高演色性の家庭用LED照明の例 「美ルック」

housing

 少し本格的に写真などを扱う場合、高演色性の照明を使う必要が出てきます。
 ところが、家庭で使える高演色性LED照明はまだあまりまりません。

 ここでは、まだ少ない家庭用の高演色性LED照明の一例「美ルック」をご紹介します。

電子機器を買うときの参考情報

 電子機器の製造で使用される原料には、深刻な国際問題が関係しています。

 当然ながら、機器を使用する私たちユーザーもそれら国際問題の当事者の一人です。

 そのため、物を買う場合は社会的責任を果たしているメーカーや店の製品を選びましょう。

武装勢力や児童労働と関わりのある原料を使っていないかどうか

 報道によれば、電子機器の製造に必要な鉱物は武装勢力の資金源になっている鉱山で生産されたものもあるということです。

参考の動画

 また、原料の採掘作業において児童労働が行なわれていることも明らかになっています。

参考リンク

コンゴ民主共和国:スマートフォンの裏に児童労働 : アムネスティ日本 AMNESTY
アップル、サムソン、ソニーなど著名なエレクトロニクス企業は、児童労働など不当に採掘されたコバルトが自社の製品に使われていないかどうかを認識していない。アムネスティ・インターナショナルとアフリウォッチは1月19日、調査報告書の中で明らかにした。

参考書籍

人新世の「資本論」/斎藤幸平
icon
icon
icon

 「人新生の「資本論」」で先進国から他の貧困国へ環境汚染その他の被害が押し付けられ外部化されていることが説明されています。

楽天ブックス Amazon

 私たちとしては、そういった鉱山で生産された鉱物を使用していない製品を選ぶ必要があります。

 電子機器を購入する場合、紛争や児童労働などに関わりのない鉱物を使用しているかどうかなど、製造メーカーがきちんと管理された道筋で原料を調達しているかどうかを確認すると良いでしょう。

 メーカー企業のウェブサイト等で原料調達に関する取り組みについて記載があり、会社によっては報告書などが公開されています。
 自社製品に紛争鉱物を使っていないかどうか調べたと書かれていたり、調べたが調べきれなかったと書かれていたりします。

参考リンク

照明が蛍光灯からLEDに変わり、色評価用照明が若干手に入りにくい状況にある

今までは色評価用蛍光灯を使えば済んだ

 蛍光灯の時代は、写真や印刷物を扱うための照明としては「色評価用」として販売されている、色温度5000K・平均演色評価数Ra97・演色性AAA、といったことが明記された蛍光管を使えばすみました。
 このような蛍光管は一般の人でもある程度手に入れやすいものでした。

LED時代になった現在は一般向けの色評価用照明があまりない

 ところが現在は照明が蛍光灯からほぼLEDに切り替わりました。

 そこで、写真などを扱うのにふさわしいLED照明を部屋につけたいとみなさん思うわけですが、今のところ、一般向けに販売されている色評価用LED照明は多くはありません。

地球温暖化で大変な事態になろうとしているので消費電力の低いLEDを選択した方が良い

 蛍光灯は今までに製造されているものがかろうじて手に入る状況です。

 しかし、蛍光灯とLEDでは消費電力に格段に差があります。
 地球温暖化が進み、すでにグリーンランドの氷の消失ペースが以前の何倍も速くなるなど、とんでもない事態がおきている今日、多くの方ができるだけ早くLEDに切り替えたい気持ちがあることでしょう。

参考リンク

グリーンランドの氷の融解速度、80年代以降で6倍に加速 研究
【4月23日 AFP】氷床の融解量の測定は2019年現在、人工衛星や気象観測所、精巧な気候モデルなどのおかげでかなり正確に行うことができる。
CAN-Japan Climate Action Network Japan (CAN-Japan)

企業向けの色評価用高演色LED照明はある

 企業向けの色評価用高演色LED照明は、いくつかのメーカーで製造されています。
 しかし、これは主に企業向けであり、価格の点やロットの点から、個人で買うのはハードルが高い傾向があります。

参考記事

色を扱う事務所の天井の照明を、色評価用の高演色LEDに変えるには
 写真やグラフィックデザインの仕事をしたり、色が重要な商品を扱う場合などは、色を正確に見る必要があります。  家庭用と違い、事務所の天井照明に使える高演色LED照明は色々な会社で製造されています。  ここでは、事務所の照明を...

パナソニックの「美ルック」は高演色性のLED照明

 パナソニックの「美ルック」という製品があります。
 これは、カタログによれば平均演色評価数Ra95ということで、昼白色(色温度5000K)の製品も出ています。

 スペックとしては写真を観察するのに使える内容です。

 写真などを見るために必要な演色性を確保した照明を家庭に付けたい場合、「美ルック」は良い選択肢でしょう。

 ただ、私が探した限りでは、「美ルック」は小めのライトしかないようです。

 多くの方が欲しいであろう、6畳や8畳の部屋の天井の中央の引っ掛けシーリングに取り付けて部屋全体を照らすような一般的なシーリングライトなどが、あまり見つかりませんでした。


楽天市場 Amazon


楽天市場 Amazon

メーカーのページ

美ルック(ミルック)|住宅用照明器具 | Panasonic
パナソニック独自の光のスペクトル制御技術によって本来の美しい色を再現し、人、空間、料理など、あらゆるものを鮮やかに見せます。 また鮮やかに見えることで、空間を明るく感じる効果も得られます。

机用なら有名なZ-80proなど

 机用の色評価用LED照明なら、有名なZ-80pro2など、山田照明のLED照明があり、手に入りやすいです。

楽天市場 Amazon

参考記事

色を正確に見る時に 高演色LED照明Z-80PRO2
 物の色は照明によって変わります。  そこで、色について人と正確に話すには、照明の基準を決めます。  物の色を確認するときに適した机用の照明、Z-80PRO2をご紹介します。 電子機器を買うときの参考情報  電子...

楽天市場 Amazon

参考記事

高演色LEDのデスク用の照明 Z-208PRO
 山田照明の有名な机用の高演色性LED照明にZ-80PRO2があります。  Z-80PRO2より少し価格が低めのZ-208PROという照明もあります。  Z-208PROがどういう照明かみてみます。 電子機器を買うとき...

 以上、高演色性LED照明「美ルック」をご紹介しました。

参考記事

照明に関する記事 一覧
 写真などのデータを正確に扱うために、作業場の照明は重要です。  当ブログの照明に関する記事の一覧を掲載します。 高演色の照明を紹介した記事 作業場の照明を検...
カラーマネジメント 部屋の照明は何を使えば良いのか
 ディスプレイやプリンターのカラーマネジメントも行い、さらに部屋の照明もカラーマネジメントに対応させようとしたとき、どういう照明を買えばよいか迷う方が多いのではないでしょうか。  電気量販店に行っても、意外にも色評価用の照明は売ら...
演色性が高い家庭用LED照明 写真の色を少し正確に見るために
 写真や製品の色を自然の光で見た時と近い状態で見るためには、演色性が高い照明を使う必要があります。  最近は家庭用のLED照明でも演色性の高いものがいくらか出てきました。  ここでは、業務用とまではいかないものの、家庭で写真...
家庭用LED照明の選び方 パソコン画面とプリンターの色を合わせる時
 パソコンで写真のレタッチや、印刷用のレイアウトデータ作成などを行う場合、ディスプレイ表示をできるだけ正確にするため、また手元の写真や原稿の色を確認するために部屋の照明にも気を使う必要があります。  しかし、色を扱う仕事をして...
高演色性の撮影用LEDライト 正確な色で商品撮影をするために
 最近は撮影所に依頼せず自分で商品撮影をするケースも多いようです。  色にシビアな商品を扱っていれば、自分で撮影するにしてもできるだけ色を正確に撮りたいのではないでしょうか。  ここでは、商品を撮影をするときに手頃な、高演色性の...
色温度約6500K D65の高演色LED照明 手に入りやすい製品の紹介
 写真関連や印刷関連業界では、多くの場合色評価用の照明に5000Kの高演色照明を使用します。  一方、それ以外の業界では6500Kの光で検査などが行われる場合が多いです。  ここでは、D65の光が必要な場合の高演色LED...