カラーマネジメントでよくある疑問

ディスプレイのキャリブレーション時 ガンマは2.2でたいてい問題ない

投稿日:2017年1月24日 更新日:

 ディスプレイのキャリブレーションをするとき、キャリブレーション目標のガンマの数値を自分で決める必要があります。
 以前はWindowsは2.2、Macは1.8と言っていたものが、最近は2.2で良いらしいと言われたりして迷う方も良いのではないでしょうか。
 ここでは、ディスプレイのキャリブレーション目標のガンマをどうすれば良いかご紹介します。

ディスプレイの入力:出力が1:1になれば良い

CRTディスプレイに映像の信号を送ったら、送った映像より暗くなる

 昔のブラウン管のCRTディスプレイに映像の信号を送ってみます。

 送った映像がそのまま映ると思いきや、実際は送った映像よりかなり暗く映ってしまいます。

 ディスプレイの入力:出力の関係が1:1にならないということです。

 CRTの蛍光体の特性でそうなります。

暗く映らないように、映像の信号を明るく補正してから送ると良い

 信号をそのまま送ると暗くなるので、わざと信号を明るく補正してからディスプレイに入力し、入力:出力1:1の関係になるようにしてみます。

 そうすると、ちょうど良い明るさで映ります。

CRTディスプレイの暗く映る度合い

 CRTディスプレイが暗く映る度合いを数字で表してみます。

 CRTの入力信号強度Iinと出力信号強度Ioutの関係を調べると以下のような関係があります。

Iout=Iinγ

 CRTのγ(ガンマ)がだいたい2.2くらいです。

身の回りの機器やデータの多くはガンマ2.2のディスプレイに合わせてある

 CRTディスプレイのガンマが2.2くらいなので、色々な機器やデータはガンマ2.2のディスプレイに合わせて作るようになりました。

 カラープロファイルのsRGB、AdobeRGBなどもガンマ2.2で表示する前提になっています。

 デジカメで写真を撮影すると、ガンマ2.2で表示した時にちょうどよく表示される前提でデータが出来上がります。

ディスプレイキャリブレーション時に決めるガンマの意味

 ディスプレイのガンマはおおまかには以上の説明のようなものです。

 それではディスプレイキャリブレーション時にガンマを2.2や1.8などに決める作業は何の意味があるのでしょうか。

ディスプレイのガンマは必ず2.2なわけではない

 CRTディスプレイのガンマは完璧に2.2というわけではなく、ディスプレイによって違いがあります。
 内部でガンマを2.2以外に調整していることもあります。

 現在は液晶ディスプレイが主であり、液晶ディスプレイはCRTディスプレイと仕組みが全く違うので、ガンマも2.2とは全然違います。

ディスプレイのガンマはお好みで調整できる

 ディスプレイは、そのままで単純に入力信号を送ってガンマ特性を調べれば、何らかのガンマになります。

 ところが実際は、ガンマがあまりにまちまちだと扱いにくいので、CRTでも液晶でもディスプレイはみなだいたいガンマ2.2を示すように内部で調整されています。

 さらに、ディスプレイのキャリブレーション作業では、ディスプレイのガンマ特性を初期状態のままにせず、希望のガンマ特性を示すように細かく調整します。

ディスプレイはガンマ2.2の特性になるように調整すれば都合が良い

身の回りの機器やデータに合わせてガンマ2.2にすれば良い

 身の回りの機器やデータのほとんどがガンマ2.2のディスプレイとやりとりするのに都合が良いように作ってあります。

 そこで、特別な事情がない限り、ディスプレイのガンマは2.2にするのが一番無難です。

カラーマネジメントの観点でもガンマ2.2で大丈夫

 Photoshopなどカラーマネジメント対応のアプリケーションソフトで画像データなどを扱う場合は、ICCプロファイルなどを使ってデータを正確に表示します。

 そのため、ディスプレイのガンマを2.2にしても1.8にしても表示は変わりません。

カラーマネジメント対応でないソフトで表示したらどうなるか

 カラーマネジメント対応でないソフトで画像データなどを表示した場合は、キャリブレーション目標に設定したディスプレイのガンマ特性で表示されます。

 ガンマ2.2に設定したなら、ガンマ2.2の特性で表示されます。

 もしsRGBやAdobeRGB色空間で作成された画像データなら、ガンマ2.2で表示する前提のデータになっているので、ガンマ2.2ならちょうどよく表示されます。

 よって、ガンマは2.2に調整しておくとほとんどの場合に都合が良いです。

 以上、ディスプレイのキャリブレーション目標のガンマはどう設定すれば良いかご紹介しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

カラーマネジメントの本

2019参院選特集

もし投票先が決まっていない場合は、毎日新聞の「えらぼーと2019」で投票先を検討するのも良いでしょう。

2019参院選では消費増税の是非が争点の一つになっています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、判断の参考になる動画とウェブページです。

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-カラーマネジメントでよくある疑問
-, ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.