カラーマネジメント対応ソフトの操作 Lightroomの使い方

Lightroomのカラーマネジメントの仕様を確認してみる

 パソコンやスマホで写真を扱うとき、クラウドを利用してPC、タブレット、スマホで写真を同期して扱えるAdobe® Photoshop® Lightroom®を使うケースは多いでしょう。

 ここではLightroomのカラーマネジメントの仕様を確認してみます。

※Lightroomには主にパソコンで現像作業などを行うことを想定したAdobe® Photoshop® Lightroom® Classicと、パソコン、スマホ、タブレット等で写真を共有しながら扱えるAdobe® Photoshop® Lightroom®という2種類がありますが、このページではAdobe® Photoshop® Lightroom®の方について述べます。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ
再生可能エネルギーを中心とした電力を供給する電力会社を選ぶときに便利なサイト。

power-shift.org  – 電気を選べば社会が変わる
power-shift.org  – 電気を選べば社会が変わる

power-shift.org

再エネ電力会社への切り替え方|power-shift.org

 

目次

ソフトの色管理の仕様を意識していないと色が変わることもある

 ソフトのカラーマネジメントの仕様せずに写真のデータを扱った場合、気付かないうちに意図しない色に変わる場合もあります。

 カメラで撮影したRAWデータなら、まだ色が決まっていないデータなので、あまり意識せずにLightroomで開いて操作して問題ないでしょう。

 一方、JPG画像などすでに色を完成させたデータをLightroomで扱う場合は注意が必要です。

 デジカメで撮影したJPG画像なら、撮影時にカラープロファイルが埋め込まれているので、Lightroomで表示するとデータの色が正確に表示できます。

 自分で撮影した画像データ以外のデータを扱う場合、カラープロファイルが埋め込まれていない画像データがよくあります。
 例えば、写真素材サイトの画像データはカラープロファイルが埋め込まれていないものも多いです。
 カラープロファイルが埋め込まれていない画像データを深く考えずにLightroomで開くと、画像データが作成されたときの色とは異なる色で表示されてしまいます。

カラーマネージメント技術は人のためにある。

ぜひお読み頂きたい外部サイトの記事
講話記録「命とクルマ・・・遺された親からのメッセージ」 - スローライフ交通教育の会
講話記録「命とクルマ・・・遺された親からのメッセージ」 - スローライフ交通教育の会

11年目の命日 10月25日は11年目の命日でした。遺影が飾られた仏間は、今年も届けられたお花で一杯になりました。しかし、私たち家族にとって、 命日は実はそれほど特別な日ではありません。世間の慣わしの

remember-chihiro.info

 

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

パリCOP21合意後の世界 - ダイベストメント、情報開示、訴訟リスク | Energy Democracy
パリCOP21合意後の世界 - ダイベストメント、情報開示、訴訟リスク | Energy Democracy

パリ協定が世界の投資・金融の分野に与えるインパクトは非常に大きい。すでに世界各地で企業や金融機関が気候変動をビジネス上のリスクとして認識し、化石燃料からの投資撤退(ダイベストメント)をはじめている。さ ...

www.energy-democracy.jp

Lightroomのカラーマネジメントの仕様を確認した結果

RAWデータを扱う場合

 デジカメで撮影したRAWデータはまだ色を確定する前のデータです。
 よって、特にややこしいことは考えずにLightroomで開いて、自由に色を調整して問題ありません。

カラープロファイルが埋め込まれたデータを扱う場合

 カラープロファイルが埋め込まれた画像データをLightroomで表示すると、正しくデータ本来の色が表示されます。

 sRGB、AdobeRGB、Display P3などのRGBカラープロファイルが埋め込まれたRGBデータも、JapanColor2001CoatedなどのCMYKカラープロファイルが埋め込まれたCMYKデータも、いずれの場合も正確にデータの色が表示されます。

sRGB埋め込みのデータを表示した場合

 sRGBプロファイルが埋め込まれたRGBデータを開くと、正常にデータの色が表示されます。

sRGB埋め込みのデータをLightroomで開いた状態

sRGB埋め込みのデータをLightroomで開いた状態

AdobeRGB埋め込みのデータを表示した場合

 AdobeRGBプロファイルが埋め込まれたRGBデータを開くと、正常にデータの色が表示されます。

AdobeRGBプロファイル埋め込みのデータをLightroomで表示した状態

AdobeRGBプロファイル埋め込みのデータをLightroomで表示した状態

Display P3埋め込みのデータを表示した状態

 iPhoneなどで使われているDisplay P3プロファイルが埋め込まれたRGBデータを開くと、正常にデータの色が表示されます。

Display P3プロファイル埋め込みのデータをLightroomで表示した状態

Display P3プロファイル埋め込みのデータをLightroomで表示した状態

JapanColor2001Coatedを埋め込んだCMYKデータを表示した場合

 JapanColor2001Coatedにプロファイル変換し、プロファイルを埋め込んで保存したCMYKデータを開くと、正常にデータの色が表示されます。
 RGBデータと比較すると空の色などが多少くすんでいますが、これはJapanColor2001Coatedにプロファイル変換した際に色が変化したものであり、Lightroomにおける表示自体は正常に行われています。

JapanColor2001CoatedのCMYK画像をLightroomで表示した状態

JapanColor2001CoatedのCMYK画像をLightroomで表示した状態

JapanColor2002NewsPaperを埋め込んだCMYKデータを表示した場合

 JapanColor2002NewsPaperにプロファイル変換し、プロファイルを埋め込んで保存したCMYKデータを開くと、正常にデータの色が表示されます。
 RGBデータやJapanColor2001CoatedのCMYKデータと比較すると色に違いがありますが、これはJapanColor2002NewsPaperにプロファイル変換した際に色が変化したものであり、Lightroomにおける表示自体は正常に行われています。

JapanColor2002NewsPaperのCMYKデータをLightroomで表示した状態

JapanColor2002NewsPaperのCMYKデータをLightroomで表示した状態

カラープロファイルが埋め込まれていないRGBデータを表示した場合

 カラープロファイルが埋め込まれていないRGBデータをLightroomで表示した場合、おそらくsRGBのデータとして扱われるようです。

sRGB色空間で作成してプロファイルを埋め込まずに保存したRGBデータを表示した場合

 sRGB色空間で作成してプロファイルを埋め込まずに保存したRGBデータを表示すると、おそらくsRGBのデータとして表示された結果、正常な色で表示されます。

sRGB色空間で作成し、プロファイル埋め込みなしで保存したRGBデータをLightroomで開いた状態

sRGB色空間で作成し、プロファイル埋め込みなしで保存したRGBデータをLightroomで開いた状態

AdobeRGB色空間で作成してプロファイルを埋め込まずに保存したRGBデータを表示した場合

 AdobeRGB色空間で作成してプロファイルを埋め込まずに保存したRGBデータを表示すると、AdobeRGBのデータがおそらくsRGB色空間で開かれ、PhotoshopでAdobeRGBのデータに無理やりsRGBを指定したときと同じような色で表示されてしまい、この画像データの本来の色ではなくなってしまいます。

AdobeRGBで作成してプロファイルを埋め込まずに保存したRGBデータをLightroomで表示した状態

AdobeRGBで作成してプロファイルを埋め込まずに保存したRGBデータをLightroomで表示した状態

Display P3色空間で作成してプロファイルを埋め込まずに保存したRGBデータを表示した場合

 iPhoneで撮影した写真など、Display P3色空間で作成された画像データを埋め込みプロファイルなしの状態で保存し、Lightroomで表示すると、Display P3のデータがおそらくsRGB色空間で開かれ、PhotoshopでDisplay P3のデータに無理やりsRGBを指定したときと同じような色で表示されてしまい、この画像データの本来の色ではなくなってしまいます。

Display P3色空間で作成し、プロファイル埋め込みなしで保存した画像データをLightroomで表示した状態

Display P3色空間で作成し、プロファイル埋め込みなしで保存した画像データをLightroomで表示した状態

カラープロファイルが埋め込まれていないCMYKデータを表示した場合

 カラープロファイルが埋め込まれていないCMYKデータをLightroomで表示した場合、おそらくアメリカ合衆国のオフセット輪転印刷の色の規格であるSWOPの印刷条件を示したカラープロファイルである「U.S. Web Coated (SWOP)」の色空間のデータとして扱われるようです。

JapanColor2001Coatedに変換してプロファイルを埋め込まずに保存したCMYKデータを表示した場合

 JapanColor2001Coatedにプロファイル変換し、カラープロファイルを埋め込まずに保存したCMYKデータをLightroomで表示すると、おそらく「U.S. Web Coated (SWOP) v2」というCMYKプロファイルが示す色空間で表示され、PhotoshopでJapanColor2001Coatedのデータに無理やり「U.S. Web Coated (SWOP) v2」を指定したときと同じような色で表示されてしまい、この画像データの本来の色ではなくなってしまいます。

JapanColor2001Coatedにプロファイル変換し、プロファイル埋め込みなしで保存した画像データをLightroomで表示した状態

JapanColor2001Coatedにプロファイル変換し、プロファイル埋め込みなしで保存した画像データをLightroomで表示した状態

カラーマネージメント技術は人のためにある

ぜひお読み頂きたい外部サイトの記事
【14】2019/7 高校講話レジュメ例 「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」 - 交通死「遺された親」の叫び
【14】2019/7 高校講話レジュメ例 「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」 - 交通死「遺された親」の叫び

目次1 1 伝えたいこと2 2 被害の実相2.1 (1)歩行者や自転車の被害は「通り魔殺人」的被害。「事故」ではなく「交通犯罪」2.2 (2)交通被害は死亡事件だけでなく深刻な後遺障害も。重傷は死亡の

remember-chihiro.info

 

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

「未来のためのエネルギー戦略研究グループ」、2030年および2050年のエネルギーミックスと脱原発・脱温暖化の戦略公表。再エネ比率2030年40%、50年100%。パリ協定の1.5℃達成を目指す(RIEF) | 一般社団法人環境金融研究機構
「未来のためのエネルギー戦略研究グループ」、2030年および2050年のエネルギーミックスと脱原発・脱温暖化の戦略公表。再エネ比率2030年40%、50年100%。パリ協定の1.5℃達成を目指す(RIEF) | 一般社団法人環境金融研究機構

   経済学者らで構成する「未来のためのエネルギー戦略研究グループ」は、2030年並びに2050年の…

rief-jp.org

Lightroomで作業する時のカラースペース

 Lightroom Classicの場合は、現像モジュールで作業するときの内部のカラースペースはProPhotoRGBで、それ以外のモジュールではAdobeRGBなどが使われているらしいです。
 以下のAdobeのサイトに書いてありました。

https://helpx.adobe.com/jp/lightroom-classic/kb/color-faq.html

 一方、Lightroomの場合は説明が見つからず、ソフトの設定メニューなどを見てもよく分からなかったので、Adobeに知り合いがいるような人に聞かなければ分かりません。

データを表示して以降の作業は単純に進める

 前述の通り、データをLightroomで読み込んで表示するときに画像の色が変わってしまう場合があります。
 そこで、データを読み込んで表示するときは多少注意が必要でしょう。

 注意して正常な色でデータを表示できたら、あとはややこしいことは考えず自由に現像、レタッチ作業を進めて問題ありません。

データの書き出し時の色空間、カラープロファイル

 写真の現像、レタッチ作業などが終わったら、自分で選んだ色空間でデータを書き出すことになります。

 データを書き出す色空間として以下の色空間が選べます。

  • sRGB
  • Display P3
  • AdobeRGB
  • ProPhotoRGB

 ウェブサイトなどに掲載する写真なら、sRGBが無難でしょう。

 一般的な大手の銀塩プリントサービスに依頼する写真なら、sRGBが良いでしょう。

 iPhoneで撮影した写真と同じ色空間の画像データにしたければ、Display P3が良いでしょう。

 カラーマネジメントシステムに多少詳しい人で、この後オフセット印刷用のデータにしたりインクジェットプリンターで出力したりする場合はAdobeRGBが無難でしょう。

 Lightroomで処理した色をできるだけ維持してPhotoshopなど別の画像編集ソフトでさらに処理を行うならProPhotoRGBも良いでしょう。

自分で撮影した写真はほぼ問題なく作業できるが、外から受け取ったデータは注意が必要

 デジカメやスマホで撮影した写真は、RAWデータか、プロファイルが埋め込まれたRGB画像なので、あまり気にせずにLightroomで開いて作業してもたいてい問題なく作業できるでしょう。

 一方、外部から受け取ったRGB画像データ、例えば写真素材サイトで購入したJPG画像や取引先から受け取った画像データの場合は、プロファイルが埋め込まれていないデータが多くあるので注意が必要です。

 また、オフセット印刷用のCMYK画像データはプロファイルを埋め込まずに保存する場合が多いので、注意が必要です。

 以上、Lightroomのカラーマネジメントの仕様を確認してみました。

当ブログ参考記事

lightroom_size03
Lightroomで画像のサイズ、解像度を変更する方法

 「Adobe® Photoshop® Lightroom」は写真をパソコン、タブレット、スマホなどで共有して、ある程度簡単に扱うためのソフトです。  画像データを扱う場合、画像のサイ ...

https://omoide-photo.jp/blog/lightroom-size/


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下はインボイスについて説明している動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

写真・グラフィック出力サービス

当事務所で、AdobeRGBの写真のデータからほぼAdobeRGBの色域を維持してプリンター出力を行う、といったような広色域プリンター出力サービスを行なっています。
一般的な銀塩プリントやプリンター出力のサービスでは対応してくれないような種々のプロファイル、種々の形式のデータにも柔軟に対応します。
写真・グラフィック出力サービス
写真・グラフィック出力サービス

広色域のプリンターで写真・グラフィック等を出力するサービスです。例えばAdobeRGBの写真をAdobeRGBのまま銀塩プリント相当の画質で出力したいときに便利です。

omoide-photo.jp

関連するコンテンツ

-カラーマネジメント対応ソフトの操作, Lightroomの使い方
-

© 2021 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜