カラーマネジメントツールの使い方

i1 Display、i1 Pro2の詳しい使い方が知りたい i1 Profilerの説明書の入手方法

投稿日:2017年8月17日 更新日:

【国内正規代理店品】X-rite エックスライト ディスプレイキャリブレーションツール i1Display Pro アイワン・ディスプレイプロ KHG1035

 X-Rite®のカラーマネジメントツール、i1Display、i1Pro2には、製品本体には簡単な使用方法の説明書しか付いていません。
 ところが、ややこしい設定項目がたくさんあるので詳しい説明書が欲しくなります。

 ここでは、i1Displayやi1Pro2用のキャリブレーションソフト「i1Profiler」の説明書の入手方法をご紹介します。

i1Display、i1Pro2には詳しい説明書が入っていない

 i1Display Proや、i1Photo Pro2など測色器i1Pro2が入った製品を購入すると、パッケージの中にはごく簡単な測色器の扱い方の説明書が付いています。

 ところが、キャリブレーション作業を行うときの各種設定項目など、キャリブレーション作業の手順や設定項目の詳しい説明は書いてありません。

キャリブレーション作業の設定項目はややこしい

 i1Display、i1Photo Pro2など、入門用ではないカラーマネジメントツールでキャリブレーション作業をする場合、色々な設定項目を自分で設定する必要があります。

 それらの設定項目はややこしいものが多く、説明書がないと自分で判断ができないものがたくさんあります。

説明書がないとキャリブレーションができない

 そういったややこしい設定項目がたくさんあるツールなので、説明書がないと適切に項目の設定を行ってキャリブレーションを行うことができません。

 すべてデフォルト設定で進めることができれば良いですが、デフォルト設定を選んで済ませることができない項目も出てきます。

キャリブレーションソフト「i1Profiler」の説明書があれば問題ない

 説明書が必要なのは、i1Display本体やi1Pro2本体というより、キャリブレーションに使用するキャリブレーションソフトです。

 キャリブレーションするにあたり様々な設定を行ったりするのはキャリブレーションソフトの方です。

 測色器本体は単にディスプレイなどのデバイスに設置すれば良いだけです。

i1Display、i1Pro2用のキャリブレーションソフトはi1Profiler

 i1Display、i1Pro2でデバイスのキャリブレーションを行う時は、専用のキャリブレーションソフト「i1Profiler」を使います。

i1Profilerの説明書があれば良い

 よって、i1Display、i1Pro2でキャリブレーションをするには、キャリブレーションソフトi1Profilerの詳しい説明書があれば問題ありません。

i1Profilerの説明書の入手方法

 i1Profilerの説明書は、X-Rite®のオンラインショップで手に入れることができます。

 オンラインショップの「マニュアル」というカテゴリーに進むと、「i1Profiler ユーザーガイド」があります。

 「i1Profiler ユーザーガイド」は無料でダウンロードできます。
 通常通りの購入手続きを進めていくと、料金は0円の「i1Profiler ユーザーガイド」を購入後、ダウンロードできます。

X-Rite®のオンラインショップ

 以上、i1Displayやi1Pro2用のキャリブレーションソフト「i1Profiler」の説明書の入手方法をご紹介しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチのご相談をお寄せいただけますと幸いです。

カラーマネジメントの本



-カラーマネジメントツールの使い方
-,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2018 All Rights Reserved.