グレースケール・モノクロ画像の知識 Photoshopの使い方

モノクロ写真を、CMYK画像のK版C版M版Y版のいずれか1版で作る方法

投稿日:2016年10月8日 更新日:

eyecatch_gray_cmyk

 モノクロ写真を普通に作ると、グレースケールの画像データになります。
 ところが、印刷用のデータを作るとき、色々な理由でモノクロ写真を普通のグレースケール画像ではなくCMYKカラーの画像データの1版分として作りたいことがあるのではないでしょうか。

 ここでは、モノクロ写真をグレースケール画像でなくCMYK画像のK版かC版かM版かY版で作る方法をご紹介します。

 説明中ではAdobe® Photoshop®を使用します。

モノクロ写真をCMYKカラー画像の1版分で使う例

2色印刷で、写真は2色分解せずにグレースケールで載せるとき

 例えば2色印刷用のデータをAdobe® Illustrator®のCMの2版で作るとします。
 そのとき、写真を2色分解して載せずにグレースケールの写真として2色のうち暗い方のインクだけで印刷するとします。

 このような場合、写真はCMYKのカラー画像のうち1版にだけを利用した画像データとして作成して、配置することになります。

スポットカラー1色印刷用のレイアウトデータを作るとき

 例えばシアンに似た色のスポットカラー1色で印刷するためのレイアウトデータをIllustratorで作成するとします。
 このとき、使用するインクがシアンに似ている色なら、IllustratorのK版を使わずにC版を使ってデータを作成した方が実際の印刷結果に似た見た目で作業できるので楽です。

 C版だけを使ったレイアウトデータに配置するための画像データは、C版だけを使用したCMYK画像として完成させることになります。

 そのようにしてレイアウトデータを完成させれば、C版だけを使って刷版を出力して1色印刷ができます。

CMYK画像のK版C版M版Y版のいずれか1版でグレースケールを作る手順

手順1 まず普通のグレースケール画像を作る

操作 まずは通常の手順で、モノクロ写真をグレースケール画像として完成させます。

gray_cmyk1

元の写真

gray_cmyk2

モノクロ写真に仕上げたグレースケール画像

操作 Adobe® Photoshop®のメニューから[ 編集 > プロファイル変換 ]と進み、予定している最終出力のドットゲインにプロファイル変換します。

当ブログ参考記事

gray_cmyk3

最終出力のドットゲインに変換する

JapanColor標準印刷で4色カラー印刷するデータに、1C画像として配置するときのドットゲイン

 カラー印刷する印刷物の中に、モノクロ写真を載せるという場合もあるでしょう。
 4色カラー印刷するデータの中に1C画像として配置するモノクロ写真は、印刷がJapanColor標準印刷の条件で行われるなら、ドットゲインは15%にしておけば大丈夫です。
 JapanColor標準印刷のドットゲインの基準がCMYKとも15%前後だからです。

手順2 作ったグレースケール画像をCMYK画像データに移す

 ドットゲインも適切に変換したグレースケール画像が完成したら、CMYK画像データに移します。

CMYKの新規画像を作る

操作 メニューから[ ファイル > 新規 ]と進み、完成したグレースケール画像と同じサイズでCMYKの新規画像を作ります。
 カラープロファイルは、最終出力に合わせて選びます。
 4C印刷を行う場合なら、現在は印刷の標準化が進んでいるので、Japan Color 2011 Coatedか、Japan Color 2001 Coatedにしておけばうまくいくことが多いです。
 1C印刷を行う場合なら、カラープロファイルはCMYKカラープロファイルなら何でも良いです。

gray_cmyk4

CMYKの新規画像を作成

グレーのチャンネルをCMYKのうちの1チャンネルに移す

操作 グレースケール画像を全選択してコピーします。

操作 新規作成したCMYK画像のチャンネルパネルを表示します。

gray_cmyk5

CMYK画像データのチャンネルパネル

操作 CMYKのうち、グレースケール画像を移したいチャンネルをクリックして選択します。

gray_cmyk6

グレースケール画像を移したいチャンネルを選択

操作 全選択してペーストします。

gray_cmyk7

全選択してペースト

操作 チャンネルの一番上の「CMYK」と書いてある行をクリックして、全チャンネルが表示された状態にします。

gray_cmyk8

「CMYK」の行をクリックして全チャンネルを表示する

 CMYKのうちの1版にグレースケール画像を移せました。

gray_cmyk9

完成したCMYK画像データ

 以上の作業で、グレースケール画像をCMYKのうちの1版だけを使用したCMYK画像として完成させることができました。

完成したCMYK画像データと元のグレースケール画像データの濃さの差について

 画像データの網点の濃さについては、グレースケール画像を作成したときに適切なドットゲインに変換しているので、そのときに決定させています。

 CMYK画像データに写した結果、CMYK画像に埋め込まれているカラープロファイルの内容に従ったドットゲインで画像が表示されるため、元のグレースケール画像とは見た目の濃さが変わる場合もあります。

 しかし、単純にグレースケール画像をペーストしただけなので、グレースケール画像の段階で決定させた網点の濃さはそのまま維持されています。

 よって、CMYK画像データの見た目の濃さが元の画像と違っていても心配いりません。

 以上、モノクロ写真をグレースケール画像でなくCMYK画像のK版かC版かM版かY版で作る方法をご紹介しました。

当ブログ参考記事

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正

  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理

  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ

など

Photoshopの本

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

消費税特集

 消費税10%と複数税率に伴って導入が予定されているインボイスの影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

-グレースケール・モノクロ画像の知識, Photoshopの使い方
-,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.