カラーマネジメント対応ソフトの操作

InDesignのカラー設定 カラーマネジメントに則った作業をするために

投稿日:2016年3月6日 更新日:

indesign-color

 Adobe® InDesign®でデータを作成するとき、カラー設定の内容が適切でないと色がおかしくなって、作業も終盤になってから気づいた場合収拾がつかなくなります。

 ここではカラーマネジメントに則った作業をするためのInDesignのカラー設定についてご説明します。

InDesignのカラー設定

カラーマネジメントにあまり慣れていない場合

 それほどカラーマネジメントの仕組みに慣れていない場合は、InDesignのカラー設定は、よく教則本に載っている「プリプレス用-日本2」の内容でほぼ問題ないでしょう。

InDesignのカラー設定

InDesignのカラー設定

カラーマネジメントに慣れている場合、正確に最終出力を意識して作業する場合

 「プリプレス用-日本2」の設定では、例えばCMYKの作業用スペースがJapan Color 2001 Coatedになっています。
 これは、ジャパンカラーの条件でコート紙に枚葉オフセット印刷を行った時の印刷結果に近い色を示しているプロファイルです。

 ジャパンカラーの条件でコート紙に枚葉オフセット印刷を行う、というケース以外では、CMYKの作業用スペースがJapan Color 2001 Coatedになっているとうまくいかないこともあります。

 カラーマネジメントに慣れていて、オフセット印刷など最終出力の条件を意識してデータ作成を行うためには、「プリプレス用-日本2」を選ぶだけではうまくいきません。

 色々と判断することが多く、別の記事でまとめていますのでご参照下さい。

当ブログ参考記事

 以上、InDesignのカラー設定についてご説明しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

ムック

カラーマネジメントの本

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-カラーマネジメント対応ソフトの操作
-, , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.