i1Photo Pro 3とは 上級者向き写真用カラーマネジメントツール

【国内正規代理店品】X-rite エックスライト キャリブレーションツール i1Photo Pro 3 アイワン・フォトプロ3 KHG1408

 写真を扱う作業向けのカラーマネジメントツールにX−Rite®「i1Photo Pro 3」があります。

 ここでは、「i1Photo Pro 3」はどのようなツールかみてみます。

電子機器を買うときの参考情報

 電子機器の製造で使用される原料には、深刻な国際問題が関係しています。

 当然ながら、機器を使用する私たちユーザーもそれら国際問題の当事者の一人です。

 そのため、物を買う場合は社会的責任を果たしているメーカーの製品を選びましょう。

武装勢力や児童労働と関わりのある原料を使っていないかどうか

 報道によれば、電子機器の製造に必要な鉱物は武装勢力の資金源になっている鉱山で生産されたものもあるということです。

参考の動画

 また、原料の採掘作業において児童労働が行なわれていることも明らかになっています。

参考リンク

コンゴ民主共和国:スマートフォンの裏に児童労働 : アムネスティ日本 AMNESTY
アップル、サムソン、ソニーなど著名なエレクトロニクス企業は、児童労働など不当に採掘されたコバルトが自社の製品に使われていないかどうかを認識していない。アムネスティ・インターナショナルとアフリウォッチは1月19日、調査報告書の中で明らかにした。

参考書籍

人新世の「資本論」/斎藤幸平
icon
icon
icon

 「人新生の「資本論」」で先進国から他の貧困国へ環境汚染その他の被害が押し付けられ外部化されていることが説明されています。

楽天ブックス Amazon

 私たちとしては、そういった鉱山で生産された鉱物を使用していない製品を選ぶ必要があります。

 電子機器を購入する場合、紛争や児童労働などに関わりのない鉱物を使用しているかどうかなど、製造メーカーがきちんと管理された道筋で原料を調達しているかどうかを確認すると良いでしょう。

 メーカー企業のウェブサイト等で原料調達に関する取り組みについて記載があり、会社によっては報告書などが公開されています。
 自社製品に紛争鉱物を使っていないかどうか調べたと書かれていたり、調べたが調べきれなかったと書かれていたりします。

参考リンク

i1Photo Pro 3は入手しにくくなった

 i1Photo Pro3を探してもすでに取り扱いがなくなっていたり販売終了になっている店が増えていて、入手しにくいようです。

 i1Photo Pro3と同じように一般的なRGBプリンターであるインクジェットプリンターのカラーマネジメントができるツールでi1Photo Pro3より簡易的な製品にX-rite「i1Studio」もあります。
 しかし、i1Studioもすでに取り扱いがなくなっていたり販売終了になっている店が増えていて、入手しにくいようです。

 i1Photo Pro3と同じように一般的なインクジェットプリンターのカラーマネジメントができるツールにdatacolorの「Spyder PRINT」という製品もあります。
 ただし、Spyder PRINTの測色器はフィルター式なのか分光式なのかは良くわかりません。

Datacolor SpyderPRINT プリントキャリブレーションツール S4SR100

楽天市場 Amazon

参考記事

Spyder PRINTとは 比較的低価格のプリンタープロファイル作成ツール
 モニターのカラーマネジメントは、ツールの種類も多く、比較的容易です。  一方プリンターのカラーマネジメントはツールも少なく、プリンター付属のプリンタープロファイルに頼ることが多いでしょう。  ここでは、自分でプリンタープロ...

 i1Photo Pro3と同じように一般的なインクジェットプリンターのカラーマネジメントができ、モニターキャリブレーションツール等もセットになった製品にdatacolorの「SpyderX Studio」という製品もあります。
 ただし、Spyder PRINTとモニターキャリブレーションツール等がセットになった製品であり、Spyder PRINTの測色器がフィルター式なのか分光式なのかは良くわかりません。

楽天市場 Amazon

「i1Photo Pro 3」はRGBデータを扱うための機能が一通り揃っているカラーマネジメントツール

 「i1Photo Pro 3」には、RGBデータを扱う時に必要になるカラーマネジメント機能が一通り揃っています。

 主な機能は以下のようなものです。

  • インクジェットプリンターなどのRGBプリンターのプロファイル作成機能
  • カメラプロファイル作成など、カメラのカラーマネジメントの機能
  • パソコンのディスプレイのキャリブレーション機能
  • プロジェクターのプロファイルを作成する機能
  • スキャナーのプロファイルを作成する機能
  • など

 デジカメで撮影、パソコンと液晶モニターで現像、レタッチ、インクジェットプリンターで印刷、といったRGBデータを扱う作業のカラーマネジメントが一通り可能です。

i1Photo Pro 3

Amazon 楽天市場

メーカーのページ

X-Rite i1Photo Pro 3 | 写真に好評な製品ソリューション
新しい i1Photo Pro 3 は写真に好評な製品ソリューションとして、測定、表示、印刷する色を忠実に再現します。詳しくは、日本公式サイトをご覧ください。
i1Photo Pro 3 | 製品サポート
i1Photo Pro 3 | 製品サポート

「i1Photo Pro 3」の各機能

インクジェットプリンターなどRGBプリンターのプロファイル作成

 RGBプリンターのプロファイル作成ができます。

 普通のインクジェットプリンターはほとんどRGBプリンターです。

 テストチャートのパッチ数も自由に決めることができ、「i1Studio」より多いパッチ数でプロファイル作成が行えるので、高い精度のプリンタープロファイルが作成できます。

CMYKプリンターのプロファイルは作成できない

 一方、CMYKプリンターのプロファイル作成はできません。

 オフセット印刷や、CMYKの版を作って出力するレーザープリンター、LEDプリンターなどはCMYKプリンターです。

参考記事

RGBプリンターかCMYKプリンターかを見分ける簡易的な方法
 プリンターのカラーマネジメントを行うときなどに、RGBプリンターとCMYKプリンターで作業が異なる場合があります。  そのため、プリンターがRGBプリンターかCMYKプリンターのどちらかを判断したい場合がたまに出てきます。 ...

カメラプロファイル作成

 「i1Photo Pro 3」には「ColorChecker Passport」より少し小さいミニサイズのカラーターゲット「カラーチェッカークラッシック ミニ」が付属しています。
 パッチの並びなどは「ColorChecker Passport」や標準サイズの「ColorChecker Classic」と同じです。

 カメラプロファイル作成ソフトも付属しています。

 Adobe® Photoshop®Adobe® Photoshop® ElementsAdobe® Lightroom®のいずれかがあれば、このミニサイズのカラーターゲットをカメラで撮影してカメラプロファイルを作成できます。

 できたカメラプロファイルは、Adobe® Photoshop®、Adobe® Photoshop® Elements、Adobe® Lightroom®でRAWデータの現像時に使用できます。

パソコンのディスプレイのキャリブレーション

 パソコンのディスプレイのソフトウェアキャリブレーションができます。

「ColorNagigator7」の測色計としても使える

 i1Photo Pro 3の分光測色計i1Pro3は、EIZO®のカラーマネジメントモニター付属のキャリブレーションソフト「ColorNagigator7」に対応しています。

 キャリブレーションセンサーEX4を接続した場合とi1Pro3を接続した場合ではColorNavigator7で選択できるメニューが変化し、i1Pro3を測色計として使うことでよりレベルの高いキャリブレーションが行えるようになります。

プロジェクターのプロファイル作成

 プロジェクターのプロファイルを作成できます。
 これにより、プロジェクターによる表示もキャリブレーションすることができます。

スキャナーのプロファイル作成

 ミニサイズのカラーターゲット「カラーチェッカークラシック ミニ」を使って、反射原稿用のスキャナープロファイルを作成することができます。

 ただし、私の経験上、24パッチの「ColorChecker Classic」を使ってスキャナープロファイルを作成しても、あまり精度の高いカラーマネジメントはできません。

 より精度の高い反射原稿用のスキャナープロファイルを作成するには、別売りの「ColorChecker Digital SG」や、IT8ターゲットなどが必要です。

参考記事

原稿の色を正確にデータ化したい スキャナーのプロファイル作成方法
 ディスプレイプロファイルは、カラーマネジメントモニターやモニターキャリブレーションツールを使うことで、ほぼ自動的に作成されます。  しかし、スキャナーのプロファイル作成は少しハードルが高いです。  ここでは、スキャナー...

スマホなどのモバイル機器のキャリブレーションは可能かどうか不明

 i1Photo Pro 3のカタログの説明によれば、i1Pro3はモバイル機器のカラーマネジメントも可能とのことで、X−Riteが提供しているモバイル機器のカラーマネジメントソフト「ColorTRUE」に対応しているようです。

 ところが、カタログに掲載されているColorTRUEのウェブページはすでに存在していないようです。

 そのため、i1Photo Pro3でモバイル機器のカラーマネジメントが可能かどうか今のところ不明です。

「i1Photo Pro 2」はモバイル機器のキャリブレーションが可能だった

 「i1Photo Pro 3」の前の機種「i1Photo Pro 2」の時代は、スマホ等に「ColorTRUE」をインストールして、i1Pro2で画面表示を測色することで、スマホ等で「ColorTRUE」を使って画像を正確な色で表示できました。

 「ColorTRUE」はApp StoreやGoogle Playでダウンロードできました。

参考記事

スマホの表示を正確に ColorTRUEによるスマホのキャリブレーション
 スマホやタブレットなどのモバイル機器のキャリブレーションを行えるソフトにX-Rite®のColorTRUEがあります。  ColorTRUEはソフト単体ではキャリブレーションは行えず、別に測色器が必要です。そして対応...

その他の便利な利用方法

物体の色を測定する

 プリンタープロファイル作成関連の機能を使って、物体の色を測定することができます。

 カラーパッチ1個をピンポイントで測定することができます。
 この機能を使って物体を測定し、測定結果を見ることで物体の色をL*a*b*等で知ることができます。

照度(lx)などを測定する

 i1Pro3には環境光などを測る機能もあります。

 これにより、照度(lx)などを測ることもできます。

インクジェットプリンター出力周辺の精度の高い色管理に必要なツール

 以上のように、「i1Photo Pro 3」はインクジェットプリンター出力周辺の精度の高い色管理に必要なツールです。

 一方、カメラ撮影周辺だけ、モニターキャリブレーションだけ、等であれば別のツールでも間に合います。

 また、オフセット印刷やレーザープリンターなどCMYKの版による出力を行う機器の場合は、CMYKプリンターに対応した「i1Publish Pro 3」などが必要になります。

i1Publish Pro 3

楽天市場 Amazon

i1Photo Pro3 と i1Photo Pro 2の違い

 一般的な写真を扱うための、液晶モニター、インクジェットプリンター、プロジェクター、等のカラーマネジメントは「i1Photo Pro 2」で問題なく行えます。

 「i1Photo Pro 3」は測定器の性能が上がるなど、細かい仕様が変わっています。

 「i1Photo Pro3」と、一つ前の機種「i1Photo Pro 2」の違いの主なものをあげてみます。

より小さいパッチに対応

 「i1Photo Pro 3」は「iPhoto Pro 2」と比べて、より小さいパッチを測定できるとのことです。

より高速な測定に対応

 「i1Photo Pro 3」は「iPhoto Pro 2」と比べて、より高速な測色作業が可能とのことです。

より高い輝度の測定に対応

 「i1Photo Pro 3」は「iPhoto Pro 2」と比べて、より輝度の高いディスプレイの測定に対応しているとのことです。

LED光源を使用

 i1Photo pro 2の測定器i1Pro2は測定器の光源としてはタングステン光源を使用していますが、i1Photo Pro 3の測定器i1Pro3はフルスペクトルLED光源を使用しています。

「i1Photo Pro 3 PLUS」との違い

 「i1Photo Pro 3」とは別に「i1Photo Pro 3 PLUS」という機種があります。

 「i1Photo Pro 3」は一般的な写真や映像、印刷などの作業で必要な機能を備えた製品です。

 一方、「i1Photo Pro 3 PLUS」は屋外看板、屋内ポスター、屋内装飾、電飾(フィルム、紙)などのサイン&ディスプレイ関連の業務、衣類、フロアグラフィックス、ウォールステッカー、ウィンドウグラフィックス等の出力業務など、通常の写真用紙やモニター表示以外の様々な素材に出力を行うサイン&ディスプレイ、テキスタイル関連の業務向けの製品です。

i1Photo Pro 3 PLUS

メーカーのページ

i1Photo Pro 3 Plus 製品サポート | X-Rite サービス&サポート
i1Photo Pro 3 Plus 製品サポート
i1Photo Pro 3 Plus | お問い合わせ
についての詳細情報を取得します i1Photo Pro 3 Plus. i1Photo Pro 3 Plus の生産は終了しました。弊社ウェブサイトから 1Pro 3 Basic、i1Pro 3 Publi...

 以上、i1Photo Pro 3はどのようなツールかみてみました。

i1Photo Pro 3

Amazon 楽天市場

メーカーのページ

i1Photo Pro 3 Plus 製品サポート | X-Rite サービス&サポート
i1Photo Pro 3 Plus 製品サポート
i1Photo Pro 3 Plus | お問い合わせ
についての詳細情報を取得します i1Photo Pro 3 Plus. i1Photo Pro 3 Plus の生産は終了しました。弊社ウェブサイトから 1Pro 3 Basic、i1Pro 3 Publi...

参考記事

カラーマネジメントツール 結局どれを買えば良いのか
 測色器と付属品一式がセットになったカラーマネジメントツールは、少しずつ内容が違う種類がたくさんあってまぎらわしく、どれを購入すれば良いかわからない方も多いのではないでしょうか。  ここでは、どのような用途のときにどのツールを...
【旧製品】ColorMunki Photoとはプリンター・モニター等のカラーマネジメントツール 初級者向き
 プリンターメーカー純正紙以外の用紙を使ってパソコン画面とプリンター出力のカラーマッチングをするような場合、ディスプレイやプリンターのカラーマネジメントを自分でする必要が出てきます。  モニターのカラーマネジメントは、カラーマ...