カラーマネジメント関連機器

高演色性の家庭用LED照明の例 「美ルック」

投稿日:2016年9月16日 更新日:

housing
 少し本格的に写真などを扱う場合、高演色性の照明を使う必要が出てきます。
 ところが、家庭で使える高演色性LED照明はまだあまりまりません。

 ここでは、まだ少ない家庭用の高演色性LED照明の一例「美ルック」をご紹介します。

今までは色評価用蛍光灯を使えば済んだ

 蛍光灯の時代は、「色評価用」として販売されている、色温度5000K・平均演色評価数Ra97・演色性AAA、といったことが明記された蛍光管を使えばすみました。このような蛍光管は一般の人でもある程度手に入れやすいものでした。

LED時代になった現在は一般向けの色評価用照明があまりない

 ところが現在は部屋の照明が蛍光灯からほぼLEDに切り替わってきており、蛍光灯は間もなく製造禁止になる予定です。

 そこで、写真などを扱うのにふさわしいLED照明を部屋につけたいとみなさん思うわけですが、今のところ、一般向けに販売されている色評価用LED照明というものがほとんどありません。

地球温暖化で大変な事態になろうとしているので消費電力の低いLEDを選択した方が良い

 蛍光灯は今までに製造されているものがかろうじて手に入る状況です。
 そのため、仕事上色評価用の環境が必要な場合は止むを得ず蛍光灯を買うしかない状況もあります。

 しかし、蛍光灯とLEDだと消費電力にとても差があります。地球温暖化がかなり進んできており、間も無くとんでもない事態がおころうとしている今日、多くの方ができるだけ早くLEDに切り替えたい気持ちがあることでしょう。

参考ウェブページ

企業向けの色評価用高演色LED照明はある

 企業向けの色評価用高演色LED照明は、いくつかのメーカーで製造されています。
 しかし、これは主に企業向けであり、価格の点やロットの点から、個人で買うのはハードルが高いものが多いです。

当ブログ参考記事

パナソニックの「美ルック」は高演色性のLED照明

 パナソニックの「美ルック」という製品があります。
 これは、カタログによれば平均演色評価数Ra95ということで、昼白色(色温度5000K)の製品も出ています。

 スペックとしては写真を観察するのに使える内容です。

 ただ、私が探した限りでは小めのライトしかないようです。
 多くの方が欲しいであろうところの、6畳や8畳の部屋の天井の中央の引っ掛けシーリングに取り付けて部屋全体を照らすような製品は、見つかりませんでした。

机用なら有名なZ-80pro

 机用の色評価用LED照明なら、有名なZ-80pro2があります。

 以上、高演色性LED照明「美ルック」をご紹介しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

ムック

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-カラーマネジメント関連機器
-

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.