不要になった電子機器の正しい処理

蛍光管の廃棄の方法

投稿日:2017年4月18日 更新日:

 不要になった蛍光管は水銀も入っているので適切に処理する必要があります。

 生産活動や表現活動は不用物の廃棄に至るまで適切に行って、持続可能な活動にしましょう。

 ここでは蛍光管の廃棄方法について、情報源をご紹介します。

事業所の蛍光ランプを廃棄する場合

 事業所から排出される廃棄用の蛍光管は、産業廃棄物として事業者自ら処理する必要があるということです。

 事業所から、水銀使用製品産業廃棄物の処理を業として行うことができる者として都道府県知事の許可を受けた産業廃棄物処理業者に委託をするため、各自治体に問い合わせる必要があります。

 蛍光管のメーカーの一つである東芝ライテックの以下のページに、事業所の蛍光ランプの廃棄についての案内があります。

 また、一般社団法人日本照明工業会のウェブサイトにも、事業所の蛍光ランプの排出について案内があります。

家庭の蛍光灯を廃棄する場合

自治体の収集方法に従う

 一般家庭の蛍光ランプ・電球型蛍光ランプは自治体の処理方法に従って廃棄するということです。

 蛍光管のメーカーの一つである東芝ライテックの以下のページに、家庭の蛍光ランプの廃棄についての案内があります。

 また、一般社団法人日本照明工業会のウェブサイトにも、家庭の蛍光ランプの排出について案内があります。

自治体の蛍光管の収集方法の例

 自治体の蛍光管の収集方法は、各自治体のウェブサイトなどで確認できます。

 以下に一例をあげます。

別海町の蛍光管の廃棄方法

 別海町の蛍光管の廃棄方法は、以下のページなどで案内されています。

札幌市の蛍光管リサイクル

 札幌市のウェブサイトによれば、札幌市の家庭から排出される環型・直管型・電球型の蛍光管は回収協力店(市内の電気店・家電量販店・スーパーマーケット・ホームセンター)に持ち込みます。

 その後リサイクル施設で処理されるということです。

 札幌市のウェブサイト内に、札幌市内の蛍光管回収協力店のリストも掲載されています。

室蘭市の蛍光管の廃棄方法

 室蘭市の蛍光管の廃棄方法は以下のページなどで案内されています。

 以上、蛍光管の廃棄方法についての情報でした。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

廃棄物処理関連の本



-不要になった電子機器の正しい処理
-,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.