カラーマネジメントツールの使い方 カラーマネジメント対応ソフトの操作

商品写真を扱う人へ パソコン画面でスマホの表示を再現する方法

2016年10月12日

 最近はスマホやタブレットなどのモバイル機器がかなり普及し、ウェブサイトの閲覧もモバイル機器で行う割合がかなり多くなりました。

 そのため、画像データなどを扱うときにパソコン画面でモバイル機器の表示色を再現して作業したい場合も多くなっているのではないでしょうか。

 ここでは、EIZO®のカラーマネジメントモニターとキャリブレーションソフトColorNavigator6を使って、パソコン画面でスマホ等のモバイル機器のディスプレイ表示色を再現する方法をご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

再エネ電力会社への切り替え方|power-shift.org

 

ColorNavigator7の場合は確認が必要

 このページの説明はColorNavigator6を使うことを前提にしています。

 ところが、EIZOのカラーマネジメントモニター用の専用ソフトとして、現在はColorNavigator7があります。

 ColorNavigator7でタブレッと等の危機のプロファイル作成などが行えるかどうかは当方では未確認で、別途確認する必要があります。 

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

スマホ等のモバイル機器の表示色の再現に必要な道具

 スマホやタブレットなどのモバイル機器の表示色の再現のためには、以下のような道具が必要です。

  • カラーマネジメントモニター
  • キャリブレーションソフト(ここではColorNavigator6)
  • 分光測色計

分光測色計について

 測色器には、分光測色計でないものもあります。

 例えば、®のカラーマネジメントモニターのオプションの外付けカラーセンサーEX3は三刺激値直読の方式の測色器で、分光測色計ではありません。

 分光測色計としてはX-Rite®のi1Pro2などがあります。


楽天市場 Amazon

カラーマネージメント技術は人のためにある

方法1 タブレット/表示装置のICCプロファイル作成して、Photoshop等で再現する

 ColorNavigator6の「タブレット/表示装置のICCプロファイル作成」の機能を使って、スマホやタブレットのディスプレイの表示特性を示すICCプロファイルが作成できます。

 この機能を使って作成したICCプロファイルを、Adobe® Photoshop®などで開いた画像データにプロファイル指定すれば、スマホやタブレットの表示色を再現できます。

手順1 モバイル機器の表示色を測色する

操作 スマホやタブレットの画面が測色中に消えると困るので、自動ロックや明るさの自動調整をしない設定にしておきます。

操作 ColorNavigator6を起動します。

操作 [ 高度な機能 > タブレット/表示装置のICCプロファイル作成 ]と進みます。

cnmobile1

「タブレット/表示装置のICCプロファイル作成」へ進む

操作 新規測定をクリックします。

cnmobile2

操作 測定パッチを選びます。
iPadなどのディスプレイならマトリクスタイプのプロファイル用「26パッチ」あたりが無難なようです。
3D-LUTタイプは精度は高くても時間がかかります。「3D-LUTの7×7×7-低精度」で20分くらいかかります。

cnmobile4

操作 次へをクリックします。

操作 測色器をパソコンに接続し、測定器の欄で測定器を選択します。

操作 測色器を白色板に置いて初期化を押して測色器のキャリブレーションをします。

測色器を白色板に置く

cnmobile5

測定器の選択と初期化

操作 次へをクリックします。

操作 これから測色するモバイル機器をパソコンと同じLANに接続し、モバイル機器のウェブブラウザでパソコン画面で指示されたURLを開きます。

操作 モバイル機器の画面に測色器を設置します。

説明スマホなどの場合、画面が小さいので測色器がはみ出してしまうかもしれません。その場合はスマホと同じ厚さの本などをスマホの隣に置いて、測色器がきちんとスマホの画面に密着するようにします。

操作 次へをクリックします。

操作 測定をクリックすると測色が始まります。

cnmobile7

測定画面

操作 測定が終わったら次へをクリックします。

操作 測定結果に名前を付けて保存します。

cnmobile8

測色結果に名前を付けて保存

手順2 測色結果からモバイル機器の表示特性を示すICCプロファイルを作成する

操作 測定結果の欄から今保存した測定結果を選択します。

操作 プロファイルを保存をクリックし、名前を付けてICCプロファイルとして保存します。

説明ICCプロファイルの名前は英数字だけにしておいた方が無難です。

手順3 スマホやタブレットなどのモバイル機器の表示色をパソコンで確認する

 ICCプロファイルが完成したので、画像データをスマホやタブレットで表示したときどのような色に見えるか、パソコン画面でシミュレートしてみます。

操作 Adobe® Photoshop®などで確認したい画像データを開きます。

cnmobile9

確認したい画像

操作 プロファイルの指定で、先ほど作成したモバイル機器のICCプロファイルを指定します。

これでモバイル機器で単純に画像を表示したときの表示色がPhotoshop上で再現されました。

cnmobile10

モバイル機器での見た目を再現した状態

無線LANを使う場合は子どもや若者のいない場所で作業しましょう

 携帯電話とマイクロ波を照射する機器の使用は、人体への危険性が指摘されています。
 特に子どもや若者は受ける影響がより大きいことが指摘されています。

 欧州評議会議員会議では2011年に、学校の敷地内での携帯電話の使用の規制や有線インターネット接続を優先することなどを含む決議が採択されています。

 フランスでは、保育園などにおける無線機器の使用禁止、小学校においてデジタル教育以外では無線LANの使用不可などを定める法律が制定されているとのことです。

 そういった諸外国の動きから考えても、無線LANを使用せざるをえない作業は子どもの生活エリア以外で行う必要があるでしょう。

参考の本

当ブログ参考記事

方法2 モバイル機器のエミュレーションの機能を使う

 EIZO®のカラーマネジメントモニターの機種によっては、ColorNavigator6の表示装置のエミュレーションの機能に対応してるものがあります。
 その場合、Photoshop®上だけでなくパソコン全体の表示においてモバイル機器などの表示を再現できます。

エミュレーション機能を使える機種は限られている

 EIZO®のカラーマネジメントモニターのうち、ColorNavigator6の表示装置のエミュレーションの機能に対応してるものは限られています。

 使用したい場合は、EIZOのウェブサイトで対応機種を確認してください。

エミュレーション機能を使う手順

 ColorNavigator6で、高度な機能の、エミュレーションのメニューに進んでいきます。

 先ほど作成したモバイル機器の測定結果を選びます。

 その測定結果を使用してエミュレーション用の設定を作成します。

 エミュレーションするための土台となるディスプレイキャリブレーション目標を作ってパソコンのモニターのキャリブレーションをします。
 この場合、白色点の色温度や輝度はエミュレーションする対象のモバイル機器と同じにしておいた方が、見た目がより近づきます。

 すべてが終わったら、キャリブレーションの目標として「今作成したキャリブレーション目標+エミュレーション設定」を選べば、パソコン画面全体がモバイル機器の表示を再現した状態になります。

スマホの表示を再現するための実際の製品

 ColorNavigator6を使用してスマホの表示を再現して作業するための製品の例を以下にあげます。

タブレット/表示装置のICCプロファイル作成で使える分光測色計

楽天市場 Amazon

デバイスのエミュレーションができるディスプレイの例

 以上、EIZO®のカラーマネジメントモニターとキャリブレーションソフトColorNavigator6を使って、パソコン画面でスマホ等のモバイル機器のディスプレイ表示色を再現する方法をご紹介しました。

当ブログ参考記事


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-カラーマネジメントツールの使い方, カラーマネジメント対応ソフトの操作
-, , , ,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜