カラーマネジメント対応ソフトの操作

InDesignでRGBデータを扱う カラー設定や色の表示の関係について

投稿日:2017年1月13日 更新日:

 Adobe® InDesign®でRGBデータを扱う場合、カラー設定やその他の設定次第で、同じRGBデータでも別な色に表示されたりします。
 ここでは、InDesignでRGBデータを扱う場合のカラー設定や色の表示のされ方の関係についてご紹介します。

InDesign®のカラー設定

 作業のしやすさや段取り次第で設定は色々ありえますが、この説明では以下のように「Web・インターネット用-日本」を選んでおきます。

カラー設定

作業用スペース - RGB

 ウェブ用であれば、最終出力先はウェブサイトを閲覧する人が使っているディスプレイです。
 ディスプレイによって色がまちまちなので、現状でどのディスプレイの表示色からも最も近い色を選ぶとすれば標準色空間のsRGBということになります。

 ウェブ以外の用途で、sRGBより色域の広いプリンター等で出力する場合ならAdobeRGBなど他のRGBプロファイルを選択することもあるかもしれません。

作業用スペース - CMYK

 画像やオブジェクトはすべてRGBだけにし、CMYKのオブジェクトやリンク画像は配置しないように作業を進めるなら、この設定は何でもかまいません。

InDesignのドキュメント内にCMYK画像を配置する予定なら

 何かの事情でCMYKのリンク画像などを配置する予定なら、CMYKのリンク画像のプロファイルと同じCMYKプロファイルを選ぶ必要があります。

 もしプロファイルが異なる複数のCMYKプロファイル埋め込み画像データを配置しなければならない場合は、「カラー値を保持(リンクされたプロファイルを無視)」ではなく「埋め込まれたプロファイルを保持」に設定しておきます。

ややこしいので画像の部署の人にプロファイル変換を依頼した方が良い

 InDesignで色々な異なるカラープロファイルの画像データを同時に扱うのはややこしくて面倒なので、使用する画像一式を画像担当の部署の人にプロファイル変換してもらった方が良いと思います。

 AdobeRGBでドキュメントを作るなら、バラバラの異なるCMYKプロファイル埋め込みの画像をPhotoshopのバッチ処理でAdobeRGBにプロファイル変換すれば済みます。

 ただ、画像データが増えてしまうので、データが増えるのは困る場合はややこしいですがCMYKのまま配置して、PDFなどを書き出すときにRGB変換するしかありません。

InDesignのドキュメントへのプロファイルの割り当て

 カラー設定が同じでも、「プロファイルの割り当て」でドキュメントに割り当てるプロファイルが変わると色が変わる場合もあります。

 安全のためにドキュメントに割り当てられたプロファイルを確認します。

操作 [ 編集 > プロファイルを割り当て ]と進み、プロファイルの割り当ての設定内容を確認します。

プロファイルの割り当て

 RGB、CMYKとも「現在の作業用スペースを割り当て」にします。

 特別理由がなければ、このように設定しておくとややこしくありませんし安心です。

ドキュメント設定の中のドキュメントプロファイルの確認

 ドキュメント設定の中にあるドキュメントプロファイルが「Web」になっていれば、RGBのオブジェクトやリンク画像はRGBの色域で表示されます。

 一方、「プリント」となっていた場合、RGBのオブジェクトやリンク画像はRGBの色からドキュメントに割り当てられたCMYKプロファイルプロファイル変換した色で表示されてしまいます。

操作 [ ファイル > ドキュメント設定 ]と進み、ドキュメント設定の「ドキュメントプロファイル」の欄が「Web」になっていることを確認します。

 通常、ドキュメントを新規作成するときに印刷用なら「プリント」、ウェブ用なら「Web」を選んで作成していると思いますので、意図通りの設定になっていると思います。

以上のように設定したInDesignのドキュメント上で色はどのように表示されるか

InDesignで作ったRGBのオブジェクト

 InDesignで作成したRGBのオブジェクトは、ドキュメントに割り当てたRGBプロファイル(ここではsRGB)が指定された色で表示されます。

InDesignで作ったCMYKオブジェクト

 InDesignで作ったCMYKオブジェクトは、ドキュメントに割り当てたCMYKプロファイル(ここではJapan Color 2001 Coated)が指定された上で、さらにドキュメントに割り当てられたRGBプロファイル(ここではsRGB)にプロファイル変換された色で表示されます。

プロファイル埋め込みのRGBリンク画像

 プロファイル埋め込みRGBリンク画像は、埋め込みプロファイルを使って表示された上、ドキュメントに割り当てたRGBプロファイル(ここではsRGB)にプロファイル変換した色で表示されます。

埋め込みプロファイルなしのRGBリンク画像

 埋め込みプロファイルなしRGBリンク画像は、ドキュメントに割り当てたRGBプロファイル(ここではsRGB)が指定された色で表示されます。

CMYKリンク画像

 CMYKのリンク画像は、プロファイル埋め込みの有無にかかわらず、埋め込みプロファイルは無視されて、ドキュメントに割り当てたCMYKプロファイル(ここではJapan Color 2001 Coated)が指定された状態の色で表示されます。

 よって、ドキュメントに割り当てたCMYKプロファイル(ここではJapan Color 2001 Coated)以外のカラースペース(例えばJapan Color 2002 NewsPaperなど)で完成させた画像は、色がおかしくなります。

 以上、InDesignでRGBデータを扱う場合のカラー設定や色の表示のされ方の関係についてご紹介しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

InDesignの本

カラーマネジメントの本

税制問題特集

2019参院選は終わりましたが、消費増税の是非について引き続き議論が続いています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、主権者として判断の参考になる動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-カラーマネジメント対応ソフトの操作
-, , , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.