プリンター用紙

EPSON Ultra Smooth Fine Art Paperの表裏の見分け方の例

セイコーエプソン UltraSmooth Fine Art Paper (A2/25枚) KA225USFA

 EPSON®のインクジェットプリンター用紙「Ultra Smooth Fine Art Paper」は表と裏の見た目がとても似ており、表裏の区別がつきにくいです。
「Ultra Smooth Fine Art Paper」の表裏を判断する方法の一例をみてみます。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ
再生可能エネルギーを中心とした電力を供給する電力会社を選ぶときに便利なサイト。

 

説明の紙で表面が示してある

 「Ultra Smooth Fine Art Paper」の箱の中に説明書や小さな説明書きが入っており、どちらが印刷面か説明されています。

 印刷面を確認し、箱から用紙を取り出して、印刷面を上にした状態でプリンターまで持っていって給紙をします。

表裏が分からなくなったら見た目で判断

 箱の中の説明書きでどちらが印刷面かが分かりますが、当然ながら用紙自体には何も書かれていません。
 そのため、どちらが印刷面か確認して箱から出しても、準備のために一旦作業台の上に置いたりしているうちにどちらが印刷面か分からなくなることもあるでしょう。

 その場合は見た目で判断できます。

 用紙を窓の方なり照明の方なりに向けて、用紙の表面に光を反射させて表面の凹凸の状態を見ます。
 印刷面は非常に滑らかで凹凸はほとんどありませんが、裏面はわずかに凹凸が見えます。

 以上、「Ultra Smooth Fine Art Paper」の表裏を判断する方法の一例をみてみま



当事務所の写真・グラフィック出力サービス

 仕事や創作活動で写真・グラフィックのデータを完成させたら、最終的なプリンター出力を当方にご依頼いただけますと幸いです。

技術は人のためにある

 人の暮らしに役立つ道具を作るのが技術、工学の目的です。写真や画像に関する仕事や創作活動を意義あるものにするため選挙、国会への請願その他種々の方法で主権を行使することは欠かせないでしょう。

浜野謙太 投票はあなたの声 #shorts|VOICE PROJECT 投票はあなたの声

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

-プリンター用紙
-

© 2022 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜