写真のスキャニング・データ化

節目写真館で写真プリントのスキャン 高解像度の600dpiコースがある

投稿日:

DPE店のポケットアルバムの例

 以前フィルムカメラで撮影して同時プリントした写真プリントをスキャンしたい方は多いでしょう。
 写真プリントのスキャニングは300dpiが一般的ですが、もう少し高い解像度でスキャンしたい場合もあります。

 ここでは解像度600dpiでデータ化してくれる節目写真館の写真プリントのスキャニングサービスをご紹介します。

写真プリントのスキャンサービス 一般的にはスキャン解像度300dpiが多い

 写真プリントのスキャンサービスは、多くの場合スキャン解像度300dpiくらいで写真をデータ化してくれます。

スキャン解像度300dpiなら、元写真と同じサイズのプリントが可能

 例えばL判サイズ(127×89mm)の写真プリントを、スキャニングサービスでスキャン解像度300dpiでデータ化してもらったとします。

 その結果出来上がる写真のデータは、元写真と同じL判くらいのサイズでプリントするのに十分なサイズの画像データになります。

 このデータは家庭のインクジェットプリンターで印刷する場合も、L判くらいで印刷するのに十分なサイズです。

2L判でのプリントには耐えない

 写真プリントをスキャン解像度300dpiでスキャニングしたデータは、元写真より大きいサイズでプリントするにはサイズが足りません。

 例えばL判の写真をスキャン解像度300dpiでスキャニングした画像データは、L判の2倍のサイズである2L判のプリントには耐えません。
 無理やり2L判でプリントしてみたとしたら、画質が粗くなります。

600dpiでスキャンすると元写真の2倍のサイズでプリント可能

 写真プリントを600dpiでスキャニングすると、元写真のサイズの2倍のサイズでプリントするのに十分なサイズの画像データになります。

写真プリントを2倍に拡大したときの画質

 インクジェットプリンターで印刷した写真を600dpiでスキャニングしても、元写真の2倍のサイズで印刷すると画質の荒さが目立つかもしれません。

 一方、銀塩写真はインクジェットプリンターの出力と比べてかなり高い密度で画像が記録されているので、600dpiでスキャニングして2倍のサイズにプリントし直しても、ある程度まともな画質の写真になります。

節目写真館でスキャン解像度600dpiの写真プリントスキャニングが可能

 節目写真館のスキャニングサービスでは、写真プリントをスキャン解像度600dpiでスキャニングすることができます。

節目写真館のスキャニングサービス

解像度600dpiでスキャンすると、元写真の2倍のサイズでプリントが可能

 写真プリントを解像度600dpiでスキャニングすると、元写真の2倍くらいのサイズでプリントするのに十分なサイズの画像データになります。

 例えばL判の写真プリントを600dpiでスキャニングすると、L判の2倍のサイズである2L判でプリントするのに十分なサイズの画像データになります。

 また、この画像データは家庭のインクジェットプリンターで2L判のサイズで印刷するのにも十分なサイズです。

パソコン画面の表示にも十分なサイズ

 例えばL判(127×89mm)の写真プリントを600dpiでスキャニングすると、3000×2102pxの画像データになります。
 これは一般的なパソコンのモニターの2倍近いサイズなので、パソコン画面に表示するにも十分です。

節目写真館でスキャン可能な元写真の形態

 節目写真館では色々な形態の写真原稿のスキャニングに対応しています。

アルバムに貼ったまま依頼が可能

 プリント写真なら、昔ながらの台紙とフィルムに挟んで貼る方式のアルバムに貼ってある場合が多いでしょう。

 節目写真館ではアルバムに貼ったままでスキャニングを依頼することが可能な「アルバム」という料金設定が用意されています。

昔ながらの一般的なアルバム

昔ながらの一般的なアルバム

アルバム専用ではない台紙を利用したオリジナルのアルバム

アルバム専用ではない台紙を利用したオリジナルのアルバム

 アルバムを600dpiスキャニングに依頼すると、以下の種類の画像データが納品されます。

  • 収録されている写真1枚ごとの画像データ
  • アルバム1ページごとの画像データ

 スキャン作業では、アルバムの透明カバーフィルムを剥がしたうえで、写真は台紙に貼った状態のまま撮影を行うということです。

ポケットアルバムに入れた状態で依頼が可能

 アルバムでも、台紙とフィルムの間に貼る昔ながらの方式ではなく、ポケットに入れる方式のアルバムに整理している場合も多いでしょう。

 節目写真館では、ポケット式のアルバムに入れた状態で依頼が可能な「ポケットアルバム」という料金設定が用意されています。

DPE店のポケットアルバムの例

DPE店のポケットアルバムの例

市販のポケットアルバム

BOXタイプのポケットアルバム

 ポケットアルバムのスキャンを依頼すると、以下の画像データが納品されます。

  • 収録されている写真1枚ごとの画像データ

 スキャン作業は、基本的にポケットから写真を取り出したうえで行うといことです。

 なお、アルバムの1ページごとの画像データ作成には対応していないということです。

L判など一般的なバラの写真プリント

 バラのL判の写真のような、一般的なバラの写真プリントを依頼する「バラ写真(標準サイズ)」という料金設定が用意されています。

一般的なバラ写真

 「バラ写真(標準サイズ)」は以下のサイズのバラ写真に対応しています。

  • 名刺以上A4サイズまで

かなり小さいか、大きめのバラの写真プリントも依頼可能

 一般的な写真のサイズよりかなり小さい写真プリントや、大きめの写真プリントもスキャン依頼可能で、「バラ写真(特殊サイズ:台紙写真など)」という料金設定が用意されています。

台紙で綴じられた写真

エコー写真やプリクラ、証明写真など

 「バラ写真(特殊サイズ:台紙写真など)」は以下のサイズのバラ写真に対応しています。

  • 名刺サイズ以下、またはA4以上A3サイズまで

卒業アルバムやフォトブックは600dpiの依頼は不可

 卒業アルバムやフォトブックについては、300dpiのスキャニングしか対応していないということです。

 また、収録されている写真1点ごとの画像データの納品は不可で、納品画像は1ページごとのページ画像のみということです。

フォトブック

卒業アルバム

スキャニング後の画像データに施される処理など

日付のExif情報を埋め込み

 スキャニングを依頼する元写真に日付が印字されている場合は、その日付をExif情報として画像データに記録してくれる「節目スタンプ」というオプションが含まれています。

自動色補正

 600dpiのスキャニングには「おまかせ色補正」という自動色補正のオプションが含まれます。

フォルダ分け

 アルバムなら1冊ごと、バラ写真なら束ごとにフォルダ分けして画像データを収録してくれます。

納品形態

 納品データは、基本的にJPG画像をパソコン用DVDに記録して届けられます。

 別料金のオプションで、一例として以下のようなオプションがいろいろ用意されています。

  • テレビ用スライドショーDVD作成
  • USBメモリで納品
  • microSDカードで納品

など。

節目写真館は写真のスキャニングサービスの大手

 日本でプリント写真やフィルムをスキャンするサービスを探した場合、とりあえず富士フイルムのスキャニングサービスか節目写真館のスキャニングサービスが見つかり、比較する場合が多いでしょう。

 節目写真館は写真スキャニングサービスの大手です。
 スキャニングに使用している機材類は富士フイルムとほぼ変わりがないようです。

節目写真館のスキャニング機材の例

 富士フイルムと機材類もほぼ同じで品質にも差はないようですが、納期の異なる複数の料金プランを作るなどの方法で富士フイルムより低価格のプランを実現しています。

節目写真館のスキャニングサービス

 以上、解像度600dpiでデータ化してくれる節目写真館の写真プリントのスキャニングサービスをご紹介しました。

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

カメラ撮影の本

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

消費税特集

 消費税10%と複数税率に伴って導入が予定されているインボイスの影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-写真のスキャニング・データ化
-, , , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.