カラーマネジメント対応ソフトの操作

「ドキュメントには、現在のCMYK作業用スペースと異なるカラープロファイルが埋め込まれています。」と表示されたときの対応方法

投稿日:

 Adobe® Illustrator®でドキュメントを開いた時、「ドキュメントには、現在のCMYK作業用スペースと異なるカラープロファイルが埋め込まれています。」と表示されることがあります。

 作業をしていると頻繁に表示されよく目にしますが、このダイアログの意味は意外とややこしいです。

 ここでは上記の表示がされた場合の対応方法をご紹介します。

ドキュメント、またはリンク画像等のプロファイルが、作業用スペースのプロファイルと異なるときに表示される

ドキュメントのプロファイル

 イラストレーターのドキュメント自体にプロファイルを埋め込むことができます。

 メニューから[編集>プロファイルの指定]と進み、プロファイルを指定し、ドキュメントを保存すると、プロファイルをドキュメントに埋め込めます。

リンク配置しているオブジェクトのプロファイル

 リンク画像など、イラストレーターのドキュメントにリンク配置しているオブジェクト類にもプロファイルを埋め込むことができます。

 画像やその他のオブジェクトなど、リンクして配置したいものを作成したソフトでプロファイルを埋め込みます。
 例えば画像をAdobe® Photoshop®で作成するなら、Photoshopでプロファイルを指定して保存することで、プロファイルを埋め込めます。

イラストレーターの作業用スペースのプロファイル

 個々のドキュメントとは別に、イラストレーターのカラー設定で作業用カラースペースとしてプロファイルを設定します。

 メニューから[編集>カラー設定]と進み、作業用スペースにプロファイルを指定することで設定できます。

作業用スペースが他の2つのプロファイルと一致していない場合にダイアログが表示される

 イラストレーターのドキュメントを開く時、主に上記の3種類くらいのプロファイルの扱い方で表示色が変わる場合があります。

 作業用スペースのプロファイルと、他の2つ“ドキュメントのプロファイル”と“リンク配置したオブジェクトのプロファイル”が異なっていると、「埋め込まれたプロファイルの不一致」のダイアログが表示され、以下のような注意が表示されます。

ドキュメントには、現在のCMYK作業用スペースと異なるカラープロファイルが埋め込まれています。

「埋め込まれたプロファイルの不一致」のダイアログへの対応方法

 「埋め込まれたプロファイルの不一致」のダイアログへの具体的な対応方法は、当ブログの以下の記事をご参照ください。

 以上、Adobe® Illustrator®でドキュメントを開いた時に表示される、「ドキュメントには、現在のCMYK作業用スペースと異なるカラープロファイルが埋め込まれています。」というダイアログの対応方法についてみてみました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

カラーマネジメントの本

写真スキャニングサービス

 写真スキャニングサービスの大手「節目写真館」でキャンペーン実施中とのことです。

税制問題特集

2019参院選は終わりましたが、消費増税の是非について引き続き議論が続いています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、主権者として判断の参考になる動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-カラーマネジメント対応ソフトの操作
-, ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.