カラーマネジメント関連機器

i1 Display ProとColorMunki Displayの違い

投稿日:2018年1月9日 更新日:


有名なモニターキャリブレーションツールに、X-Rite®のi1Display ProとColorMunki Displayがあります。

 両方とも機能が似ているので、どちらを選べば良いか迷う方も多いのではないでしょうか。

 ここではi1Display ProとColorMunki Displayの主な違いについて紹介します。

i1Display Proの方がColorMunki Displayより詳細な設定ができる

設定の違い

 おおまかに言うと、Colormunki Displayよりi1Display Proの方がより詳細な設定ができます。

 Colormunki Displayは、ディスプレイをキャリブレーションするための基本的な設定はできます。

 一方、i1Display Proは、一般的な基準によるモニターキャリブレーションよりさらに細かい設定ができます。

ハードウェアの違い

 測色器自体の中身に違いがあるのかどうかは、メーカーの人に聞かないと分かりません。

Colormunki Display

楽天市場 Amazon

i1Display Pro


楽天市場 Amazon

X-Rite® Colormunki Displayでできる、主な設定など

 Colormunki Displayは、専用のキャリブレーションソフトの設定欄が少なくすっきりしているので、詳しくない人でもあまり迷わずに使えます。

 Colormunki Displayでできるキャリブレーションの内容の主なものを以下に述べます。

白色点の色

 白色点の色は以下の項目から選べます。

  • D50
  • D55
  • D65
  • 固有の白色点

 多くの場合、D50を選んで約5000Kにするか、D65を選んで6500Kにするか、D55を選んで約5500Kにするか、いずれかに設定するのではないでしょうか。

 ですので、この項目があれば間に合う場合が多いでしょう。

白色点の輝度

定義済みの数値から選択できる

 ディスプレイの白色点の輝度は80〜140cd/m2の範囲から10刻みで選べます。

 たいていこの選択項目で足りる場合が多いでしょう。

環境光を測定して輝度を設定できる

 定義済みの数値を選ばずに、部屋の明るさを測定して、その結果から輝度を設定することもできます。

ガンマ値

 私が使う限りでは、ガンマ値の設定欄は見つからないので、規定の2.2に設定されていると思います。

 ただ、カタログやパンフレットには、1.8か2.2から選べる、と書いてあります。
 昔は選べたのかもしれません。

 確かなことは不明です。

X-Rite® i1Display Proでできる設定などの例

 i1Display Proで使用するキャリブレーションソフト「i1Profiler」は、様々な設定項目が用意されています。
 そのため、ある程度慣れている人でないと設定に迷ったり、設定が正しいか不安になったりして使いにくいかもしれません。

 i1Display Proでは、上記のColormunki Displayでできることの他、例えば以下のような設定などができます。

白色点の色

 用紙の測定値を白色点の色の目標値に設定できます。
 プリンター出力に使用する用紙の色を測定して、ディスプレイの白色点の色を用紙の色と近い色に調整できます。

 別のモニターの白色点の色を測定して、その測定値を白色点の色の目標値に設定できます。

 xy値で白色点の色の目標値を設定できます。

輝度

 1cd/m2単位で輝度目標を設定できます。

 用紙の測定値を輝度目標に設定できます。
 プリンター出力に使用する用紙の輝度を測定して、ディスプレイの明るさを用紙の明るさと近くなるよう調整することができます。

 別のモニターの白色点の輝度を測定して、その輝度値を輝度目標に設定できます。

ガンマ値

 ガンマ値を細かく数値で設定できます。

コントラスト比率

 プリンタープロファイルが示すコントラスト比率に設定できます。

 ブラックポイントの輝度を数値で指定することもできます。

 ディスプレイの真っ暗な部分を測定して、ブラックポイントの輝度に指定することもできます。

ICCプロファイルのバージョン

 キャリブレーション作業の結果作成されるICCプロファイルのバージョンとして、バージョン2、バージョン4のどちらかを選べます。

キャリブレーションに使うパッチセット

 モニターの表示特性を調べるために使うパッチの数を大、中、小から選べます。

 また、特定のスポットカラーや、特定の画像を元にしてパッチを作成できます。

その他

 その他、i1Display Proでは、Colormunki Displayでは設定できない細々した設定ができます。

 i1Display ProとColormunki Displayの細かい比較は、X-Rite®のウェブサイト内にあるカタログ等に掲載されています。

 以上のように、i1Display ProではColormunki Displayよりも様々な詳細な使い方ができます。

 一般的なモニターキャリブレーションが行えれば良い、という場合はColormunki Displayで問題ないかもしれません。

 以上、i1Display ProとColormunki Displayの主な違いについて紹介しました。

当ブログ参考記事

Colormunki Display

楽天市場 Amazon

i1Display Pro


楽天市場 Amazon

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

カラーマネジメントの本

消費税特集

 消費税10%と複数税率に伴って導入が予定されているインボイスの影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

-カラーマネジメント関連機器
-, , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.