外出して心を休める

南千歳駅から新千歳空港まで歩いてくつろぐ 春夏秋編

投稿日:

 苫小牧、千歳、恵庭、北広島、江別、岩見沢、札幌、小樽やその周辺で働いていて仕事に疲れたら、新千歳空港まで散歩がてら歩いて疲れを癒してみましょう。
 雪のない季節なら、夜でも気軽に歩けます。

このページの写真について

 三脚を持ち歩くと、たとえ小さい三脚でもやはり重いです。
 三脚にカメラをセットしてきちんと撮影すると、撮影も多少の時間がかかります。

 仕事で疲れていたら、休日は誰でもできるだけ労力を省きたいでしょう。

 このページの写真は、荷物を軽くして、かつ撮影と現像の手間も省くため、カメラを高感度の設定にして手に持ってRAWで撮影して、CameraRawで手早く現像しただけのものです。

新千歳空港まで散歩がてら歩くときの交通案内

JR南千歳駅から新千歳空港まで歩くと距離が手頃

 JR南千歳駅から新千歳空港まで歩くと、散歩に手頃な距離です。

 そこで、とりあえずJR南千歳駅まで行きましょう。

JR南千歳駅までの交通案内

 JR南千歳駅にはJRで簡単に行けます。

JRで札幌から南千歳まで

所要時間
快速で33分くらい。普通列車で48分くらい。
運賃
970円くらい。
運行間隔
快速は日中は15分に一本程度。その他普通列車もあるため、時刻表を気にしなくてもすぐ乗れます。

南千歳駅から新千歳空港まで散歩がてら歩く

 南千歳駅に到着したら、新千歳空港まで散歩がてら歩きましょう。

 所要時間はおよそ50分程度です。

経路

南千歳駅から新千歳空港までの道の様子

 駅から歩行者用の道で国道36号線を渡ります。
 国道36号線を渡る橋は降り口が階段になっており、スロープがありません。

駅から国道36号線に出る通路 スロープやエレベーターがない

階段を使わない経路も一応ある

 南千歳駅から新千歳空港まで、階段を使わずに行ける経路も一応あります。
 下図の経路で行くと、階段を使わずに行けます。

 ただし、南千歳駅前付近の道から新千歳空港へ続く大きい道路へ接続する歩行者専用道が、利用者が少なすぎて草に覆われつつあります。
 そのため、蜘蛛の巣などがはっていないか注意が必要です。

 また、国道36号線を渡る道路の車道と歩道の間は柵などは何も無く、違法速度で走ってくる車も多いため、非常に危険な歩道です。

 ここでは、南千歳駅から階段で国道36号線におりて、国道36号線を歩いていきます。

国道36号線を歩いていく

 さらに歩いていきます。

国道36号線をさらに歩く

 歩行者用の橋を歩いていきます。
 階段ではなくスロープになっています。

歩行者用の橋のスロープが見えてくる

歩行者専用の橋を歩く

 新千歳空港の方向を見てみます。
 空港近辺のあかりが見えます。

新千歳空港の方向のあかり

 一つ目の歩行者専用の橋をスロープで降りていきます。

歩行者専用の橋を降りるスロープ

 信号を渡って、さらに国道36号線を進みます。

信号を渡ってさらに進む

 二つ目の歩行者専用の橋のスロープを進みます。
 この道を歩いて移動する人はあまり多くないので、二つ目の橋は結構草が伸びています。

歩行者専用の橋のスロープ

二つ目の歩行者専用の橋

 橋の上から空港の方を見てみます。
 空港は木々の裏に隠れているので、暗いです。

橋の上から空港の方を見てみる

 千歳線の列車が通っていきます。
 新千歳空港-札幌-小樽を走っている快速エアポートか、苫小牧-南千歳-札幌-手稲あたりを走っている普通列車などです。

千歳線の列車

 南千歳駅の方を振り返ってみます。

南千歳駅の方向を見てみる

 橋から右下を見ると、これから歩こうとしている新千歳空港へ続く道が見えます。
 暗いです。

これから歩く道路のようす

 スロープで二つ目の歩行者専用の橋を降りていきます。
 周囲はかなり暗いです。

二つ目の歩行者専用の橋を降りていく

 国道36号線に降りたら、少し戻ると新千歳空港への分かれ道があります。
 空港へ向かって進みます。

国道36号線と分かれて空港へ向かう

 空港へ向かう主の道路に接続するまでの数百メートルはかなり暗い道が続きます。

新千歳空港へ向かう道

 新千歳空港へ続く主の道路と合流すると十分明るい道になります。
 車も増えます。

新千歳空港へ続く主の道

 右に政府専用機格納庫か何かの建物があります。

政府専用機格納庫か何か

 新千歳空港へ続く明るい道を進みます。

新千歳空港へ続く道

 人々を歓迎する新千歳空港の看板が出てきます。

人々を歓迎する看板

 ガソリンスタンドと信号のある交差点が見えてきます。

ガソリンスタンドと交差点

 飛行機や空港に詳しくないのでよく分かりませんが、レーダーのような雰囲気の何かがあります。

レーダーのような雰囲気の何か

 空港施設の下を通るアンダーパスを進みます。

 歩道と車道の間は細い柵しか無く、車道は違法速度で走っている車がたくさんいます。
 時々、柵を突き破って車が歩道に入って壁に激突した形跡があったり、それを工事して直したりしています。
 非常に危険な歩道です。

空港施設の下を通るアンダーパス

アンダーパス内

 アンダーパスを抜けると新千歳空港の国際線ターミナルが見えます。

国際線ターミナル

国際線ターミナルと歩道

 道なりに左へカーブしていくと新千歳空港の国内線ターミナルが見えてきます。

国内線ターミナルが見えてくる

 新千歳空港に到着です。

新千歳空港に到着

新千歳空港で過ごして帰る

 新千歳空港でくつろいで、その後帰ります。

展望デッキで飛行機を見るのも良い

 展望デッキで飛行機を見るのも良いでしょう。
 春夏秋なら、雨が降っていなければ通常は20:00まで開いています。

 季節によっては展望デッキの柵にクモなども暮らしているので、クモたちの迷惑にならないよう注意しましょう。

展望デッキの様子(春)

新千歳空港温泉に入るのも良い

 新千歳空港には温泉があるので、そこへ入るのも良いでしょう。

 ただし、料金が1500円くらいで、私たち一般の職業人にとっては高いです。
 回数券を買えば1回あたり1000円くらいになります。

帰りはJR新千歳空港駅から

 帰りも歩きでは疲れるので、空港の地下にあるJR新千歳空港駅からJR列車を利用すると良いでしょう。
 だいたい15分に1本くらい発車するので、時刻表を気にしなくてもすぐ乗れます。

南千歳駅から新千歳空港まで歩くときの注意点

 新千歳空港は市街地からそれなりに離れており、周辺にはクマたちも住んでいます。

 そのため、クマと逢わないように注意しましょう。

 人間とクマが共存していくためには、人間の方ができるだけクマの生活エリアに近づかず、またゴミを放置するなどしてクマをおびき寄せるような行為を避けて、できる限りクマと顔を合わさないように努力する必要があります。

 クマと平和に共存してくためにも、クマとの遭遇を避けるよう常に気を付けましょう。

参考

 以上、春夏秋に新千歳空港まで散歩がてら歩く場合の様子を見てみました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

人と動物の関係について学ぶ本

 新千歳空港まで散歩するとなれば人間以外の生き物たちと会う機会も多いです。また私たちの社会は人間以外の生き物たちと密接に関わっています。
 人間以外の生き物たちとの関係をあらためて学び、考えを整理し、行動を見直してみましょう。

交通に関する本

消費税特集

 消費税10%と複数税率に伴って導入が予定されているインボイスの影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-外出して心を休める
-, , , , , , , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.