ディスプレイとプリンターの色合わせ

EPSON® Imaging WorkShopの印刷方法の一例、便利な使い道

投稿日:2016年6月14日 更新日:

eyecatch_i_workshop

 EPSONのプリンターをお持ちの方で、付属ソフトの「Imaging WorkShop」で写真をプリンター出力している方は多いのではないでしょうか。

 ここでは、「Imaging WorkShop」で写真のデータをプリンター出力するときの手順の一例、便利な用途などをご紹介します。

「Imaging WorkShop」は画像データの埋め込みプロファイルを読んでくれる

 「Imaging WorkShop」は、画像データの埋め込みプロファイルをきちんと読み取ってくれるようです。
 よって、「Imaging WorkShop」でプリンター出力する前提なら、プロファイル埋め込みで保存さえすれば、画像データはどんなカラースペースで作っても大丈夫と思われます。

実際、埋め込みプロファイルが異なり見た目が同じ写真を「Imaging WorkShop」からプリンター出力すると同じ結果になる

 実際に、一つの写真を、sRGB、AdobeRGBにそれぞれプロファイル変換して、「Imaging WorkShop」で出力するとほぼ同じ出力結果になりました。

 よって「Imaging WorkShop」は画像データの埋め込みプロファイルをきちんと読んでくれると分かります。

sRGBとAdobeRGBで極わずかに見た目が違った

 細かく言うと、sRGB、AdobeRGB埋め込みのデータの出力結果で、ほんの少し違いました。一般的な写真の出力であれば問題にならないくらいの違いです。
 なぜ違いが出るのかは、ソフトの中での処理がよく分からないので分かりません。

 ある意味、ソフトの中での処理がよく分からない部分があることで、詳しくなくても意外と簡単にカラーマネジメントを利用したプリンター出力ができるようになっていると思われます。

カラーマネジメントの種類が2つある

 「Imaging WorkShop」では、カラーマネジメントの方法を「ダイレクトマネジメント」「ICCプロファイルによるマネジメント」の二種類から選べます。

同じ写真を「ダイレクトマネジメント」「ICCプロファイルによるマネジメント」でそれぞれプリンター出力してみる

 実際に同じ写真を「ダイレクトマネジメント」「ICCプロファイルによるマネジメント」でそれぞれプリンター出力してみると、どちらを使っても、だいたい同じ出力結果です。

「ダイレクトマネジメント」と「ICCプロファイルによるマネジメント」で極わずかに見た目が違う

 細かく言うと、「ダイレクトマネジメント」「ICCプロファイルによるマネジメント」で少し出力結果が違いました。
 処理の仕方が少し違うので、当然だとは思います。

 出力結果が違うと言っても、一般的な写真の出力であれば特に気にする必要がないくらいの差です。

AdobeRGBの写真をEPSON純正紙に印刷するとき「Imaging WorkShop」が便利

 「Imaging WorkShop」は埋め込みプロファイルを読んでくれるようなので、AdobeRGBの画像データを正確にプリンター出力したいときに便利です。

EPSON純正紙以外でも出力できる

 プリンタープロファイルがあれば、「Imaging WorkShop」は、EPSON純正紙以外の用紙にも印刷できます。

 EPSON純正紙以外を使用する場合、その用紙とEPSONのプリンターの組み合わせに対応するカラープロファイルを用意し、「Imaging WorkShop」に登録して印刷します。

 ただし、プリンター付属のプリンタープロファイル以外のプロファイルを使用するのは、カラーマネジメントの仕組みにある程度慣れていないとややこしいです。
 あまりカラーマネジメントに慣れていなければ、EPSON純正紙を使うのが便利です。

「Imaging WorkShop」で写真を印刷する、作業の流れの具体例

 「Imaging WorkShop」で印刷する場合の具体例を以下にあげます。

例1 デジカメでAdobeRGBで撮影する場合

  1. 【デジカメ】 AdobeRGBで撮影
  2. 【写真編集ソフト】 作業用カラースペースAdobeRGBで作業
  3. 【画像データ保存】 AdobeRGB埋め込みで保存
  4. 【印刷】 「Imaging WorkShop」でEPSON純正紙に出力

例2 デジカメでsRGBで撮影する場合

  1. 【デジカメ】 sRGBで撮影
  2. 【写真編集ソフト】 AdobeRGBにプロファイル変換、AdobeRGBカラースペース上でレタッチ作業
  3. 【画像データ保存】 AdobeRGB埋め込みで保存
  4. 【印刷】 「Imaging WorkShop」でEPSON純正紙に出力

例3 デジカメでRAWで撮影する場合

  1. 【デジカメ】 RAWで撮影
  2. 【現像ソフト】 現像し、AdobeRGBで画像を書き出す
  3. 【写真編集ソフト】 AdobeRGBカラースペース上でレタッチ作業
  4. 【画像データ保存】 AdobeRGB埋め込みで保存
  5. 【印刷】「Imaging WorkShop」でEPSON純正紙に出力

例4 スキャナーで写真をスキャニングする場合

  1. 【スキャニング】 スキャナードライバー、ユーティリティーソフトの自動色補正に任せてスキャニング
  2. 【スキャン済みデータ】 スキャナーのドライバーが何らかのカラープロファイルを埋め込んでくれる
  3. 【写真編集ソフト】 AdobeRGBにプロファイル変換、AdobeRGBカラースペース上でレタッチ作業
  4. 【画像データ保存】 AdobeRGB埋め込みで保存
  5. 【印刷】 「Imaging WorkShop」でEPSON純正紙に出力

作成したイラストを出力するのにも使える

 広い色域のカラースペースでイラストを作成したものの、プリンター出力すると変な色になる、というようなことでお悩みの場合にも「Imaging WorkShop」は便利でしょう。

作業の流れの例 イラストを描く場合

  1. 【写真編集ソフトなど】 AdobeRGBなど広い色域のカラースペースでイラスト作成
  2. 【画像データの保存】 作業用カラースペースのプロファイルを埋め込みで保存
  3. 【印刷】 「Imaging WorkShop」でEPSON純正紙に出力

 以上、「Imaging WorkShop」で写真のデータをプリンター出力するときの手順の一例、便利な用途などをご紹介しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

写真編集ソフト

ムック

カラーマネジメントの本

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-ディスプレイとプリンターの色合わせ
-, , , , , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.