カラーマネジメント対応ソフトの操作 Illustratorに関する記事

Illustratorのカラー設定 カラーマネジメントに則った作業をするために

投稿日:2016年3月6日 更新日:

illustrator-color

 Adobe® Illustrator®で作業するとき、カラー設定の内容が適切でないと色がおかしくなって、作業も終盤になってから何かおかしいと気づいても収拾がつかなくなります。

 ここではカラーマネジメントに則った作業をするためのIllustratorのカラー設定についてご説明します。

Illustratorのカラー設定

 一般的な教則本などの説明に則って作業する場合、Illustratorのカラー設定はプリセットの「プリプレス用-日本2」の内容で特に問題ないでしょう。

操作 [ 編集 > カラー設定 ]で、カラー設定画面を出します。

操作 「設定」の欄に「プリプレス用-日本2」を選びます。

Illustratorのカラー設定

▲Illustratorのカラー設定

 以上でIllustratorのカラー設定は終了です。

補足説明

印刷関連業界の場合

 「プリプレス用-日本2」の場合、CMYKの作業用スペースが「Japan Color 2001 Coated」になっています。
 これはジャパンカラーの条件でコート紙に枚葉オフセット印刷を行う場合の色に近いカラースペースです。

 ジャパンカラーの条件でコート紙に枚葉オフセット印刷を行う、というケース以外の場合、Japan Color 2001 Coatedを設定しているとうまく作業ができないこともあります。

 そこで、印刷関連業界の人なら、CMYKの作業用スペースは最終出力の条件次第で変えるケースはあります。

当ブログ参考記事

WEB関連業界の場合

 「プリプレス用-日本2」は主にオフセット印刷を前提にしたカラー設定になっています。

 この設定のままRGBのデータを作り、そのまま単純にウェブサイトに掲載した場合、意図している色とは異なる色で表示される可能性が高いです。

 そこで、web用のデータを作成する場合は別のプリセットを選ぶなどして、RGBの作業用スペースをsRGBにした方が良いでしょう。

当ブログ参考記事

リンク配置する画像等のプロファイルとの関係

 RGBデータをリンク配置して最終的なPDF書き出し時にCMYK変換する、という方法で作業を行う場合もあるでしょう。

 その場合は、リンク配置するRGBデータのカラープロファイルに合わせてイラストレーターのカラー設定のRGBの作業用スペースを選択するということもあり得ます。

 異なるカラースペースで作成されているデータをイラストレータにリンク配置するのは避けた方が無難です。非常にややこしくプロファイルの指定や変換がどうなされているか把握しきれなくなり、カラー設定だけではうまくいかないからです。

当ブログ参考記事

 以上、カラーマネジメントに則った作業をするためのIllustratorのカラー設定についてご説明しました。

当ブログ参考記事

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正

  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理

  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ

など

カラーマネジメントの本

消費税特集

 消費税10%と複数税率に伴って導入が予定されているインボイスの影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

-カラーマネジメント対応ソフトの操作, Illustratorに関する記事
-, , , , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.