InDesignからCMYK印刷の色でプリンター出力する方法

 事務所にRIPのあるレーザープリンターなどがあり、オフセット印刷の色をシミュレートして出力できる場合もあるでしょう。
 高価なプリンターがなくても、普通のインクジェットプリンターで簡易的になら同じように出力できます。
 Adobe® InDesign®から、普通のインクジェットプリンターでCMYKのオフセット印刷の色で出力する方法をご紹介します。

InDesignから印刷結果の色でプリンター出力するまでの、おおまかな流れ

 この説明では、InDesignのドキュメント内のオブジェクトやリンク画像などは、すべてCMYKで作っておくことにします。

 その上で、下図のような流れでプリンター出力します。
 ドキュメントのプロファイルとして、予定している印刷の条件を示すCMYKプロファイルを指定し、プリンタープロファイルを使用してインクジェットプリンターから通常のカラーマネジメントによる出力を行います。

CMYKの印刷の色でプリンター出力する流れ

CMYKの印刷の色でプリンター出力する流れ

RIPのあるカラーマネジメント機能付のレーザープリンター等の場合

 業務用の、RIPのあるカラーマネジメント機能付のレーザープリンター等の場合、上記の流れとは違う場合も多いです。

 業務用のプリンターで印刷結果をシミュレートするときは、以下のような流れが多いと思われます。

 CMYKでドキュメントを作ります。
 プリンターにデータをそのまま送ります。
 プリンターではドキュメントに含まれているCMYKプロファイルはすべて無視して、RIPなどに設定してあるCMYKプロファイルを使って印刷の色をシミュレートします。
 プリンターに入れてある測色値を使ったりしながらキャリブレートされた状態でプリンター出力されます。

InDesign®で印刷の色をシミュレートしてプリンター出力する、具体的な手順

手順1 InDesignのカラー設定

 通常の、CMYKの印刷用データを作る時のカラー設定にします。

参考記事

InDesignのカラー設定 カラーマネジメントに則った作業をするために
 Adobe® InDesign®でデータを作成するとき、カラー設定の内容が適切でないと色がおかしくなって、作業も終盤になってから気づいた場合収拾がつかなくなります。  ここではカラーマネジメントに則った作業を...

変換オプション-マッチング方法 について

 この説明は細かい話です。ある程度で出力できるだけで良ければ無視しても大丈夫です。

 カラー設定にある、変換オプションのマッチング方法の設定は、リンク画像のCMYK変換で採用したレンダリングインテントと同じにした方が良いでしょう。

 配置する写真のデータをCMYK変換する際、レンダリングインテントに「相対的な色域を維持」を使った場合、InDesignのカラー設定の「マッチング方法:」も「相対的な色域を維持」に設定しておきます。

 もしこの設定が写真の画像データのCMYK変換時に使ったものと異なっている場合は次のようなことが起きます。

 写真のRGB画像を「相対的な色きを維持」でCMYK変換したとします。一方、InDesignのカラー設定の「マッチング方法」は「知覚的」にしていたとします。
 InDesignにCMYK画像を配置します。
 [ 表示 > 色の校正 ]を使い、リンク画像のCMYKプロファイルと同じCMYKプロファイルで色の校正を行います。
 そのとき、すでに色の校正の設定のプロファイルと同じプロファイルでCMYKになっていて変化しないはずの写真の色が、少し変化します。

 「相対的な色域を維持」でプロファイル変換したリンク画像の色が、カラー設定のマッチング方式に設定してある「知覚的」でプロファイル変換したときの色に変化してしまうため起こるようです。

 同じRGB画像のCMYK変換結果で、レンダリングインテントが「知覚的」と「相対的な色域を維持」の差なのでそれほど大きな差ではありませんが、印刷会社で画像をあつかっている場合などでは問題になる恐れがあります。

参考記事

「知覚的」「相対的な色域を維持」どちらを選べば良いか プロファイル変換やプリント設定において
 写真等のデータをプロファイル変換するとき、マッチング方法を選びます。  印刷するときのプリント設定でも、マッチング方法を選びます。  このとき、「知覚的」「相対的な色域を維持」などのうちどれを選べば良いか迷う人も多いでしょ...

手順2 InDesignでCMYKのドキュメントを作る

 予定している印刷の条件を意識して、プロファイルの指定などを行ってドキュメントを作成します。

 配置するリンク画像もCMYKに変換したものを配置します。

参考記事

InDesignのカラーマネジメント 印刷結果の色を正確に表示する方法
 Adobe® InDesign®で印刷結果の色を正しく表示して作業するには、単純にカラー設定で「プリプレス日本2」を選んでもうまくいかない場合もあります。  ここではInDesignで印刷結果の色を正しく表示して...

手順3 プリンタープロファイルを使用し、プリントの設定をしてプリント実行

 [ ファイル > プリント ]と進み、プリントのウィンドウを表示します。

プリントの設定画面

プリントの設定画面

  • プリント
    ドキュメントのオブジェクトや画像はすべてCMYKで作成してあり、すでにCMYKの印刷結果の色で表示を行っているので、「校正」を選ぶ必要はありません。「ドキュメント」を選びます。
  • オプション – カラー処理
    InDesignでカラーを決定を選びます。
  • プリンタープロファイル
    プリンターメーカー支給のプリンタープロファイルを使用する場合は、出力するプリンターメーカー純正紙とプリンターの組み合わせに対応するプリンタープロファイルを選択します。
     自作のプリンタープロファイルを使用する場合は、ここでそれを選びます。

 プリンターをクリックして、プリンタードライバーの設定画面を開き、以下の手順でプリンタードライバーでの色補正をなしに設定します。
(この説明ではEPSON®のプリンターで説明します。)

 カラー・マッチングEPSON Color Controlsを選びます。
ColorSyncを選ぶと強制的にプリンタープロファイルが適用されて、色補正なしに設定できないからです。)

プリンタードライバーのカラー・マッチングの設定

プリンタードライバーのカラー・マッチングの設定

 プリンタードライバーの印刷設定の内容を設定します。

プリンタードライバーの印刷設定

プリンタードライバーの印刷設定

  • 用紙種類
    プリンターメーカー純正紙の場合はその用紙名を選びます。
    自作のプリンタープロファイルの場合は、プロファイル作成用のカラーチャートを出力したときと同じ用紙種類を選びます。
  • カラー調整
    色補正はInDesign側で行うので、プリンタードライバーでは色補正なしを選びます。
  • 印刷品質
    プリンターメーカー純正紙の場合は、メーカーが指定する印刷品質を選びます。
    自作のプリンタープロファイルの場合は、プロファイル作成用のカラーチャートを出力したときと同じ印刷品質を選びます。
  • 双方向印刷
    よほど急いでいない限りはチェックを外します。

 プリントをクリックして閉じます。

 InDesignのプリント画面でプリントをクリックして出力を開始します。

 以上、InDesign®から、普通のインクジェットプリンターでCMYKのオフセット印刷の色で出力する方法をご紹介しました。

参考記事

InDesignでRGBデータを扱う カラー設定や色の表示の関係について
 Adobe® InDesign®でRGBデータを扱う場合、カラー設定やその他の設定次第で、同じRGBデータでも別な色に表示されたりします。  ここでは、InDesignでRGBデータを扱う場合のカラー設定や色の表...
インクジェットプリンタでオフセット印刷の色をシミュレートする手順
 家庭用インクジェットプリンターでオフセット印刷の色をシミュレートすることはできます。  ただし、プリンターの色域や階調の再現性、デバイスのキャリブレーションの精度などの問題その他の影響で、シミュレートの正確さは大きく異なってくる...
Illustratorで印刷用CMYKデータ作成 印刷結果の色を確認する方法
 Adobe® Illustrator®等でオフセット印刷用のデータを作成する機会が増えています。  また、印刷の標準化もすでにかなり進んでいます。  しかし、依然としてデータ作成段階では印刷結果がどういう色にな...
Japan ColorをシミュレートできるICCプロファイル
 Adobe®のカラーマネジメント対応ソフトなどでJapanColorの色をシミュレートするには、JapanColorの色を示したICCプロファイルが必要です。  ここでは、JapanColorをシミュレートできるICCプ...
プリンターの色管理 プリンターのプロファイルはどのように作るのか
 プリンターの出力用カラープロファイルを作成し、そのプロファイルを使って実際にプリンター出力を行うまでの手順は、様々な出力設定をしたり適切にプロファイルを選択したり色々とややこしいです。  詳しい説明を見ると、ややこしくて頭が混乱...