カラーマネジメント関連機器

色を扱う事務所の天井の照明を、色評価用の高演色LEDに変えるには

2017年5月17日

エコリカ 蛍光灯型LED ECL-LD4EGN-L3A(昼白色相当) ECL-LD4EGN-L3A

 写真やグラフィックデザインの仕事をしたり、色が重要な商品を扱う場合などは、色を正確に見る必要があります。
 家庭用と違い、事務所の天井照明に使える高演色LED照明は色々な会社で製造されています。

 ここでは、事務所の照明を色評価用の高演色LED照明に変えるための情報をご提供します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

再エネ電力会社への切り替え方|power-shift.org

 

事務所の天井に多い40形、直管タイプの高演色LEDは結構ある

家庭の天井向けの高演色LEDはあまりない

 一般家庭の天井照明は、天井にある引掛けシーリングなどに取り付ける丸形のLED照明が多いと思います。

引掛シーリング

 ところが、一般家庭の天井の引掛けシーリングなどに取り付けられる丸形のLEDランプで、Ra95以上の高演色LEDはほとんどみつかりません。

 必要に迫られて家庭の天井照明を色評価用の照明にしている人の多くが、20形蛍光管用の家庭用照明機器を使って、色評価用の20形蛍光管を付けて使っていると思われます。

色評価用 20形蛍光管

事務所の天井に多い40形直管タイプの高演色LEDランプは結構みつかる

 一方、事務所の天井は40形直管タイプのLED照明が多いと思います。

 40形直管タイプでRa95以上の高演色LEDランプは、いくつかの会社で製造されていて、製品もすぐ見つかります。

 このように、家庭用に家電量販店で販売されていたり、ネット通販で販売されていて気軽に買える照明機器には高演色LED照明は現在あまりないようです。
 一方で、事務所の場合は天井照明を色評価用LEDに変えたい場合に相談、発注できる先はかなりあり、事務所の照明を色評価用に変えるのは意外と簡単だと思われます。

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

高演色LEDランプを製造しているところ

 私が知る範囲で、40形に限りませんが、Ra95以上の高演色LEDランプの製造や販売を行なっている会社の例を以下にあげます。

セリック株式会社

シーシーエス株式会社

株式会社EL&EL

株式会社HRD

京セラ

サンケン電気株式会社

株式会社エコリカ

東芝ライテック

パナソニック

大塚商会

口金の形状、灯具など、相談した方が良い

 口金の形状にも種類があります。
 現在は蛍光灯からLEDへ切り替えが進んでいる過渡期なので、口金形状も従来の蛍光灯と同じ形状のLED照明もあれば、新しいタイプの形状のものもあります。

 灯具も、LED専用の灯具に付け替える方法もありますし、現在使用中の蛍光灯の灯具の配線を変更して引き続きLEDでも使用する、というケースもあります。

 ですので、口金の形状と灯具の関係で何パターンか方法や選択肢があってややこしいので、製造メーカー等に相談した方がいいと思いでしょう。

色温度など、チューニングしてもらえるものもある

 色評価用の照明にする際、業種によって色温度を5000K前後にしたい場合と6500K前後にしたい場合があるのではないでしょうか。

 製造メーカーのウェブサイトによれば、色温度などについて何種類かの製品が用意されていたり、希望によってチューニングしてくれたりするようです。

Amazonで販売されている製品

 エコリカの高演色LEDランプはAmazonにもありました。
 ただし、取付に工事が必要です。

楽天市場 Amazon

楽天市場 Amazon

カラーマネージメント技術は人のためにある

参考情報 色評価用照明の規格

印刷業界における従来の色評価用照明の規格

 日本印刷学会が作成した規格で「透過原稿、反射原稿及び印刷物の観察方法」というものがあります。
 この規格では、イルミナントがCIE昼光のD50、演色評価数Ra95以上、特殊演色評価数Ri90以上、などとされています。

参考ページ

LED照明に適するよう改定される予定

 蛍光灯の時代はこの規格に基づいて色評価用AAA蛍光灯を使用すれば問題ありませんでした。

 しかし、照明がLEDに切り替わった現在、この規格をLED照明に単純には適用できないことがわかってきたとのことです。

 そこで、日本印刷学会で色評価用照明の規格の改訂作業を進めているらしいです。
 近々改訂版が公表されるものと思われます。

参考ウェブサイト

 以上、事務所の照明を色評価用の高演色LED照明に変えるための情報でした。

当ブログ参考記事


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-カラーマネジメント関連機器
-,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜