カラーマネジメントの基本 カラーマネジメントでよくある疑問

インクジェットプリンターで印刷時 自分でCMYK変換する必要はない

投稿日:2016年11月29日 更新日:

 インクジェットプリンターはCMYKのインクを使っているので、写真などを印刷するときは写真の画像データをCMYKモードに変換したほうが良い印刷結果になるような気がする方もいるかもしれません。

 実際はRGBモードのままのほうが良いです。

 ここでは、インクジェットプリンターで印刷するときでも写真のデータはRGBのままで問題ないことをご説明します。

※私たちユーザーがプリンターを使う時に役に立つ範囲で述べます。
実際はプリンターによってもっと色々複雑な処理をしていると思います。

インクジェットプリンターで印刷するとき、色はどこでどのように変換されるか

RGBの写真をプリンターで印刷するときデータの流れ

 RGBの写真のデータをインクジェットプリンターで印刷するとき、データの流れは大まかには以下のような雰囲気です。

 RGBの色がアプリケーションソフトからプリンタードライバーに送られます。

 プリンタードライバーが、送られてきたRGBの色をインクジェットプリンターで再現するために、最適なCMYKのインクの出し方を計算してプリンターに送ります。

 プリンターからRGBの色を再現した写真が印刷されます。

プリンタードライバーがプリンターのCMYK(+α)のインク量へ変換する処理をしてくれる

 プリンターのインクはCMYK、あるいはCMYK+何色かのインクです。

 このプリンターの各インクの出し方については、プリンタードライバーが私たちユーザーの見えないところで計算して調節しています。
 私たちユーザーはプリンタードライバーに任せて、気にしなくて大丈夫です。

PhotoshopなどでCMYKモードにしたときのCMYKはたいていオフセット印刷のCMYK

 確かに、ユーザーがAdobe® Photoshop®などを使って写真のデータをRGBからCMYKに変換することはできます。

 ところが、Photoshopなどで自分でCMYK変換した場合、たいていはオフセット印刷に最適なCMYKのデータに変換されます。
 PhotoshopなどでCMYK変換するとき、通常は何らかのCMYKカラープロファイルが使用されます。よく名前を聞く「JapanColor」や「SWOP」という文字が入っていたり「FOGRA」という文字が入っているものはオフセット印刷用のCMYKカラープロファイルです。

 インクジェットプリンターで印刷するときに、オフセット印刷用のCMYKに変換しても、インクジェットプリンター専用のCMYKのインク量に変換しているわけではないので、意味がありません。
 それどころか、RGBより色域の狭いCMYKに変換することで色が失われてしまいます。

結論 できるだけ色の情報をたくさん持ったRGBデータのまま印刷する

 インクジェットプリンターのCMYKの各インク量への変換は、私たちユーザーが手を出す前提にはなっていません。

 写真などの画像データを印刷するときは、できるだけ色の情報を豊富に持っているRGBデータのまま印刷して、CMYKの各インク量への変換はプリンタードライバーに任せましょう。

 プリンタードライバーがプリンターの色域を最大に活かして、RGBの色を再現する努力をしてくれます。

 以上、インクジェットプリンターで印刷するときでも写真のデータはRGBのままで問題ないことをご説明しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

ムック

カラーマネジメントの本



-カラーマネジメントの基本, カラーマネジメントでよくある疑問
-, ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2018 All Rights Reserved.