カラーマネジメント対応ソフトの操作

RGBのIllustratorドキュメントをCMYK変換 変換後のCMYK値の意味

投稿日:2018年10月30日 更新日:

 Adobe® Illustrator®RGBのドキュメントをCMYKに変更すると、中途半端なCMYK値になります。
 さらに、RGB値を見るとRGB値も変化しています。

 ここではIllustratorドキュメントをRGBからCMYKに変換したとき、どのようなCMYK値になるのかを見てみます。

Illustratorは正確にプロファイル変換してくれている

Illustratorで、RGBのドキュメントをCMYKに変換してみる

 この説明では、前提条件としてIllustratorのカラー設定を「プリプレス用-日本2」のプリセットにしておきます。

Illustratorのカラー設定

 RGBのドキュメントを作り、RGB(150,130,200)のオブジェクトを作ってみます。
 「プリプレス用-日本2」でRGB作業用スペースAdobeRGBになっているため、AdobeRGBのドキュメントになります。

IllustratorのRGBのオブジェクト

RGBのオブジェクトのRGB値

 メニューの[ファイル>ドキュメントのカラーモード>CMYKカラー]で、CMYKに変換します。
 「プリプレス用-日本2」でCMYK作業用スペースJapan Color 2001 Coatedになっているため、Japan Color 2001 Coatedに変換されます。

 その結果、RGB(150,130,200)のオブジェクトが「C46.8 M52.3 Y0 K0」になりました。

CMYK変換後のオブジェクト

CMYK変換後のCMYK値

PhotoshopでRGBからCMYKにプロファイル変換した時と同じ結果

 上記のRGBからCMYKへの変換結果は、Adobe® Photoshop®でRGBからCMYKへプロファイル変換したときとほぼ同じ結果です。

 前提として、Photoshopのカラー設定を「プリプレス用-日本2」のプリセットにしておきます。

Photoshopのカラー設定

 Photoshopで、RGB(150,130,200)のドキュメントを作成します。

PhotoshopのRGBドキュメント

 メニューから[編集>プロファイル変換]と進み、CMYKの作業用スペースにプロファイル変換します。

作業用スペースのCMYKプロファイルにプロファイル変換

 RGB(150,130,200)「C47 M53 Y0 K0」になります。

CMYKにプロファイル変換後のCMYK値

 まとめると以下のようになりました。

illustratorでカラーモード変更
RGB(150,130,200) → 「C46.8 M52.3 Y0 K0」
Photoshopでプロファイル変換
RGB(150,130,200) → 「C47 M53 Y0 K0」

 ±1くらいの誤差はありますが、ほぼ同じ結果になりました。

 このように、IllustratorでRGBのドキュメントのカラーモードをCMYKに変更した場合、ほぼ正確にプロファイル変換してくれます。
 正確にプロファイル変換されるため、カラーモード変更後のCMYK値は中途半端な数値になります。

IllustratorのCMYKドキュメントが示すRGB値の意味

 CMYKにカラーモードを変更したIllustratorドキュメント上のオブジェクトについて、カラーパネルRGB値を見てみます。
 すると、RGB(143,127,182)になっており、CMYK変換前のRGB(150,130,200)と異なる数値になっています。

CMYK変換後のオブジェクトが示すRGB値

 このRGB値は、現在のCMYKオブジェクトをRGBにプロファイル変換したときの数値を示しています。

 試しに、Photoshopで現在のIllustratorのCMYKオブジェクトと同じ色のCMYKドキュメントを作り、RGBにプロファイル変換してみます。

 Photoshopで「C46.8 M52.3 Y0 K0」のドキュメントを作成します。(四捨五入して「C47 M52 Y0 K0」にします)

C47 M52 のPhotoshopのドキュメント

 RGBの作業用スペースであるAdobeRGBにプロファイル変換します。

 その結果、RGB(143,127,182)になります。

AdobeRGBにプロファイル変換

AdobeRGBにプロファイル変換後のRGB値

 まとめると以下のようになり、ほぼ同じ数値になりました。

  • IllustratorのCMYKドキュメントの「C46.8 M52.3 Y0 K0」のドキュメントが示すRGB値はRGB(143,127,182)
  • PhotoshopのCMYKドキュメントの「C47 M52 Y0 K0」をRGBにプロファイル変換した結果はRGB(143,127,182)

Illustratorのカラー設定次第でCMYK変換結果のCMYK値は変わる

 上記の例はすべてカラー設定を「プリプレス用-日本2」にした場合です。

 カラー設定の作業用スペースで指定するカラープロファイルによって、CMYK変換後のCMYK値は変わります。

CMYKのカラースペースを「Japan Color 2001 Uncoated」にしてCMYK変換してみる

 「プリプレス用-日本2」ではCMYKの作業用スペースにJapan Color 2001 Coatedが指定されています。
 今、作業用スペースのCMYKの欄に「Japan Color 2001 Uncoated」を指定してみます。

カラー設定の作業用スペースにJapan Color 2001 Uncoatedを指定

 先ほどと同じくRGBドキュメントにRGB(150,130,200)のドキュメントを作成し、カラーモードをCMYKに変更します。

 その結果、「C39 M47.6 Y0 K0」になります。
 これは、PhotoshopでAdobeRGBのドキュメント上のRGB(150,130,200)をJapan Color 2001 Uncoatedにプロファイル変換したときとほぼ同じ結果です。

CMYK変換後のCMYK値

 前記の例と比較すると以下のようになります。

作業用スペース CMYK:「Japan Color 2001 Coated」
RGB(150,130,200) → 「C46.8 M52.3 Y0 K0」
作業用スペース CMYK:「Japan Color 2001 Uncoated」
RGB(150,130,200) → 「C39 M47.6 Y0 K0」

 以上、IllustratorドキュメントをRGBからCMYKに変換したとき、どのようなCMYK値になるのかを見てみました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

DTPの本

カラーマネジメントの本



平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-カラーマネジメント対応ソフトの操作
-, , , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.