色に関する基礎知識

L*a*b*値が同じなのに色が違うこともある? CIELABは白基準で変わる

投稿日:2016年11月7日 更新日:

 RGBやCMYKはデバイスに依存する色表現であり、一方L*a*b*はデバイスに依存しない色表現で、デバイスによらず色が決まる、とよく説明されます。

 にも関わらず、L*a*b*値が同じなのに色が違ったり、同じ物体を測色したのにL*a*b*が異なる、という場合があります。

 それはなぜかご紹介します。

CIELABは基準白色によって値が変わる

 L*a*b*はCIELAB均等色空間の成分(L*,a*,b*)です。

 CIELABは基準白色によって値が変わる色空間です。
 そのため、L*a*b*値を扱うときはどのような色を基準白色にしたかを示す必要があります。

L*a*b*を導く式に基準白色のXYZが入っている

 XYZ表色系のXYZからL*a*b*へ変換する式は以下のとおりです。

L*=116(Y/Y0)1/3-16
a*=500{(X/X0)1/3-(Y/Y0)1/3}
b*=200{(Y/Y0)1/3-(Z/Z0)1/3}

 (X0,Y0,Z0)は基準白色面の三刺激値です。

 基準白色の色を変えれば、(X0,Y0,Z0)が変わるため、L*a*b*値も変わります。

 秩序立てた説明は以下の本などに載っています。


楽天市場 Amazon

基準白色を決める具体例

物の色を測定する場合

 測色器で物の色を測定する場合、光源をD65やD50から選んだりします。

 あるいは分光測色計で測定後に、光源の設定をD65やD50など変更すると、その都度測色結果のL*a*b*が変化します。

 この作業が基準白色を決めている作業です。

 以上、CIELABは基準白色によって値が変わることをご紹介しました。

当ブログ参考記事

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

カラーマネジメントの本

消費税特集

 消費税10%と複数税率に伴って導入が予定されているインボイスの影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

-色に関する基礎知識
-, , , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.