カラーマネジメントツールの使い方

i1Studioでスキャナーのカラープロファイルを作成する方法

2019年1月20日

 スキャナーでプリントした写真をスキャニングするとき、カラーマネジメントの理屈に則って作業を行うためには反射原稿用のスキャナー用カラープロファイルを作成します。

 i1Studioは反射原稿のスキャニング用のスキャナー用カラープロファイルが作成できるツールです。

 ここではi1Studioを使って反射原稿のスキャニング用のスキャナー用カラープロファイルを作成してみます。

i1Studio

楽天市場 Amazon

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

再エネ電力会社への切り替え方|power-shift.org

 

i1Studioでは反射原稿のスキャニング用のスキャナー用プロファイルが作成できる

 プリントした写真など、反射原稿をスキャニングするためのスキャナー用カラープロファイルを作成するためには、反射原稿用のカラーターゲットとプロファイル作成ソフトが必要です。

 i1Studioには24パッチのカラーターゲット「ColorCheckerクラシック(ミニ)」が付属しているので、このカラーターゲットとi1Studioのソフトを使用してスキャナー用カラープロファイルが作成できます。

 一方、ネガフィルムやポジフィルムのような透過原稿をスキャニングするためのスキャナー用カラープロファイルを作成するためには、透過原稿用のカラーターゲットが必要です。
 i1Studioには透過原稿用のカラーターゲットは付属していないため、透過原稿のスキャニング用のスキャナー用カラープロファイルは作成できません。

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

i1Studioで反射原稿用のスキャナー用カラープロファイルを作成する手順の一例

手順1 ColorCheckerクラシック(ミニ)をスキャニングする

 スキャナーで、ColorCheckerクラシック(ミニ)をスキャニングします。

 そのとき、いっさい色補正等を行わずにスキャニングします。

 EPSON®のスキャナーのユーティリティーソフトの例では、例えば下図のように設定します。
 スキャニング後の処理を何もしないように設定します。

 スキャン解像度は、i1Studioの説明によればColorCheckerクラシックの場合は150ppi以上を推奨となっているので、300dpiくらいに設定します。

EPSONのスキャナーのソフトの設定例

 色補正に関する設定は「色補正なし」にします。

色補正に関する設定

 保存形式は、i1Studioの説明によれば非圧縮のTIFとなっているので、非圧縮のTIFに設定しておきます。

保存形式の設定例

 スキャンします。

スキャンしたターゲットの画像

手順2 i1Studioのソフトを起動

 i1Studioのソフトを起動します。

 スキャナーのプロファイル作成では測色作業は行いませんが、i1Studioの測色器本体にソフトを使用するためのライセンス情報が入っているため、i1Studioの測色器本体をパソコンに接続しておきます。

 「スキャニング装置のキャリブレーション」>「スキャナ」に進みます。

「スキャナ」に進む

手順3 ターゲットタイプを指定

 ターゲットタイプを指定します。

 今回は「ColorCheckerクラシック(ミニ)」をターゲットとして使用しているので、「X-Rite ColorChecker 24」を選択します。

ターゲットタイプの指定

手順4 スキャン済みの画像データを読み込む

 スキャン済みのカラーターゲットのTIFファイルをウィンドウにドラッグ&ドロップします。

スキャン済みのカラーターゲットのTIFファイルを読み込む

 画像内のターゲットの方向や余白の関係で、パッチが自動で認識されない場合もあります。
 その場合は手動でターゲットの方向を変えて、四角を指定してパッチを認識させます。

パッチを手動で認識させる

 次へ進みます。

手順5 基準値ファイルの選択

 基準値ファイルの選択の画面になります。

 カラーターゲットにColorCheckerクラシックを使用している場合は基準値ファイルは自動的に選択されます。

 そのまま次へ進みます。

手順6 ICCプロファイルの作成、保存

 プロファイル名の欄に好きなプロファイル名を入力します。

 英数字で、スキャナー名と日付などを付けておくと後々便利です。

 「プロファイルを保存」をクリックしてICCプロファイルを作成、保存します。

プロファイルの作成、保存

 これでプロファイルの作成は完了です。

プロファイル作成の完了

 ホームに戻って終了します。

カラーマネージメント技術は人のためにある

スキャナーのカラープロファイルの使い方の一例

 作成したスキャナーのカラープロファイルは、例えば次のように使用します。

手順1 反射原稿を色補正なしでスキャニング

 スキャニングしたい写真などの反射原稿を、色補正などの処理を何もしない設定でスキャニングします。

手順2 プロファイルの指定

 スキャニング済みの画像データをカラーマネジメント対応ソフトで開きます。

 例えばAdobe® Photoshop®で開きます。

 開いた画像データに先ほど作成したスキャナーのカラープロファイルを指定します。
 Photoshopの場合は、[編集>プロファイルの指定]と進み、スキャナーのカラープロファイルを指定します。

スキャナーのプロファイルを指定する

スキャナーのキャリブレーション機能付きスキャナーソフト、SilverFast®もおすすめ

カラーターゲットは手に入りにくい

 i1Studioの「ColorCheckerクラシック(ミニ)」を使用してスキャナープロファイルを作成した場合、当ブログ運営者の私の経験上はそれほど精度の高いプロファイルは作れません。
 反射原稿用のスキャナープロファイルなら、「ColorChecker® デジタル SG」を使用するとより精度の高いプロファイルが作れるかもしれません。

ColorChecker デジタル SG

楽天市場 Amazon

 透過原稿用のスキャナープロファイルを作成したい場合は、i1Profilerが対応している透過原稿用のカラーターゲットを用意する必要があります。
 i1Profilerに対応していて、i1Studioのライセンスで使用できる反射原稿用カラーターゲット、透過原稿用カラーターゲットは何種類もあるようです。
 ところが、現在ではスキャニング作業の需要が減り、カラーターゲットを売っている店が見つからないので、カラーターゲットが簡単に手に入りません。

SilverFast Ai Studio8.8はカラーターゲットも購入しやすいスキャナープロファイル作成機能付きスキャニングソフト

 そこで、スキャナープロファイル作成とスキャニング作業が主な目的である場合は、SilverFastをおすすめします。

 SilverFast Ai Studio 8.8は、IT8カラーターゲットを使用したスキャナープロファイル作成も行えるスキャニングソフトです。

 SilverFastのメーカーであるLaserSoft Imagingのサイト内の購入ページで、透過原稿用、反射原稿用とも複数のサイズのIT8カラーターゲットが販売されています。

 よって、SilverFast Ai Studio 8.8とIT8カラーターゲットをLaserSoftImagingのサイトで購入すると、高い精度のスキャナープロファイルが作成できるでしょう。

 ただし、当方の経験上、SilverFastで作成したスキャナープロファイルはSilverFast専用のプロファイルのようなので、あくまでスキャナーソフトSilverFastとセットで使った方が良さそうです。

当ブログ参考記事

 以上、i1Studioでスキャナーのプロファイルを作成する手順の一例でした。

i1Studio

楽天市場 Amazon

当ブログ参考記事


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-カラーマネジメントツールの使い方
-, , , ,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜