カラーマネジメント関連機器

写真向けカラーマネジメントツールi1 Photo Pro 2はどのようなツールか

2017年5月28日

【国内正規代理店品】X-rite エックスライト キャリブレーションツール i1Photo Pro 2 アイワン・フォトプロ2 KHG1406

 写真を扱う作業向けのカラーマネジメントツールにX−Rite®「i1Photo Pro 2」があります。

 ここでは、「i1Photo Pro 2」はどういうツールかご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

「i1Photo Pro 2」はRGBデータを扱うための機能が一通り揃っているツール

 「i1Photo Pro 2」には、RGBデータを扱う時に必要になる機能が一通り揃っています。

 主な機能は以下のようなものです。

  • インクジェットプリンターなどのRGBプリンターのプロファイル作成機能
  • カメラプロファイル作成など、カメラのカラーマネジメントの機能
  • パソコンのディスプレイのキャリブレーション機能
  • スマホなどモバイル機器の画面をキャリブレーションする機能
  • プロジェクターのプロファイルを作成する機能
  • スキャナーのプロファイルを作成する機能

 オフセット印刷など、CMYKの出力機器を扱う場合でなければ、カラーマネジメントの作業のほとんどができます。

i1Photo Pro 2

楽天市場 Amazon

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

「i1Photo Pro 2」の各機能

インクジェットプリンターなどRGBプリンターのプロファイル作成

 RGBプリンターのプロファイル作成ができます。

 普通のインクジェットプリンターはほとんどRGBプリンターです。

 テストチャートのパッチ数も自由に決めることができ、「ColorMunki Photo」より多いパッチ数でプロファイル作成が行えるので、高い精度のプリンタープロファイルが作成できます。

CMYKプリンターのプロファイルは作成できない

 一方、CMYKプリンターのプロファイル作成はできません。

 オフセット印刷や、CMYKの版を作って出力するレーザープリンター、LEDプリンターなどはCMYKプリンターです。

カメラプロファイル作成

 「i1Photo Pro 2」には「ColorChecker Passport」より少し小さいミニサイズのカラーターゲット「ColorChecker Classic」が付属しています。
 パッチの並びなどは「ColorChecker Passport」や標準サイズの「ColorChecker Classic」と同じです。

 カメラプロファイル作成ソフトも付属しています。

 Adobe® Photoshop®Adobe® Photoshop® ElementsAdobe® Lightroom®のいずれかがあれば、このミニサイズのカラーターゲットをカメラで撮影してカメラプロファイルを作成できます。

 できたカメラプロファイルは、Adobe® Photoshop®、Adobe® Photoshop® Elements、Adobe® Lightroom®で使えます。

パソコンのディスプレイのキャリブレーション

 パソコンのディスプレイのソフトウェアキャリブレーションができます。

「ColorNagigator6」の測色計としても使える

 分光測色計i1Pro2は、EIZO®のカラーマネジメントモニター付属のキャリブレーションソフト「ColorNagigator6」に対応しています。

 よって、もしEIZO®のカラーマネジメントモニターを使用していれば、i1Pro2を測色計として使うことでよりレベルの高いキャリブレーションが行えるようになります。

スマホなどのモバイル機器のキャリブレーション

 i1Pro2は、X−Riteが提供しているモバイル機器のカラーマネジメントソフト「ColorTRUE」に対応しています。

 スマホ等に「ColorTRUE」をインストールして、i1Pro2で画面表示を測色することで、スマホ等で「ColorTRUE」を使って画像を正確な色で表示できるようになります。

当ブログ参考記事

プロジェクターのプロファイル作成

 プロジェクターのプロファイルを作成できます。
 これにより、プロジェクターによる表示もキャリブレーションすることができます。

スキャナーのプロファイル作成

 ミニサイズのカラーターゲット「ColorChecker Classic」を使って、反射原稿用のスキャナーのプロファイルを作成することができます。

 ただし、私の経験上、24パッチの「ColorChecker Classic」を使ってスキャナープロファイルを作成しても、あまり精度の高いカラーマネジメントはできません。

 より精度の高い反射原稿用のスキャナープロファイルを作成するには、別売りの「ColorChecker Digital SG」が必要かもしれません。

当ブログ参考記事

その他の便利な利用方法

物体の色を測定する

 プリンタープロファイル作成関連の機能を使って、物体の色を測定することができます。

 カラーパッチ1個をピンポイントで測定することができます。
 この機能を使って物体を測定し、測定結果を見ることで物体の色をL*a*b*等で知ることができます。

照度(lx)などを測定する

 i1Pro2には環境光などを測る機能もあります。

 これにより、照度(lx)などを測ることもできます。

カラーマネージメント技術は人のためにある

インクジェットプリンター出力周辺の精度の高い色管理に必要なツール

 以上のように、「i1Photo Pro 2」はインクジェットプリンター出力周辺の精度の高い色管理に必要なツールです。

 一方、カメラ撮影周辺だけ、モニターキャリブレーションだけ、等であれば別のツールでも間に合います。

 また、オフセット印刷やレーザープリンターなどCMYKの版による出力を行う機器の場合は、CMYKプリンターに対応した「i1Publish Pro 2」などが必要になります。

i1Publish Pro 2

楽天市場 Amazon

 以上、「i1Photo Pro 2」はどういうツールかご紹介しました。

i1Photo Pro 2

楽天市場 Amazon

メーカーのサイト

当ブログ参考記事


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-カラーマネジメント関連機器
-, , , , , , ,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜