子どもたちの人権

2019/11/16開催「世界道路交通被害者の日・北海道フォーラム」とは

投稿日:2016年11月10日 更新日:

eyecatch_walk

 北海道札幌市で「世界道路交通被害者の日・北海道フォーラム」という催しが毎年開催されています。
 このフォーラムは、命の尊厳が守られる社会にしたい、とお思いの方にはぜひ参加をおすすめしたい催しです。

 ここでは「世界道路交通被害者の日・北海道フォーラム」についてご紹介します。

札幌市で「世界道路交通被害者の日・北海道フォーラム」開催

 毎年11月に、札幌市において「世界道路交通被害者の日・北海道フォーラム」が開催されています。

国連が提唱した「世界道路交通被害者の日」(11月第3日曜日)に連帯した催し

 2005年10月26日、国連総会で毎年11月の第3日曜日を「世界道路交通犠牲者の日」とすることが決議されました。

 「世界道路交通被害者の日・北海道フォーラム」は国連が提唱した「世界道路交通被害者の日」に連帯して毎年開催されている行事だということです。

※以前は「世界道路交通犠牲者の日」という日本語訳が使われていましたが、最近は「世界道路交通被害者の日」という日本語訳が使われているようです。

2019年の「世界道路交通被害者の日・北海道フォーラム」の概要

 2019年11月16日(土)に、世界道路交通被害者の日・北海道フォーラム「交通死傷ゼロへの提言 2019」が開催されました。

 フォーラムの報告記事がアップされています。

主催者のサイトに掲載中のチラシの表面

日時・場所など

世界道路交通被害者の日・北海道フォーラム2019
交通死傷ゼロへの提言

とき
2019年11月16日(土)13:30〜16:30
ところ
かでる2・7 520研修室(札幌市中央区北2条西7丁目)
その他
入場無料

フォーラムの内容

【ゼロへの願い】被害者の訴え

〜こんな悲しみは、私たちで終わりにして下さい〜
「飲酒暴走の危険運転に命を奪われた妻の無念を忘れない」

【ゼロへの提言】特別講演

交通死傷ゼロと被害者の尊厳・権利
〜基本法制定から15年の課題〜

諸澤英道氏

【ゼロへの誓い】関係機関・参加者からの発言

会場への道案内

JR札幌駅からかでる2・7まで

 下図のような経路で、JR札幌駅からかでる2・7まで徒歩約14分くらいで行けます。

 雨の日は濡れるのでできるだけ地上を歩きたくないでしょう。
 下図のような経路で行くと、遠回りですがほとんどを地下道を歩けるので、あまり濡れずに済みます。

地下鉄大通駅からかでる2・7まで

 雨の日なら、大通駅から札幌地下歩行空間に進み、札幌地下歩行空間から北1条の地下通路へ進み、中央警察署前のエレベーターありの出口から地上へ出て、あとは地上を歩いてかでる2・7へ行くと、少しは雨にあたる時間を減らせます。

公式の案内が公開されている場所

 「北海道交通事故被害者の会」のウェブサイト等に公式の案内があります。

 詳しくはそちらの公式情報をご覧下さい。

いのちのパネル展 同時開催

 「世界道路交通被害者の日 北海道フォーラム2019」に合わせて、いのちのパネル展実行委員会主催の「いのちのパネル展」が開催されます。

いのちのパネル展

とき
2019年11月14日
ところ
札幌駅前通地下歩行空間

参考ウェブページ

過去の世界道路交通被害者の人・北海道フォーラム

 今までに開催された世界道路交通被害者の人・北海道フォーラムの講演テーマなどは以下のとおりです。

2018年

「クルマ優先を改め、歩行者の安全を守り抜く社会を」
「高齢者を加害者にさせないために」
伊古田俊夫氏

2017年

「安全運転法の科学的な考え方・実行法」
松永勝也氏

2016年

「今こそゾーン30と歩車分離信号の本格実施を」
長谷智喜氏

参考書籍

長谷智喜「子どもの命を守る分離信号―信号はなぜあるの?」生活思想社

2015年

「飲酒運転根絶への課題」
小佐井良太氏

2014年

「ゼロへの課題と被害者の人権」
島田尚武氏

2013年

「ワールドディの今日的課題」
小栗幸夫氏

2012年

「交通死傷被害ゼロのための刑罰見直しを」

2011年

「歩行者と自転車の道の革命〜車道至上主義から道路交通文化の時代へ」
津田美知子氏

2010年

「スウェーデンのヴィジョンゼロに学び、システムアプローチを」
今井博之氏

2009年

「まちと命を守る『脱スピード社会』を」
小栗幸夫氏

参考書籍

小栗幸夫「脱・スピード社会―まちと生命を守るソフトカー戦略」清文社

 以上、「世界道路交通被害者の日・北海道フォーラム」についてご紹介しました。

当ブログ参考記事

交通と人権の関連の本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

消費税特集

 消費税10%と複数税率に伴って導入が予定されているインボイスの影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

当事務所の紹介

-子どもたちの人権
-, ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.