色に関する基礎知識

L*a*b*値の色差0の二つの色 でも全員が同じ色に見えるとは限らない

2015年11月6日

color

 カラーマネジメントで、デバイスに依存しない絶対的な色を表すのにL*a*b*値をよく使います。
 そして、違うデバイスどうしでも表現されている色のL*a*b*値が同じなら、人間の目に同じ色に見える、という前提でカラーマネジメントは成り立っています。

 細かく言うと、人によって見え方が違うので測色器で測って色差0の二つのものは全員が同じ色に見えるわけではありません。

全く同じ波長の光でなくても、同じ色に見える場合がある

 光は色々な波長が混ざった電磁波で、分光強度分布がまったく同じ光なら当然人間の目にまったく同じに見えますが、分光強度分布が違っていても場合によって人間の目には同じ色に見えます。
 そのような仕組みを使ってプリンターやディスプレイなどの色を表現するデバイスは成り立っています。

L*a*b*は光そのものではなく人にとっての見え方を表したもの

 測色器で測ったL*a*b*値は、光の分光強度分布そのものではなく、その分光強度分布を示す光を人間の目で見たときの見え方を表したものです。

 ところが、測色器で二つのものを測色してL*a*b*値が同じだったとしても、実は少し色が違って見えてしまう人もいる可能性があります。

L*a*b*の土台の等色関数はたくさんの人の見え方の平均くらいをとったもの

 L*a*b*で色を表現する方法の土台になっているものは等色関数というもので、たくさんの人について色の見え方を実験して、平均くらいをとって作った人間の色の見え方を表した関数です。
 人によって見え方には差があるので、その見え方を数値で扱うにあたり平均あたりで決めざるを得ないのです。
 よって、色と人の組み合わせ次第で平均からかなり離れた見え方をする場合もあるかもしれません。

 そういう理由で、L*a*b*値が同じ二つのものは誰もが同じ色に見えるというわけではなく、もしかすると少し違う色に見えている人もいるかもしれない、ということになるのです。

 ただこれはかなり厳密に言ったときの話で、通常は色差0なら誰にも同じ色に見える、という前提で作業します。

分光強度分布が同じ二つの光なら誰にでも同じに見える

 三原色を混ぜ合わせて分光強度分布は違うけれども擬似的に色を似せているのではなく、分光強度分布がまったく同じ二つの光であれば、その二つの光は誰でも同じに見えます。

 以上、人によって見え方が違うので測色器で測って色差0の二つのものは全員が同じ色に見えるわけでないことをご紹介しました。

当ブログ参考記事

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

カラーマネジメントの本

消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入されるインボイス制度の影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

-色に関する基礎知識
-, ,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜