商品写真の色の悩み

製品の色を測定する方法 〜商品の色を数値で管理できると便利〜

2016年8月5日

colormanagement

 仕事などで色にシビアな物を扱っている場合、色を測定したくなることもあるでしょう。

 しかし、長さや重さなどと違い色は人の感覚も関係した量であり、色の測定の方法はあまり有名ではありません。

 ここでは、物の色の測定の方法をご紹介します。

色を測定するための理屈

 理屈を知らなくても色を測定できます。

 しかし、色を測定できるとすれば、その基礎になる理論があるということです。

 色彩工学などの分野の専門書に理論が説明されていますので、そういった本をご参照下さい。

色彩工学の専門書の例

当ブログ参考記事

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

【13】2019/7 高校講話レジュメ例 「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」 | 交通死「遺された親」の叫び
【13】2019/7 高校講話レジュメ例 「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」 | 交通死「遺された親」の叫び

目次1 1 伝えたいこと2 2 被害の実相2.1 (1)歩行者や自転車の被害は「通り魔殺人」的被害。「事故」ではなく「交通犯罪」2.2 (2)交通被害は死亡事件だけでなく深刻な後遺障害も。重傷は死亡の ...

remember-chihiro.info

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

「未来のためのエネルギー戦略研究グループ」、2030年および2050年のエネルギーミックスと脱原発・脱温暖化の戦略公表。再エネ比率2030年40%、50年100%。パリ協定の1.5℃達成を目指す(RIEF) | 一般社団法人環境金融研究機構
「未来のためのエネルギー戦略研究グループ」、2030年および2050年のエネルギーミックスと脱原発・脱温暖化の戦略公表。再エネ比率2030年40%、50年100%。パリ協定の1.5℃達成を目指す(RIEF) | 一般社団法人環境金融研究機構

   経済学者らで構成する「未来のためのエネルギー戦略研究グループ」は、2030年並びに2050年の…

rief-jp.org

色は測色器で測定できる

 色は測色器を使用して測定することができます。

どのような測色計を使えば良いか

 測色計には色々あり、一見すると何が違うか良くわからないかもしれません。

 細かい話は省略し、おおまかには以下のような区別があります。

物体の反射光の測定用と、光源の測定用

 蛍光灯やLED照明など光源そのものの測定ではなく、紙や布や板など光を当てた物体の反射光の色を測定する機能のある測色計があります。

 一方、光源そのものを測定する機能がある機器もあります。

 物体の色を測定する場合は、反射光の測定が可能な機種を使います。

光を当てて受光する部分の構造 光学幾何条件

 物体の色を測定する場合、測色計の光源から物体に光を当てて、反射してきた光を受け取って色を測定します。

 そのときの、光を当てて反射光を受光する部分の構造に種類があります。
 カタログなどでは「光学幾何条件」として種類が記載されています。

45°の角度から光を当てる方式

 物体に45°の方向から光を当てて反射光を受光する方式です。
 紙など表面がある程度平らな物体の測定に使います。

 カタログの光学幾何条件の欄に「45º/0º」などと書かれていれば、45°の方向から光を当てる方式です。

積分球を使う方式

 積分球を使って物体に全方向から光を当てて、反射光を受光する方式です。
 絨毯など、表面があまり平らでない物体の色の測定に向いているとのことです。

 カタログの光学幾何条件の欄に「d/8°」などと書かれていれば、積分球を使う方式です。

選べる光源の種類

 物体の色を測定するには、物体に光を当てる必要があります。

 物体の色を測定するときは、どういう光源を使用するかを選ぶ必要があります。

 測色計によって、選べる光源の種類が違います。
 光源の種類が多いものも、少ないものもありますので、自分が測定したい条件に合う光源が選べる測色計を使用する必要があります。

紛らわしい注意点 実際の光源と、測定の光源として選べる光源の違い

 カタログなどに、光源として「●●タングステンランプ」と書かれていたりしますが、この欄を気にするのは難しいのでとりあえず置いておきます。

 上記の光源の他に、「イルミナント」などと書かれた欄があり、ACD65D50などと書かれています。
 この欄が測定時に光源として選べる光源の種類です。
 D50の光源で見た物体の色を測定したい場合は、この「イルミナント」などと書かれた欄にD50があれば大丈夫です。

色を測定するおおまかな流れ

 色を測定する作業の、おおまかな流れの一例を以下にあげます。

手順1 反射光の色が測定可能、光源にD50とD65が選択可能、光学幾何条件は45°/0° の測色計を用意

 物体の反射光の色が測定可能で、光源としてD50とD65が選択可能で、光学幾何条件は45°の角度から光を当てる方式、の測色計を用意すれば、一般的な色の測定はできます。

 もし絨毯など表面が滑らかでないものの色を測る場合は、光学幾何条件が「d/8°」などと書かれた積分球方式のものを用意します。

手順2 光源にD50かD65のどちらかを選ぶ

 何か物体を普通の蛍光灯で照らせば普通の色に見えますし、ろうそくの火で照らせばオレンジっぽく見えます。

 そのように、物体の色は物体に当てる光の特性によって変わるので、物体の色を測定するときは物体に当てる光がどういう光か決めます。

 たいていは、測色計の設定でどういう光源を使うか選べるようになっています。

 光源としてはD50D65が一般的です。

 D50昼白色の蛍光灯のような色、D65昼光色の蛍光灯のような色です。

手順3 視野の広さを決める

 人が物体の色を見るとき、狭い範囲だけ見る場合と、広めの範囲を見る場合で少し色の見え方が変わります。

 そのため、物体の色を測定するときはどのくらいの広さの視野で見たときの色を測定するかを決めます。

 たいていは、測色計の設定で視野の広さを選べるようになっていますので、2°視野を選んだり、10°視野を選んだりします。

手順4 表色系の種類を決める

 色を数値で扱うために、その土台になる表色系というものがあります。

 色々種類がありますが、とりあえず有名で色々なところで使われているCIELAB均等色空間のL*a*b*の値が分かれば足ります。

 たいてい、測色計で表色系を選ぶメニューがあるので、よく分からなければL*a*b*を選ぶと無難でしょう。

手順5 測定する

 測定するボタンなどがあるので、押して測定します。

 液晶表示部等に測定結果が表示されます。

 以上で物体の色の測定は完了です。

注意点 D65の光源の使いにくい点

 D65という光源は色温度が約6500Kで、色々なところで標準で使われています。

 しかし、使いにくい点があります。
 それは、高演色性の照明で色温度が6500Kのものがあまりないということです。

 物体の色を測定する他に、作業場の照明も正確に管理して一連の作業を進めたい場合、測色するときの光源の色温度と、その物体を見て作業する作業場の照明の色温度が違うと問題があり、うまくいきません。

 高演色性の色評価用照明はほとんどが色温度5000Kです。

 そのため、作業場の照明は5000Kにし、物体の測色時の光源も5000KのD50を使うと、うまくいきます。

測色計の例

RM200QC ポータブルイメージング分光色差計

 D50の光源が選べないらしいです。それ以外は大変使いやすそうです。

光学幾何条件
45/0
選べる光源と視野
D65/10°視野、A/10°視野

メーカーのページ

RM200QC Imaging Spectrocolorimeter; X-Rite
RM200QC Imaging Spectrocolorimeter; X-Rite

RM200QC分光色差計は色品質を高めます。素材および製品のカラー比較を行うハンディタイプの装置です。

www.xrite.com

Ci6xシリーズ ポータブル分光測色計

 光源にD50も選べて、積分球方式で、視野に2°も10°も選べて、申し分ありません。
 価格は販売店に問い合わせてみないとわかりません。

光学幾何条件
積分球方式
選べる光源
A、C、D50、D65、他
観察者の視野
2°、10°

価格は不明です。

メーカーのページ

Ci6x積分球分光測色計シリーズ; X-Rite
Ci6x積分球分光測色計シリーズ; X-Rite

エックスライト社の積分球分光測色計は持ち運びが便利なハンディタイプの装置で、それぞれのワークフローに応じて多様な基材を測色します。

www.xrite.com

日本の販売代理店のサイト

X-Rite(エックスライト) エス・ディ・ジー株式会社
X-Rite(エックスライト) エス・ディ・ジー株式会社

sdg-net.co.jp

コニカミノルタ CM-700d/CM-600d

 機能は申し分ありませんが、ある程度の予算のある企業でないと買えなさそうです。

光学幾何条件
積分球方式
選べる光源
豊富です

メーカーのページ

製品情報-CM-700d/CM-600d | コニカミノルタ
製品情報-CM-700d/CM-600d | コニカミノルタ

www.konicaminolta.jp

下記の通販サイトで販売していました。

参考ウェブサイト

計測器・理化学機器専門の通販サイト|テックジャム
計測器・理化学機器専門の通販サイト|テックジャム

www.tech-jam.com

 以上、物の色の測定の方法をご紹介しました。

当ブログ参考記事


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

写真・グラフィック出力サービス

当事務所で、AdobeRGBの写真のデータからほぼAdobeRGBの色域を維持してプリンター出力を行う、といったような広色域プリンター出力サービスを行なっています。
一般的な銀塩プリントやプリンター出力のサービスでは対応してくれないような種々のプロファイル、種々の形式のデータにも柔軟に対応します。
写真・グラフィック出力サービス
写真・グラフィック出力サービス

広色域のプリンターで写真・グラフィック等を出力するサービスです。例えばAdobeRGBの写真をAdobeRGBのまま銀塩プリント相当の画質で出力したいときに便利です。

omoide-photo.jp

関連するコンテンツ

-商品写真の色の悩み
-,

© 2021 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜