カラーマネジメント対応ソフトの操作 Illustratorに関する記事 PDFに関する記事

IllustratorからPDF/X-1aを書き出す方法の一例

2021年5月12日

 Adobe® Illustrator®で印刷用のレイアウトデータを作り、PDF/X-1aで書き出すケースは多いでしょう。
 その場合、PDF書き出し画面のプリセットを単純に使って良いのか、多少設定を変えた方が良いのか迷うこともあるでしょう。

 ここではIllustratorからPDF/X-1aを書き出す手順の一例を見てみます。

※印刷所によっては、自社用のPDF/X-1a書き出し設定を用意している場合もあり、このページで紹介する設定はあくまで一例です。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ
再生可能エネルギーを中心とした電力を供給する電力会社を選ぶときに便利なサイト。

 

Illustratorでトンボなど必要なものも付けて、PDF/X-1aで書き出す場合

 Illustratorで印刷用の版下データを作る時、使用する用紙よりひとまわり大きいアートボードを作り、トンボなどの必要なものを自分で付けてデータを完成させることも多いでしょう。
 その場合のPDF/X-1aの書き出し方をみてみます。

印刷所が希望する仕様でデータを作る

 Illustratorでデータを作り、PDF/X-1aで書き出すと言っても、色々と異なる設定にする余地があります。

 印刷所によって、Illustratorのドキュメントの設定や、PDF/X-1a書き出し時の設定について、このように設定して下さい、と仕様を示している場合が多いでしょう。
 自社で印刷するなら、データの仕様に関する社内の取り決めがあるでしょう。

 基本的には印刷所が示す仕様や社内で決めてあるルールに従って作ります。

イラストレーターのカラー設定

 イラストレーターのカラー設定は、このページの例では「プリプレス用-日本2」のプリセットを選択してあると仮定します。

 その結果、たいていは以下のような設定になります。

  • 作業用スペースのCMYK色空間: JapanColor2001Coated
  • 作業用スペースのRGB色空間: AdobeRGB
  • カラーマネジメントポリシー RGB: 埋め込まれたプロファイルを保持
  • カラーマネジメントポリシー CMYK: カラー値を保持(リンクされたプロファイルを無視)


リンク配置する画像

 プロファイル埋め込みのRGB画像をリンクで配置すると、埋め込みプロファイルが保持されて正常な色で表示されます。

 カラー設定を「プリプレス-日本2」にして新規CMYKドキュメントを作成すると、ドキュメントのプロファイルはJapanColor2001Coatedになります。
 このドキュメントにCMYK画像を配置すると、プロファイルが埋め込まれていても無視されて、JapanColor2001Coatedの色空間で表示されます。

画像以外のオブジェクト

 CMYKのドキュメントなので、画像以外のオブジェクトはすべてCMYKで作られているとします。

トンボなど必要なものを付ける

 トンボなど、印刷所で印刷にまわすにあたり付ける必要のあるものをすべて付けてあるとします。

完成したレイアウトデータ

完成したレイアウトデータ

フォントのアウトライン化

 フォントをアウトライン化してPDFを書き出すか、アウトライン化せずに書き出してフォント埋め込みのPDFにするか、といったことは印刷所の要望によります。

PDF/X-1aを書き出す

手順1 「Adobe PDF (pdf)」形式で保存

 メニューから[ファイル>別名で保存]と進み、「ファイル形式:」で「Adobe PDF (pdf)」を選び、「保存」をクリックします。

ファイル形式でAdobe PDFを選択して保存

ファイル形式でAdobe PDFを選択して保存

手順2 PDF書き出しの設定画面でPDF/X-1aのプリセットを選択

 「Adobe PDFを保存」の画面が表示されます。

「Adobe PDFを保存」

「Adobe PDFを保存」

 「Adobe PDF プリセット:」で「PDF/X-1a:2001(日本)」を選択します。

「Adobe PDF プリセット」で「PDF/X-1a:2001(日本)」を選択

「Adobe PDF プリセット」で「PDF/X-1a:2001(日本)」を選択

手順3 「圧縮」の欄の設定

 PDF/X-1aのプリセットを選んだ場合、画像の圧縮率については、450ppiを超えるときは300ppiに下げる、という設定になっています。

PDF/X-1aのプリセットを選んだときの、画像の圧縮に関する設定

PDF/X-1aのプリセットを選んだときの、画像の圧縮に関する設定

 例えば350dpiで幅180mmの画像データをイラストレーターで幅180mmで配置すると、レイアウトデータ上での解像度は350dpiです。
 一方、同じ画像データをイラストレーター上で縮小して幅180mmより小さく配置すると、レイアウトデータ上での解像度は350ppiより高くなり、小さく配置するほどさらに解像度は高くなります。
 レイアウトソフト上で必要以上に解像度が高い状態の画像をそのままPDF書き出しすると容量なども無駄なので、印刷に必要な範囲の解像度に下げる処理が行われます。

 一般的なオフセット印刷なら、コート紙に印刷する時で画像解像度は350dpiあれば足りるので、たいてい印刷用の画像は350dpiで作ることが多いです。

 300dpiで印刷すると商品にならないほど画質が悪くなるということはありませんが、せっかく350dpi以上ある画像をわざわざ300dpiに下げてしまうのは避けたいでしょう。
 そこで、画像がダウンサンプルされるときの解像度の設定を、300ppiから350ppiに変更するのも良いでしょう。

 「圧縮」の「カラー画像」「グレースケール画像」ともに、ダウンサンプルの解像度の設定欄を350ppiにしてみます。

画像がダウンサンプルされるときの解像度を変更してみる

画像がダウンサンプルされるときの解像度を変更してみる

手順4 トンボと裁ち落としの設定

 「トンボと裁ち落とし」の設定欄を確認します。
 使用する用紙よりひとまわり大きいアートボードを作り、トンボその他の印刷に必要なものをすべて手動で作っているなら、PDF書き出し時はトンボと裁ち落としは何も設定しなくて良いでしょう。

 ここではチェックをすべて外したままにします。

トンボと裁ち落としの設定欄

トンボと裁ち落としの設定欄

手順5 「出力」で出力インテントなど印刷条件に関する設定

 「出力」の設定欄で、印刷条件に関する設定を行います。

 たいていは、プリセットで「PDF/X-1a:2001(日本)」を選んだままの状態で良いかもしれません。

「出力」の設定欄

「出力」の設定欄

 この設定内容では、PDFはコート紙のJapanColorの条件で印刷する場合に適したデータとして書き出されます。

 RGB画像が含まれていた場合は、JapanColor2001Coatedにプロファイル変換されます。

 出力インテントが「JapanColor2001Coated」になります。
 これは、このPDFはJapanColor2001Coatedの条件で印刷することを意図したPDFです、という意味です。
 これにより、このPDFを受け取った人は、このPDFを書き出した人はJapanColor2001Coatedの条件で印刷する前提でPDFを書き出したのか、と思って作業を進めることになります。

「出力」の設定を変更する人は少ないと思われる

 実際の印刷条件を考慮して、「出力」の欄の設定を変更する人は少ないと思われます。

 PDF入稿を受け付けている印刷所は多く、印刷業界以外の人がPDFを書き出して入稿するケースが増えていますが、印刷業界以外の人が出力条件に合わせてプロファイルを選択したりするのは困難であり、受注する印刷所も依頼主がCMYKプロファイルを色々と設定するのは困難だと思っている場合が多いでしょう。

 そのため、ほとんどの場合、意識するとしないとにかかわらずJapanColor2001Coatedを前提にしたPDFが作られ、印刷所はJapanColor2001Coatedでデータが持ち込まれる前提で、何とか問題なく印刷できるよう段取りをとっているものと思われます。

「出力」の欄は印刷条件に合わせて設定できる

 仕組み上は、「出力」の欄は印刷条件に合わせて設定する建前になっています。

 例えば上質紙にJapanColorの条件で印刷するなら、「出力先」で「JapanColor2001Uncoated」などを選択すると、出力インテントも「JapanColor2001Uncoated」になり、上質紙にJapanColorの条件で印刷するのに適したPDFになります。

 ただし、もし上質紙に印刷する予定だとしても、PDFデータを受け取る人はJapanColor2001CoatedのPDFしか受け取ったことがない可能性も高く、そこへ出力先をJapanColor2001Uncoatedにして書き出したPDF/X-1aを渡すと、受け取ったは人はいつも通りJapanColor2001CoatedのPDFだと思い込んで作業を進めて、意図した通りには印刷されない可能性も高いです。

 よって、PDFを書き出す人も受け取る人もある程度詳しく、前段階で「出力」の設定について話をしているような場合でなければ、「出力」の設定はなにも変えない方が無難でしょう。

手順6 「詳細」の設定

 「詳細」の欄で透明効果を使っている部分の分割・統合の処理を施す際の解像度などを設定できます。
 印刷所が設定内容を示している場合はそれに従います。

手順7 PDFを書き出す

 「PDFを保存」をクリックして、PDFを書き出します。

書き出したPDF/X-1a

書き出したPDF/X-1a

Illustratorでトンボなどの必要なものを付けずに、PDF/X-1a書き出しする場合

Illustratorのドキュメントの作成

 Illustratorの新規ドキュメントの作成で、印刷用のプリセットを利用するなどして、使用する用紙サイズと同じサイズのドキュメントを作ります。

用紙サイズと同じサイズでIllustratorの新規ドキュメントを作成

用紙サイズと同じサイズでIllustratorの新規ドキュメントを作成

 「ドキュメントのラスタライズ効果設定」など、イラストレーターのドキュメントを作る時の各種設定は都合に合わせて設定します。

 必要なものを配置してデータを完成させます。

用紙のサイズと同じサイズのアートボードで作ったドキュメント

用紙のサイズと同じサイズのアートボードで作ったドキュメント

PDF/X-1aの書き出し

手順1 前出の説明と同じく進める

 「別名で保存」で「ファイル形式」に「Adobe PDF(pdf)」を選択し、保存します。

 「Adobe PDFを保存」の画面で「PDF/X-1a:2001(日本)」のプリセットを選び、「圧縮」「出力」「詳細」などは前出の説明と同じように設定します。

手順2 トンボと裁ち落とし

 Illustratorのドキュメントはトンボなどの印刷に必要なものを何も付けていないので、「トンボと裁ち落とし」の設定でトンボなどを付けるよう設定します。

 例えば「すべてのトンボとページ情報をプリント」にチェックを入れます。

 裁ち落としの幅についてはIllustratorのドキュメントですでに設定してあるので、「ドキュメントの裁ち落とし設定を使用」にチェックを入れます。

「トンボと裁ち落とし」ですべてチェックを入れてみた例

「トンボと裁ち落とし」ですべてチェックを入れてみた例

手順3 PDFの書き出し

 「PDFを保存」をクリックし、PDFを書き出します。

書き出したPDF/X-1a

書き出したPDF/X-1a

 Illustratorのドキュメントに設定されていた裁ち落とし3mmが確保され、トンボやその他の印刷の目印になるものが一通り付いたPDF/X-1aが書き出せました。

 以上、IllustratorからPDF/X-1aを書き出す手順の一例を見てみました。


 

参考記事

blank
IllustratorからPDF/X-1a書き出し時、リンク画像の色はどう変わるか

 Adobe® Illustrator®上のオブジェクトのプロファイルの条件により、書き出したPDF上のリンク画像の色は様々に変わります。  ここでは、イラストレーターのCMYKドキュ ...

カラーマネジメントの本

当事務所について

blank

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

関連するコンテンツ

-カラーマネジメント対応ソフトの操作, Illustratorに関する記事, PDFに関する記事
-, , , ,

© 2021 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜