カラーマネジメントの基本 カラーマネジメント関連機器

普通の液晶モニターをキャリブレーションする方法

投稿日:2017年7月1日 更新日:

 カラーマネジメントモニターではない普通の液晶モニターもキャリブレーションできます。
 ここでは、普通の液晶ディスプレイをキャリブレーションする方法をご紹介します。

普通の液晶モニターも、ソフトウェアキャリブレーションはできる

 カラーマネジメントモニターは、モニター自体の内部を調整することでキャリブレーションができます(ハードウェアキャリブレーション)。

 一方、普通の液晶ディスプレイも、入力する映像の信号に補正をかければキャリブレーションできます(ソフトウェアキャリブレーション)。

普通の液晶ディスプレイに付いている輝度などの調整機能とキャリブレーション作業の関係

 普通の液晶ディスプレイも、色温度やコントラスト、輝度などを少し調整できる場合があります。

 そういう場合は、ディスプレイの調整機能を使って、自分が希望する輝度、コントラスト、色温度に近づけておきます。
 例えば80cd/m2、6500Kなどです。

 その上で、ディスプレイの調整機能だけで調整しきれない部分は入力信号に補正をかけて調整すれば、キャリブレーションできます。

普通の液晶ディスプレイのキャリブレーションに必要なもの

 普通の液晶ディスプレイのキャリブレーションを行うには、モニターのソフトウェアキャリブレーションを行うためのモニターキャリブレーションツールが必要です。

 手に入りやすいものとしては以下のような製品があります。

モニターキャリブレーション用のツール

ColorMunki Smile

X-Rite ColorMunki Smile

ColorMunki Display

X-rite エックスライト ディスプレイキャリブレーションツール ColorMunki Display カラーモンキー・ディスプレイ KHG0100-DY


楽天市場 Amazon

最近のカラーモンキーディスプレイについて

 X-Riteのウェブサイトにカラーモンキーディスプレイのページはありますが、最近ネット通販その他でカラーモンキーディスプレイがあまり見つからなくなってきました。

 そこで、これから購入する場合はColorMunki Displayではなくi1 Display Proなどを選択するのも良いでしょう。

 i1 Display Proには簡易モードがあり、使い方はColorMunki Display同様に簡単です。

当ブログ参考記事

i1 Display Pro

X-rite エックスライト ディスプレイキャリブレーションツール i1Display Pro アイワン・ディスプレイプロ KHG1035

楽天市場 Amazon

SpyderX PRO

Datacolor SpyderX Pro ディスプレイキャリブレーションツール SXP100


楽天市場 Amazon

SpyderX ELITE

Datacolor SpyderX Elite ディスプレイキャリブレーションツール SXE100

楽天市場 Amazon

総合的なカラーマネジメントツール

 プリンタープロファイルを作成できるようなカラーマネジメントツールは、たいていの場合モニターキャリブレーションの機能も含んでいます。

i1Studio

X-rite エックスライト i1Studio アイワンスタジオ KHG1701

楽天市場 Amazon

i1Photo Pro2

X-rite エックスライト キャリブレーションツール i1Photo Pro 2 アイワン・フォトプロ2 KHG1406

楽天市場 Amazon

SpyderX Studio

Datacolor SpyderX Studio キャリブレーションツール SXSSR100

楽天市場 Amazon

実際のモニターキャリブレーション作業の手順

モニターキャリブレーション作業の大まかな流れ

 モニターキャリブレーション作業は、大まかには以下のような流れで進めます。

  1. 輝度、白色点の色、ガンマなどの目標値を決める
  2. 目標値に近付くようにモニターを調整する
  3. モニターの表示特性を測定する
  4. ディスプレイプロファイルを作成する
  5. ディスプレイプロファイルを適用する

各ツールごとの作業手順

 実際のモニターキャリブレーション作業は、キャリブレーションソフトが手順を示してくれるのでそれに従って進めます。

 当ブログの記事でいくつかのツールについて作業手順の一例を紹介しています。

ColorMunki Smile

 簡易的なモニターキャリブレーションツールです。

当ブログ参考記事

ColorMunki Display

 ColorMunki DisplayはColorMunki Smileより詳しい設定ができるモニターキャリブレーションツールです。

当ブログ参考記事

i1 Display Pro

 i1 Display Proはかなり詳しい設定ができるモニターキャリブレーションツールです。

当ブログ参考記事

i1Studio

 プリンタープロファイル作成等もできるツールで、モニターキャリブレーションもできます。
 モニターキャリブレーションに関しては、ColorMunki Smileよりも詳しい設定ができます。
 i1 Display Proほど詳しい設定はできません。

当ブログ参考記事

i1 Photo Pro2

 i1 Photo Pro2はRGBプリンターのプロファイル作成等も行えるカラーマネジメントツールです。
 i1 Display Proと同じようにかなり詳しい設定でモニターキャリブレーションが行えます。

当ブログ参考記事

 以上、普通の液晶ディスプレイをソフトウェアキャリブレーションする方法をご紹介しました。

当ブログ参考記事

カラーマネジメントの本

消費税特集

 消費税10%と複数税率に伴って導入が予定されているインボイスの影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-カラーマネジメントの基本, カラーマネジメント関連機器
-, , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.