カラーマネジメント対応ソフトの操作

Illustratorのカラー設定 詳しい人が印刷用データ作成をするとき

投稿日:2016年11月12日 更新日:

 Adobe® Illustrator®のカラー設定は、教則本で説明されている通り「プリプレス用 日本2」のプリセットを選んでいる方が多いのではないでしょうか。

 これで問題ないことも多いですが、ある程度詳しくなってくると、オフセット印刷用のデータを作成するときなどは単純に「プリプレス用 日本2」を選んでも適切でない場合が出てきます。

 ここでは、詳しい人がIllustratorで印刷用データ作成をするときのカラー設定について述べてみます。

Illustratorで印刷用のデータを作成するときのカラー設定の方法

illustrator_colorsetting

Illustratorのカラー設定の例

まず「プリプレス用 日本2」を選ぶ

 まずは「プリプレス用 日本2」のプリセットを選びます。
 「プリプレス用 日本2」のプリセットを選べば、ほとんどの項目は問題ありません。
 問題なのは、作業用スペースの欄にあるCMYKのカラースペースの設定です。

次に、作業用スペースのCMYKの欄を変更する

 作業用スペースのCMYKのカラースペースが「Japan Color 2001 Coated」になっています。
 この設定のままだと、コート紙に枚葉オフセット印刷する場合はある程度うまくいきます。
 ところが、コート紙以外の用紙に印刷したり、枚葉機以外の印刷機で印刷したりする場合はうまくいきません。

 そこで、用紙や印刷方法によって設定を変えます。

コート紙に枚葉オフセット印刷する場合

 コート紙に枚葉オフセット印刷する場合は「Japan Color 2001 Coated」のままでも大丈夫です。

 現在はコート紙へのJapan Color 標準印刷の条件に合わせて作成された「Japan Color 2011 Coated」があるので、それに設定しても良いでしょう。

 このように設定すれば、IllustratorでCMYKドキュメントを作成した場合、配置したCMYKオブジェクトやCMYKのリンク画像は、コート紙にJapanColor標準印刷の条件で枚葉オフセット印刷したときの印刷結果に近い色で表示されます。

上質紙にオフセット印刷する場合

 コート紙のようにコーティングされていない、上質紙にオフセット印刷する場合は、「Japan Color 2001 Uncoated」に設定します。

 このように設定すれば、IllustratorでCMYKドキュメントを作成した場合、配置したCMYKオブジェクトやCMYKのリンク画像は、上質紙に枚葉オフセット印刷したときの印刷結果に近い色で表示されます。

※ただし、上質紙へのオフセット印刷はコート紙へのオフセット印刷ほど標準化されていないので、あくまで「ある程度近い」というレベルです。

コート紙にオフセット輪転機で印刷する場合

 コート紙にオフセット輪転機で印刷する場合、「Japan Color 2003 Web Coated」に設定します。

 このように設定すれば、IllustratorでCMYKドキュメントを作成した場合、配置したCMYKオブジェクトやCMYKのリンク画像は、コート紙にオフセット輪転機で印刷したときの印刷結果に近い色で表示されます。

※ただし、Japan Color 2003 Web Coatedは印刷を標準化している機関が提供しているカラープロファイルというわけではないので、あくまで「ある程度近い」という認識で作業する必要があります。

最終的には印刷所次第

 いろいろなCMYKカラースペースの設定をご紹介しましたが、この目安が適切かどうかは最終的には印刷所によって変わってきます。

 コート紙に枚葉オフセット印刷をする場合、Japan Color 2011 Coatedのカラースペースで作業して、JapanColor標準印刷認証を持っている印刷所で印刷すれば、ディスプレイで確認していたときとある程度近い色に印刷されます。

 一方、これ以外の場合は標準化機関が存在してどこの印刷所も同じ基準で印刷している、というわけではないため、印刷所の色校正の色を十分確認する必要があります。

JMPAカラーの基準でデータ作成する場合

 日本雑誌協会(JMPA)JMPAカラー(雑誌広告基準カラー)でデータ作成をする場合、「Japan Web Coated(Ad)」に設定するのが無難です。

 このように設定すれば、IllustratorでCMYKドキュメントを作成した場合、配置したCMYKオブジェクトやCMYKのリンク画像は、JMPAカラーに近い色で表示されます。

 ただし、Japan Web Coated(Ad)」はJMPAカラーの公式のICCプロファイルというわけではありません。JMPAカラーの基準はあくまで基準に準拠したDDCP出力の色で、Illustratorなどのアプリケーションソフト用のICCプロファイルは配布されていません。
 よって、「Japan Web Coated(Ad)」はあくまで目安と認識して使用する必要があります。
 目安として使って、最終的にはDDCP出力で色を確認します。

参考ウェブサイト

 以上、詳しい人がIllustratorで印刷用データ作成をするときのカラー設定について述べました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

カラーマネジメントの本



-カラーマネジメント対応ソフトの操作
-, ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2018 All Rights Reserved.