写真のスキャニング・データ化

フィルムの写真をデジタル化 L版プリントを高速スキャンして時間短縮

投稿日:

 デジカメの時代になった現在、フィルム時代の写真もデジタルで管理したい場合は多いでしょう。
 しかし、フィルムのスキャニングはそれなりに手間と時間がかかります。

 ここでは、フィルム時代の写真をデジタル化するにあたり、短時間で作業できる現実的な方法をご紹介します。

フィルム時代の写真をデジタルで管理したい場合が多くなった

フィルムの写真は保管と検索に手間がかかる

 デジカメの写真は、たいていハードディスクなどに保管し、パソコン等で表示して管理する場合が多いでしょう。

 プリントしたい場合はパソコンでデータを閲覧し、必要なデータを探し出して何らかの媒体にコピーし、店でプリントしたり自宅のプリンターで印刷する、といった具合です。

 一方、フィルム時代の写真はL版プリントとフィルムをアルバムなどに閉じて保管している場合が多いでしょう。
 この場合、必要な写真を探すとしたらアルバムの背表紙のメモなどを手掛かりにしてあたりをつけ、ページをめくって探していくような感じになります。

 デジカメの写真の管理に比べると、かなり手間がかかり、検索もしにくいです。

フィルムの写真をデジタル化して管理したくなる

 そこで、フィルムの写真をデジタル化したくなります。

 例えば、フィルムの写真をすべてデジタル化し、フィルムの保管場所と、デジタル化した写真を保管したフォルダーを照合できるよう番号などを振っておきます。

 そうすると、パソコンでフォルダ内の写真を閲覧したりファイル名を検索したりして写真を探し、フォルダ名と同一の番号を振っている保管場所を探せば目的のフィルムが見つかる、といった具合に管理がしやすくなります。
 あとは改めてフィルムを高倍率でスキャンするなり、店に焼き増しを依頼するなり目的の用途に使い、またしまえばよいでしょう。

フィルムの写真をスキャンする方法を比較してみる

フィルムをスキャニングする場合

 写真をきれいにスキャンするとしたら、フィルムを直接スキャニングしたいと思うでしょう。

 フィルムのスキャニングが可能なスキャナーがあれば、フィルムを直接スキャンするのはある程度簡単です。

 ところが、手間がかなりかかります。

 フィルムに指紋がつかないように注意して取り出して、ホルダーにセットして、ホルダーをスキャナーにセットして、パソコンでスキャニング開始の操作を行い、また注意してフィルムを外して元に戻す、というような作業になります。

 この作業を普通に行うと、24枚取りフィルム数本ならできるとしても、昔撮影した何十本か何百本ものフィルムをスキャンするには非現実的なほど長時間かかってしまいます。

当ブログ参考記事

L版プリントをフラットベッドスキャナーでスキャンする場合

 フィルムを直接スキャンするのが面倒なら、L版プリントをスキャンする方法もあるでしょう。

 L版プリントなら指紋が付いたとしても焼き増しもできるので、元原稿のフィルムを扱うよりは手間がかからないでしょう。

 しかし、L版プリントはサイズが大きいので、スキャナーに一度にセットできる枚数が限られています。

 そのため、やはりそれなりに時間がかかり、昔撮影した数十本や数百本のフィルムをスキャニングするとなると非現実的な長時間を要してしまいます。

当ブログ参考記事

自動紙送り装置付きの写真向けスキャナーでL版プリントをスキャニング

 自動紙送り装置(ADF)付きの写真向けスキャナーがあります。
 こういった機器を使ってL版プリントをスキャンするという方法なら、ある程度現実的な時間でフィルム写真をデジタル化することができます。

自動紙送り装置付きの写真向けスキャナーでL版プリントをスキャンし、フィルム写真をデジタル化する

 自動紙送り装置(ADF)付きの写真向けスキャナーでL版プリントを高速スキャンすることで、フィルム写真を短時間でデジタル化することができます。

 この方法なら、働いていて時間のない人などにとっても現実的な方法と言えるでしょう。

自動紙送り装置付き写真向けスキャナーの例 EPSON® FF-680W

 自動紙送り装置付きで、写真向けとして発売されているスキャナーの例としてはEPSON® FF-680Wがあります。

エプソン フォトスキャナー FF-680W (シートフィード/A4/USB対応/Wi-Fi対応/写真簡単スキャン)

自動紙送り装置付きの写真向けスキャナーで、フィルムの写真をデジタル化する手順の例

手順1 デジタル化したいフィルムの写真のL版プリントを用意する

 自動紙送り装置付きの写真向けスキャナーフィルムはスキャニングできないので、フィルムから作ったL版プリントをスキャンすることにします。

 もし現像しかしておらず、L版プリントがないフィルムがある場合は、写真プリントの店に持って行って全てL版プリントを依頼します。

手順2 1本目のフィルムのL版プリントをスキャニング

 1本目のフィルムのL版プリントをスキャニングします。
 例えば36枚撮りフィルムなら、1本のフィルムで撮影した36枚分のL版プリントをスキャナーでスキャニングします。

 スキャニングした写真のデータ36枚は、1個のフォルダに保管し、例えば現像したフィルムに付いているラベルの4桁程度の数字をフォルダ名として付けます。

現像済みフィルムに付いている数字のラベル

 店に現像を依頼するとたいてい4桁くらいの数字ラベルがフィルムに貼られてきます。
 4桁程度しかないので、当然ながらフィルム固有の番号というわけではないでしょうし、たまたま同じ番号が振られているフィルムもあるかもしれません。
 しかし一つの家庭に偶然に何十本も同じ番号が振られたフィルムがあるということは通常ないでしょうから、このラベルの4桁の数字は家庭のフィルムの管理に便利に利用できます。

 フォルダ名にフィルムのラベルの4桁の数字を振っておけば、フォルダとそのスキャン元のフィルムを照合することができます。

手順3 1本ずつ作業を進める

 1本目が終わったら、2本目をスキャニングして、フィルムと照合できるフォルダ名を付けて保存していきます。

 やり方は人それぞれの判断ですが、複数本連続でスキャンすると頭が混乱するので、1本ずつ作業した方がやりやすいかもしれません。

 L版プリントを24〜36枚スキャンする所要時間は短いので、良いペースで作業が進むでしょう。

手順4 フィルムを使いたいときは、フォルダで写真を探してフィルムを探す

 フィルムの写真のいずれかを、改めて高品質でスキャニングして自宅のプリンターで印刷したり、大伸ばしのプリントを店に依頼したいケースが出てくるでしょう。

 その場合は、写真を保管したフォルダで目的の写真を探し、フォルダ名からその写真が含まれているフィルムを見つけ出します。

 あとはフィルム用のスキャナーでスキャニングしたり、店にプリント依頼したりして、使います。

手順5 フィルムはすぐ戻す

 使い終わったフィルムは、机の上などにしばらく放置しておくと何がどこにあったか分からなくなってきます。

 きちんと管理された状態を保つため、使い終わったフィルムはすぐに元あったフィルム用のファイルなどに戻しましょう。

まったく時間がなければ店のスキャニングサービスを利用するのも良い

 自動紙送り装置付きの写真向けスキャナーを使った作業を行う時間すら確保できないほど多忙な人もいるでしょう。

 その場合は、店のスキャニングサービスに依頼するのが良いでしょう。

当ブログ参考記事

 以上、フィルム時代の写真をデジタル化するにあたり、自動紙送り装置付きの写真向けスキャナーで高速スキャンする方法をご紹介しました。

ADF付きフォトスキャナー

エプソン フォトスキャナー FF-680W (シートフィード/A4/USB対応/Wi-Fi対応/写真簡単スキャン)

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

ムック

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

消費税特集

 消費税10%と複数税率に伴って導入が予定されているインボイスの影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-写真のスキャニング・データ化
-, , , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.