カラーマネジメント対応ソフトの操作 InDesignに関する記事

InDesignでRGBデータを扱う カラー設定や色の表示の関係について

2017年1月13日

 Adobe® InDesign®でRGBデータを扱う場合、カラー設定やその他の設定次第で、同じRGBデータでも別な色に表示されたりします。
 ここでは、InDesignでRGBデータを扱う場合のカラー設定や色の表示のされ方の関係についてご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ
再生可能エネルギーを中心とした電力を供給する電力会社を選ぶときに便利なサイト。

power-shift.org  – 電気を選べば社会が変わる
power-shift.org  – 電気を選べば社会が変わる

power-shift.org

再エネ電力会社への切り替え方|power-shift.org

 

InDesign®のカラー設定

 作業のしやすさや段取り次第で設定は色々ありえますが、この説明では以下のように「Web・インターネット用-日本」を選んでおきます。

カラー設定

作業用スペース - RGB

 ウェブ用であれば、最終出力先はウェブサイトを閲覧する人が使っているディスプレイです。
 ディスプレイによって色がまちまちなので、現状でどのディスプレイの表示色からも最も近い色を選ぶとすれば標準色空間のsRGBということになります。

 ウェブ以外の用途で、sRGBより色域の広いプリンター等で出力する場合ならAdobeRGBなど他のRGBプロファイルを選択することもあるかもしれません。

当ブログ参考記事

作業用スペース - CMYK

 画像やオブジェクトはすべてRGBだけにし、CMYKのオブジェクトやリンク画像は配置しないように作業を進めるなら、この設定は何でもかまいません。

InDesignのドキュメント内にCMYK画像を配置する予定なら

 何かの事情でCMYKのリンク画像などを配置する予定なら、CMYKのリンク画像のプロファイルと同じCMYKプロファイルを選ぶ必要があります。

 もしプロファイルが異なる複数のCMYKプロファイル埋め込み画像データを配置しなければならない場合は、「カラー値を保持(リンクされたプロファイルを無視)」ではなく「埋め込まれたプロファイルを保持」に設定しておきます。

ややこしいので画像の部署の人にプロファイル変換を依頼した方が良い

 InDesignで色々な異なるカラープロファイルの画像データを同時に扱うのはややこしくて面倒なので、使用する画像一式を画像担当の部署の人にプロファイル変換してもらった方が良いと思います。

 AdobeRGBでドキュメントを作るなら、バラバラの異なるCMYKプロファイル埋め込みの画像をPhotoshopのバッチ処理でAdobeRGBにプロファイル変換すれば済みます。

 ただ、画像データが増えてしまうので、データが増えるのは困る場合はややこしいですがCMYKのまま配置して、PDFなどを書き出すときにRGB変換するしかありません。

カラーマネージメント技術は人のためにある。

ぜひお読み頂きたい外部サイトの記事
講話記録「命とクルマ・・・遺された親からのメッセージ」 - スローライフ交通教育の会
講話記録「命とクルマ・・・遺された親からのメッセージ」 - スローライフ交通教育の会

11年目の命日 10月25日は11年目の命日でした。遺影が飾られた仏間は、今年も届けられたお花で一杯になりました。しかし、私たち家族にとって、 命日は実はそれほど特別な日ではありません。世間の慣わしの

remember-chihiro.info

 

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

パリCOP21合意後の世界 - ダイベストメント、情報開示、訴訟リスク | Energy Democracy
パリCOP21合意後の世界 - ダイベストメント、情報開示、訴訟リスク | Energy Democracy

パリ協定が世界の投資・金融の分野に与えるインパクトは非常に大きい。すでに世界各地で企業や金融機関が気候変動をビジネス上のリスクとして認識し、化石燃料からの投資撤退(ダイベストメント)をはじめている。さ ...

www.energy-democracy.jp

InDesignのドキュメントへのプロファイルの割り当て

 カラー設定が同じでも、「プロファイルの割り当て」でドキュメントに割り当てるプロファイルが変わると色が変わる場合もあります。

 安全のためにドキュメントに割り当てられたプロファイルを確認します。

操作 [ 編集 > プロファイルを割り当て ]と進み、プロファイルの割り当ての設定内容を確認します。

プロファイルの割り当て

 RGB、CMYKとも「現在の作業用スペースを割り当て」にします。

 特別理由がなければ、このように設定しておくとややこしくありませんし安心です。

カラーマネージメント技術は人のためにある

ぜひお読み頂きたい外部サイトの記事
【14】2019/7 高校講話レジュメ例 「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」 - 交通死「遺された親」の叫び
【14】2019/7 高校講話レジュメ例 「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」 - 交通死「遺された親」の叫び

目次1 1 伝えたいこと2 2 被害の実相2.1 (1)歩行者や自転車の被害は「通り魔殺人」的被害。「事故」ではなく「交通犯罪」2.2 (2)交通被害は死亡事件だけでなく深刻な後遺障害も。重傷は死亡の

remember-chihiro.info

 

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

「未来のためのエネルギー戦略研究グループ」、2030年および2050年のエネルギーミックスと脱原発・脱温暖化の戦略公表。再エネ比率2030年40%、50年100%。パリ協定の1.5℃達成を目指す(RIEF) | 一般社団法人環境金融研究機構
「未来のためのエネルギー戦略研究グループ」、2030年および2050年のエネルギーミックスと脱原発・脱温暖化の戦略公表。再エネ比率2030年40%、50年100%。パリ協定の1.5℃達成を目指す(RIEF) | 一般社団法人環境金融研究機構

   経済学者らで構成する「未来のためのエネルギー戦略研究グループ」は、2030年並びに2050年の…

rief-jp.org

ドキュメント設定の中のドキュメントプロファイルの確認

 ドキュメント設定の中にあるドキュメントプロファイルが「Web」になっていれば、RGBのオブジェクトやリンク画像はRGBの色域で表示されます。

 一方、「プリント」となっていた場合、RGBのオブジェクトやリンク画像はRGBの色からドキュメントに割り当てられたCMYKプロファイルプロファイル変換した色で表示されてしまいます。

操作 [ ファイル > ドキュメント設定 ]と進み、ドキュメント設定の「ドキュメントプロファイル」の欄が「Web」になっていることを確認します。

 通常、ドキュメントを新規作成するときに印刷用なら「プリント」、ウェブ用なら「Web」を選んで作成していると思いますので、意図通りの設定になっていると思います。

以上のように設定したInDesignのドキュメント上で色はどのように表示されるか

InDesignで作ったRGBのオブジェクト

 InDesignで作成したRGBのオブジェクトは、ドキュメントに割り当てたRGBプロファイル(ここではsRGB)が指定された色で表示されます。

InDesignで作ったCMYKオブジェクト

 InDesignで作ったCMYKオブジェクトは、ドキュメントに割り当てたCMYKプロファイル(ここではJapan Color 2001 Coated)が指定された上で、さらにドキュメントに割り当てられたRGBプロファイル(ここではsRGB)にプロファイル変換された色で表示されます。

プロファイル埋め込みのRGBリンク画像

 プロファイル埋め込みRGBリンク画像は、埋め込みプロファイルを使って表示された上、ドキュメントに割り当てたRGBプロファイル(ここではsRGB)にプロファイル変換した色で表示されます。

埋め込みプロファイルなしのRGBリンク画像

 埋め込みプロファイルなしRGBリンク画像は、ドキュメントに割り当てたRGBプロファイル(ここではsRGB)が指定された色で表示されます。

CMYKリンク画像

 CMYKのリンク画像は、プロファイル埋め込みの有無にかかわらず、埋め込みプロファイルは無視されて、ドキュメントに割り当てたCMYKプロファイル(ここではJapan Color 2001 Coated)が指定された状態の色で表示されます。

 よって、ドキュメントに割り当てたCMYKプロファイル(ここではJapan Color 2001 Coated)以外のカラースペース(例えばJapan Color 2002 NewsPaperなど)で完成させた画像は、色がおかしくなります。

 以上、InDesignでRGBデータを扱う場合のカラー設定や色の表示のされ方の関係についてご紹介しました。

当ブログ参考記事


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

写真・グラフィック出力サービス

当事務所で、AdobeRGBの写真のデータからほぼAdobeRGBの色域を維持してプリンター出力を行う、といったような広色域プリンター出力サービスを行なっています。
一般的な銀塩プリントやプリンター出力のサービスでは対応してくれないような種々のプロファイル、種々の形式のデータにも柔軟に対応します。
写真・グラフィック出力サービス
写真・グラフィック出力サービス

広色域のプリンターで写真・グラフィック等を出力するサービスです。例えばAdobeRGBの写真をAdobeRGBのまま銀塩プリント相当の画質で出力したいときに便利です。

omoide-photo.jp

関連するコンテンツ

-カラーマネジメント対応ソフトの操作, InDesignに関する記事
-, , , ,

© 2021 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜