カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜

カラーマネジメント、フォトレタッチ、画像関連の知識、Photoshopやカラーマネジメントツールの具体的な操作やテクニックなどを紹介するブログです。

カラーマネジメントに則った作業をするためのIllustratorのカラー設定

      2018/10/15

illustrator-color

 Adobe® Illustrator®で作業するとき、カラー設定の内容が適切でないと色がおかしくなって、作業も終盤になってから何かおかしいと気づいても収拾がつかなくなります。

 ここではカラーマネジメントに則った作業をするためのIllustratorのカラー設定についてご説明します。




Illustratorのカラー設定

 一般的な教則本などの説明に則って作業する場合、Illustratorのカラー設定はプリセットの「プリプレス用-日本2」の内容で特に問題ないでしょう。

操作 [ 編集 > カラー設定 ]で、カラー設定画面を出します。

操作 「設定」の欄に「プリプレス用-日本2」を選びます。

Illustratorのカラー設定

▲Illustratorのカラー設定

 以上でIllustratorのカラー設定は終了です。

補足説明

  • 印刷関連業界の人なら、CMYKの作業用スペースは最終出力の条件次第で変えるケースはあります。
  • web用のデータを作成する場合はRGBの作業用スペースをsRGBにした方が良い場合もあるでしょう。
  • RGBデータをリンク配置して最終的なPDF書き出し時にCMYK変換してしまう、という方法をとるならリンク配置するRGBデータのカラープロファイルに合わせてRGBの作業用スペースを選択するということもあり得ます。
  • 異なるカラースペースで作成されているデータをイラストレータにリンク配置するのは避けた方が無難です。非常にややこしくプロファイルの指定や変換がどうなされているか把握しきれなくなり、カラー設定だけではうまくいかないからです。

 以上、カラーマネジメントに則った作業をするためのIllustratorのカラー設定についてご説明しました。

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

カラーマネジメントの本

 - カラーマネジメントの実践 , , , , ,