カラーマネジメント対応ソフトの操作

Macのプレビューで「プロファイルの指定」をする方法

2020年6月25日

 写真などの画像データを扱うとき、プロファイル変換やプロファイルの指定はよく行う操作です。
 Macの付属ソフト「プレビュー」で、プロファイル変換はできないようですが、プロファイルの指定だけはできます。

 「プレビュー」でプロファイルの指定を行う方法をご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

プロファイルの指定が必要な状況の例

プロファイルが埋め込まれていない画像データを使う時

 外部から受け取った画像データや、写真素材販売サイトで購入した画像データなどで、画像データにカラープロファイルが埋め込まれていない場合があります。

 プロファイルが埋め込まれていない画像データはどのような色空間で作られたデータなのかが分からず、今後作業するときに何かと不便です。

 そこで、どのような色空間で作られた画像データかを推測して、その色空間のカラープロファイルを埋め込んで保存し直したりします。

手動でデバイスプロファイルを指定するとき

 例えばスキャナープロファイルを使用したスキャニングをするとき、とりあえず色補正なしでスキャンして、スキャン結果の画像データに手動でスキャナープロファイルを指定する、という手順をとる場合もあります。

 そのようなとき、プロファイルの指定を行います。

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

「プレビュー」でプロファイルの指定をする手順

 「プレビュー」でプロファイルの指定をしたい画像データを開きます。
(この例ではAdobeRGB色空間で作成した画像データで、なおかつプロファイルが埋め込まれていない画像を開いています。)

プレビューで画像を開く

 メニューから[ツール>インスペクタを表示]と進み、プロパティのようなものを表示します。
 「ColorSyncプロファイル」の欄で、今開いた画像データの現在のカラープロファイルが確認できます。
 この例では埋め込みプロファイルのない画像データを開いているので、「ColorSyncプロファイル:」の欄は空欄になっています。

「一般情報」のパネルで現在のプロファイルを確認できる

 メニューから[ツール>プロファイルを割り当てる]と進みます。

 「ColorSyncプロファイルをイメージに割り当て」の画面の「ColorSyncプロファイル:」の欄で指定したいカラープロファイルを選択し、OKをクリックします。

指定したカラープロファイルを選択して、OKをクリック

 「プロファイルを割り当てる」の操作を行なっても、この時点ではまだ見た目は変わりません。

「プロファイルを割り当てる」の操作の直後の状態

 「一般情報」のパネルの「ColorSyncプロファイル」の欄には、今指定したカラープロファイルが表示されています。

「一般情報」のパネルに表示された現在のプロファイル

 メニューから[ファイル>書き出す]と進んで別名で保存するか、[ファイル>保存]と進んで上書き保存するなどして、データを保存します。

 いったん画像を閉じます。

 保存した画像データをもう一度「プレビュー」で開いてみます。
 この結果、プロファイル指定を行った結果の状態で表示されます。

プロファイルの指定後、保存して、再度開いた画像

 「一般情報」のパネルの「ColorSyncプロファイル」の欄には、先ほど指定したカラープロファイルが表示されています。

「一般情報」のパネルに、指定したプロファイルが表示されている

 以上で「プレビュー」によるプロファイルの指定の操作は完了です。

カラーマネージメント技術は人のためにある

上記のプロファイルの指定の操作の例の具体的な中身

 上記の例では、AdobeRGBで作成した画像データで、なおかつプロファイルを埋め込んでいない画像データを使用しています。

 はじめにプレビューで開くと、埋め込みプロファイルがないため、おそらくsRGBが指定されて、AdobeRGBの画像に無理やりsRGBを指定したときと似たような色に表示されました。

 その画像データにAdobeRGBを指定したことで、もともとAdobeRGBで作成された画像データにAdobeRGBが適用されて正常な色に戻りました。

「プレビュー」の「プロファイルの割り当て」はプロファイル変換ではないので要注意

 「プレビュー」の「プロファイルの割り当て」はプロファイル変換ではありません。

 プロファイル変換は、画像を別の色空間で開いた時に色が変わらないよう、RGB値やCMYK値などを変えてしまう操作です。

 一方、「プレビュー」の「プロファイルの割り当て」はプロファイルの指定で、RGB値やCMYK値は一切変わっていません。

 「プレビュー」の「プロファイルの割り当て」をプロファイル変換と勘違いしないよう注意が必要です。

 以上、「プレビュー」でプロファイルの指定を行う方法をご紹介しました。


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-カラーマネジメント対応ソフトの操作
-,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜