カラーマネジメント関連機器

照明光の演色性・色温度などを検査するツール 製品や色校の色を見る時に

2017年1月26日

パントン パントン・ライティング・インディケーター・ステッカー ※光源D50用 LNDS-1PK-D50 [日本正規品]

 カラーマネジメントにおいて、部屋の照明の管理は結構面倒です。
 簡易的な照明環境を整えて済ます場合もあるでしょう。自分の作業環境は整えても、お客様の事務所の光源については不確かなこともあるでしょう。
 ここでは、照明の光がどのくらい色の観察に適しているか演色性や色温度などを確認できるツールをご紹介します。

光源は、演色性が高く、色が希望の色であれば良い

 照明の光が色の観察に適しているかどうかは何で決まるのでしょうか。
 簡単にいうと以下の点を満たしているかどうかで決まります。

  • 演色性が十分高い
  • 基準に決めた色をしている

演色性が十分高い

 人間は長年太陽の光のもとで生きてきたので、理想の光は太陽の光とされています。
 太陽の光は色々な波長の光がたくさん含まれています。

 一方、演色性の低い照明光は何種類かの波長の光は含まれていても、他の波長の光は少ししか含まれていなかったりします。

 色々な波長の光がどれも十分に含まれていないと、太陽の光の下で見たときの色とは違う色で見えてしまいます。

 よって、照明の光は色々な波長の光が十分に含まれているもの、すなわち演色性が高いものが理想です。

基準に決めた色をしている

 演色性が高い理想の光である太陽の光でも、昼間の色と夕方の色は違います。

 そのように、同じ演色性の高い光でも、色々な色の光があります。

 そこで、たいてい色を観察するときはどういう色の光で見るか基準を決めます。

 光の色は色温度で表現することが多いです。
 たいていは色温度5000K6500Kを基準に使います。

簡易的に照明の光の質を確認するツール

 照明の光が、色を観察するのにどのくらい適しているかを簡易的に確認できるツールに以下のようなものがあります。

PANTONE® LIGHTING INDICATOR Stickers

 色のチップが二つの部分に分かれていて、光の質が十分高ければ同じ色に見え、低ければ色が違って見えるというものです。

 40チップセットになっているので、特色インクのチップのように切って色校に貼ったりもできます。

 お客様が色校などを見るときに、照明の色に問題があるかどうかを確認できるので便利です。

 約5000Kを基準としているときに使えるD50用、約6500Kを基準にしているときに使えるD65用があります。

光源D50用の製品

 照明の光がD50の基準に近いかどうかを調べるツールです。

光源D65用の製品

 照明の光がD65の基準に近いかどうかを調べるツールです。

ライティング・インジケーター その他の販売店

PANTONE® STORE JAPAN

 以下のパントン オフィシャル オンラインショップで購入できます。

PANTONE® Color Resources P.J

 以下のPANTONE®社の日本総代理店が運営するショップ&ショールーム「PANTONE® ColorResourceP.J」で購入できます。

画材ショップカワチ

類似のツール 光源の演色性検査カード(株式会社カラープランニングセンター)

 色票が二つあり、光の質が十分高ければ同じ色に見え、低ければ色が違って見えるというものです。

 約5000Kを基準としているときに使えるD50用、約6500Kを基準にしているときに使えるD65用があります。

売っている場所 株式会社カラープランニングセンターのウェブサイト

 株式会社カラープランニングセンターのウェブサイトで注文方法が案内されています。

 以上、照明の光がどのくらい色の観察に適しているか演色性や色温度などを確認できるツールをご紹介しました。

当ブログ参考記事

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

カラーマネジメントの本

消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入されるインボイス制度の影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

-カラーマネジメント関連機器
-, , ,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜