注すると、製品を運ぶのに二酸化炭素がより多く排出されます。

 そこで、上記の二つの認証制度で発注先を絞ったら、その中でもできるだけ自分の事務所に近い場所にある印刷会社を選ぶとよいでしょう。

 これで、環境に配慮した生産を行っている会社に印刷を発注でき、人類は何とか存続できるかもしれません。

環境負荷を下げる努力をしている会社を応援しましょう

 会社は利益を上げ続けなければ存続できません。

 経営者の人が地球環境問題に危機感を持っていたとしても、環境負荷を下げる努力をした結果、経費が増えて収益は経費に見合うほど増えないなら、環境負荷を下げる取り組みがしにくくなるでしょう。

 印刷を発注するときは、できるだけ環境負荷を下げる努力をしている会社に発注して、環境に配慮している会社を応援しましょう。

 以上、環境に配慮した印刷の発注先を探す方法の一例をご紹介しました。


 

参考記事

雑誌

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2008年 01月号
blank

環境問題の本

カラーマネジメントの本

当事務所について

blank

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

関連するコンテンツ

-印刷業界の話題
-,

© 2021 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜