カラーマネジメントツールの使い方

AdobeRGB色域のカラーマネジメントモニターはsRGB特性の表示も可能

投稿日:2016年11月3日 更新日:

monitor

 あるときはプリンターで印刷したりオフセット印刷したりするためにAdobeRGB色域で写真やイラストを作成し、またあるときはWEB公開用にsRGB色域で写真やイラストを作成したい、という方は多いでしょう。

 AdobeRGB色域をカバーしたディスプレイは、sRGB色域の表示を再現することもできます。
 ここではその方法をご紹介します。

AdobeRGBの色域をカバーしたモニターで単純に表示するとどうなるか

 AdobeRGBの色域をカバーしたモニターでRGBデータを単純に表示してみます。

 RGBの色がモニター特有の色域で表示されるので、同じRGBデータをsRGBカラースペースで表示したときとは異なる色で表示されます。

 ただし、たいていはディスプレイプロファイルでモニター表示を補正していたり、RGBデータを扱うアプリケーションソフトの色に関する仕様によってはRGBデータをsRGBカラースペースで扱ったりプロファイルを無視したり、色々な条件があり得ます。
 そのため、データを扱うソフトの種類やOSのカラーマネジメントの設定などにより、モニター特有の色域で表示される色とは異なる色で表示されることも多いです。

AdobeRGB色域をカバーしたディスプレイでsRGB色域の表示を再現する方法

方法1 ディスプレイのカラーモードでsRGBを再現する

 カラーマネジメントディスプレイには、たいていsRGB色域を再現する表示モードがあります。
 ディスプレイにもともと備わっている表示モードでsRGBのモードのようなモードを選べば、手軽にモニター表示全体をsRGB色域の表示にできます。

 EIZO®のディスプレイの場合「表示モード」という名前でこの機能があります。
 NEC®のディスプレイの場合「PictureMode」などの名前でこの機能があるようです。

 現時点で販売されているカラーマネジメントディスプレイでsRGB色域の表示モードが備わっている機種の一例を以下に掲載します。

  • CS230、CS2420、CS2730、CG2420、CG247X、CG2730、CG277、CG248-4K、CG318-4K

 おそらく現在発売中のカラーマネジメントディスプレイほぼすべてについていると思います。

色温度の調整だけでは足りない

 色温度の設定に「sRGB」という選択肢があるディスプレイがよくあります。
 ところが、sRGBの色空間の表示を再現したい場合、色温度だけsRGBと同じくしても足りません。
 sRGB色空間を再現するためには、色温度以外にも、様々なRGB値をどういう色で表現するかという色の特性などをすべて再現する必要があります。
 そのため、sRGB色空間の表示を再現するためには、単純に色温度の設定でなく「表示モード」というような色温度のほか表示特性全体を含むプリセットを選べなければなりません。

方法2 Adobe® Photoshop®などのカラーマネジメント対応ソフトで見る

 ディスプレイの表示可能な色域に関わらず、Photoshopなどのカラーマネジメント対応ソフトでsRGBカラースペースで画像データを表示すればsRGB色域での表示を見られます。

 前提条件として、モニターキャリブレーションを行う必要があります。

 AdobeRGB色域をカバーしたディスプレイを使い、Photoshopで作業用カラースペースをsRGBにして写真やイラストを作成すると、表示されている写真やイラストはsRGB色域の状態です。

 Photoshopで作業用カラースペースをAdobeRGBにして写真やイラストを作成すれば、表示されている写真やイラストはAdobeRGB色域の状態です。

 そのように、Photoshopのようなカラーマネジメント対応ソフトは、ソフトにおいて自分でカラースペースを設定することでそのカラースペース上で作業したりデータを表示したりするものです。
 そのとき、ディスプレイの表示可能な色域に影響されることはありません。
 ディスプレイが表示可能な色域の範囲内で、Photoshopの示すカラースペース上のデータの見え方が表示されます。

※細かく言うと作業用カラースペースの白色点とディスプレイの白色点の色温度が違う場合など、まったく影響されないと言い切れない状況もありえますが、これは複雑な話であり、基本的には影響されないと思っていてたいてい問題ありません。

方法3 sRGBカラープロファイルを目標にしてキャリブレーションを行うという方法

 モニターキャリブレーションを行うときに、sRGBカラープロファイルを目標にしてキャリブレーションを行うと、キャリブレーション結果はsRGB特性に近くなります。

 以下で、EIZO® ColorEdge® CS230をsRGBを目標にしてキャリブレーションしてみます。

 専用のキャリブレーションソフト「ColorNavigator6」でキャリブレーション作業を進めます。

目標の作成方法の選択

 目標の作成方法の選択の画面で、「プロファイルを読み込む」を選択し、次へ進みます。

「プロファイルを読み込む」を選択

目標とするプロファイルの選択

 目標とするプロファイルを選択する画面で、「sRGB IEC61966-2.1」を選択し、次へ進みます。

目標とするプロファイルに「sRGB IEC61966-2.1」を選択

その他の設定、測色、調整作業

 キャリブレーションに関するその他の設定は、通常どおり設定します。

調整目標に名前を付けて保存

 調整目標に名前を付けて、目標の作成を完了します。

 名前はsRGBを目標にしたことが分かる名前にします。

sRGBを目標にした調整目標に名前を付けて完了

測色、調整作業

 測色、調整作業も基本的に通常どおり進めます。

測色、調整完了

 測色、調整が完了すると、調整結果が表示されます。

 sRGBの特性に調整されています。

sRGBを目標にしてキャリブレーションした結果

 以上、AdobeRGB色域をカバーしたディスプレイでsRGB色域の表示を再現する方法をご紹介しました。

当ブログ参考記事

AdobeRGB色域をカバーしたディスプレイの例


楽天市場 Amazon EIZOダイレクト
icon

CS2420は測色器がセットになっていないため、キャリブレーションをおこなうには別に外付けカラーセンサーが必要です。

外付けキャリブレーションセンサー EX4

CS2420と測色器EX4のセット販売もあります。

ColorEdge CS2420-Z・EX4センサーセット

カラーマネジメント対応アプリケーションソフト

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

カラーマネジメントの本

消費税特集

 消費税10%と複数税率に伴って導入が予定されているインボイスの影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

-カラーマネジメントツールの使い方
-, , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.