Luminar 4の使い方 デジカメ写真を自分で修正

逆光のスナップ写真を修正。Luminar 4を使って

2020年9月8日

 子どもたちの写真など、いろいろな場面でスナップ写真や旅行写真を撮るでしょう。
 中には、逆光で暗く映った写真もあるでしょう。
 そういった写真をレタッチして、暗い部分が明るくなるよう調整してみましょう。

 逆光に写った少年のスナップ写真を、写真編集ソフトLuminar 4を使って調整してみます。

Luminar 4

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

再エネ電力会社への切り替え方|power-shift.org

 

Luminar 4は手頃な価格で初級者の人でも比較的簡単に使える写真編集ソフト

 この記事で使用するLuminar 4は、Adobe® Photoshop® Elementsより価格が手頃で、初級者の人でも比較的簡単に写真の調整や演出ができる写真編集ソフトです。

 写真をごく標準的に調整するにも、派手な演出をするにも、Luminar 4の方がPhotoshop Elementsより簡単に見栄え良く仕上げられるかもしれません。

パソコンのスペックに注意

 Luminar 4は初級者でも使えて便利なソフトですが、結構重いという難点があります。

 Luminar 4を購入するときはパソコンのスペックの必要条件をよく確かめましょう。

Luminar 4

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

元の写真 逆光で明暗差が激しく、人物が暗く写った少年のスナップ写真

 元の写真は逆光で明暗差が激しく、人物が暗く写った少年のスナップ写真です。

 できるなら、少年の顔が見えるよう明るくしたいところです。

元の写真

カラーマネージメント技術は人のためにある

逆光で明暗差が激しい写真をLuminar4でレタッチする例

1.「ライト」で調整できるか検討する

 はじめに「ライト」というメニューで明るさを調整する場合が多いです。
 そこで、「ライト」で調整できるか検討します。

 この写真の場合、空がとても明るいので、「ライト」の「露出」を上げると空が真っ白になってしまいます。
 「露出」以外のスライダーを使ってもあまり上手くいきません。

 そこで、とりあえず「ライト」で調整するのはやめます。

「ライト」の調整は上手くいかないので、やめる

2.「高度なコントラスト」をかけてみる

 「PRO」のタブの「高度なコントラスト」という機能で調整してみます。

「高度なコントラスト」で調整してみる

 「シャドウコントラスト」を調整すると、暗い部分のコントラストの状態が変化します。

 「シャドウバランス」を調整すると、暗い部分の明るさが変化します。

 「シャドウコントラスト」「シャドウバランス」とも明るい部分には効果がかからないため、もともと明るい空の部分はほとんど変化せず、白飛びして真っ白になったりしません。

 暗い部分がある程度明るくなって、少年の顔も見えるようになりました。

3.「ライト」でコントラストの調整

 「高度なコントラスト」でシャドウの部分のみ調整しましたが、写真全体のコントラストをもう少し調整したいところです。

 「ライト」の「スマートコントラスト」でコントラストを調整してみます。

「ライト」の「スマートコントラスト」でコントラストの調整

 これで明るさの調整は一通り終わりです。

4.「ライト」で色の調整

 明るさの調整は終わりましたが、色を調整したい場合は色調補正の作業をします。

 「ライト」の「暖かみ」「色合い」のスライダーで写真全体の色を調整してみます。

「ライト」で色調補正

5.「色補正」で色の調整

 「PRO」のタブの「色補正」の「詳細設定」内にある「色バランス」でさらに色の調整が可能です。
 ただし、この操作は多少難易度が上がります。
 難しければ、上記の「ライト」を使用した色の調整のみにするのも良いでしょう。

「色バランス」でさらに詳細な色調補正が可能

6.「カラー」で顔色を調整してみる

 特定の色だけもう少し調整したい場合もあるでしょう。
 例えば、顔色だけもう少し調整したい、という場合は多いでしょう。

 「カラー」の「詳細設定」のスライダーを使って、特定の色だけ調整することができます。

 この写真の例では、「カラー」の「詳細設定」の「赤いマル」を選択し、「色相」を調整してみました。
 この結果、赤っぽい部分である人の肌の色相だけが変化しました。

「カラー」で特定の色だけを調整する

 ただし、この調整を単純に行うと、写真全体の赤い部分全てに効果がかかります。
 そのため、例えば赤い服をきている人がいれば、その人の服の色なども変化してしまいます。

 これを避けるためには「マスクを編集」を使ってマスク処理をする必要が出てきます。

 しかし、このように細かい選択的な調整を行い始めると、Photoshopを使っているような状態になってきます。
 また、情報が増えてきてLuminar 4も重くなってくるかもしれません。

 Luminar 4はPhotoshopよりも簡単に使えることがメリットの一つなので、このような選択的な調整は行わず、写真全体の色調整で終わらせるのも良いでしょう。

Luminar 4でレタッチ、演出した結果

 逆光で明暗差が激しく、人物が暗く写った少年のスナップ写真をLuminar 4でレタッチした結果、以下のようになりました。

Luminar 4でレタッチした結果

元の写真

 選択範囲を作るなどの作業はなく、何種類かスライダーを操作しただけですが、逆光で暗く写った部分がある程度明るくなりました。

注意 サイズ変更はPhotoshopで行った

 上のレタッチ済みの写真は、サイズ変更に関してだけはPhotoshopで行っています。

 Luminar 4は明るさ、コントラストを簡単な操作で調整したり、簡単な操作で派手な演出を加えたりするのには長けています。

 一方、画像のサイズ変更やシャープネス処理といった、画像を厳密に扱う地味な作業に関してはPhotoshopかPhotoshop Elementsなどの方が向いています。

当ブログ参考記事

Photoshop Elements

 以上、逆光で明暗差が激しく、人物が暗く写った少年のスナップ写真を、写真編集ソフトLuminar 4を使って調整してみました。

当ブログ参考記事

Luminar 4



ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

フォトレタッチの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-Luminar 4の使い方, デジカメ写真を自分で修正
-

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜