Epson Photo+で印刷 写真のプロファイルと印刷結果の関係

 Epson®のプリンターで印刷するとき、Epson Photo+を使う場合は多いでしょう。
 写真をEpson Photo+で印刷するとき、写真の画像データのプロファイルの種類や埋込の有無によって少し結果が異なります。

 写真のデータのプロファイルの種類や埋込プロファイルの有無と、Epson Photo+の印刷結果の関係をみてみます。

  1. Epson Photo+は写真が簡単に印刷できるソフト
  2. Epson Photo+で印刷する際の、色に関する設定、操作
  3. Epson Photo+で様々なプロファイルの写真を印刷した結果
    1. sRGBで、埋込プロファイルあり、の画像データを印刷した場合
      1. 色補正なし
      2. オートフォトファイン!EX
    2. sRGBで、埋込プロファイルなし、の画像データを印刷した場合
      1. 色補正なし
      2. オートフォトファイン!EX
    3. AdobeRGBで、埋込プロファイルあり、の画像データを印刷した場合
      1. 色補正なし
      2. オートフォトファイン!EX
    4. AdobeRGBで、埋込プロファイルなし、の画像データを印刷した場合
      1. 色補正なし
      2. オートフォトファイン!EX
    5. JapanColor2001Coatedで、埋込プロファイルあり、の画像データを印刷した場合
      1. 色補正なし
      2. オートフォトファイン!EX
  4. Epson Photo+の印刷結果とプロファイルの関係
    1. sRGBの画像データは問題なく印刷できる
      1. カメラでsRGBモードで撮影すると、sRGB埋め込みの画像データになる
      2. RAW現像した場合、色空間をsRGBにしてJPG書き出しするとsRGB埋込の画像データになる
      3. AdobeRGB埋め込みのJPGをsRGB埋め込みのJPGに変換したい場合
    2. プロファイル埋め込みの画像は「色補正なし」なら正常に印刷できる
    3. sRGB以外のプロファイル埋め込みの画像は、「オートフォトファイン!EX」使用ではあまり正常に印刷できない

Epson Photo+は写真が簡単に印刷できるソフト

 Epson Photo+はEpsonのプリンターの添付ソフトで、写真が簡単に印刷できるソフトです。

 詳しい色管理に関する設定などはありません。
 色に関する詳細な設定はないため、カラーマネジメントに詳しくない人でも悩まずに印刷できるようになっています。

Epson Photo+で印刷する際の、色に関する設定、操作

 Epson Photo+で印刷する場合、カラーマネジメントに関する詳しい設定欄はありませんが、色の調整に関する操作は可能です。

 写真のレイアウトの画面で写真をクリックすると、右に「色補正」というボタンが表示されます。
 このボタンをクリックすると色の調整の画面が表示されます。

「色補正」のボタン

 色の調整に関する画面で、自動補正を行うかどうかを選択できます。
 自動補正しない場合は「なし」、自動補正を行う場合は「オートフォトファイン!EX」を選択します。

自動補正に関する設定欄

 「オートフォトファイン!EX」を選択した場合、補正モードを選択したり、手動で色調整を行えます。

「オートフォトファイン!EX」を選択した場合

Epson Photo+で様々なプロファイルの写真を印刷した結果

 Epson Photo+で様々なプロファイルの写真を印刷して、結果をみてみました。

 用紙はEPSON純正紙「写真用紙ライト 薄手光沢」を使用しています。

sRGBで、埋込プロファイルあり、の画像データを印刷した場合

色補正なし

 sRGBの画像で、カラープロファイル埋め込みの画像データを、Epson Photo+で色補正なしで印刷してみます。

sRGB、カラープロファイル埋込あり、の元画像

 結果は、元画像とほぼ近い印刷結果になりました。

sRGB、カラープロファイル埋込あり、の元画像の「色補正なし」の印刷結果

オートフォトファイン!EX

 sRGBの画像で、カラープロファイル埋め込みの画像データを、Epson Photo+でオートフォトファイン!EX 標準モードで印刷してみます。

sRGB、カラープロファイル埋込あり、の元画像

 結果は、無難な印刷結果になりました。
 元画像に補正の必要がほとんどないため、色補正なしのときと結果はほとんど差はありません。

sRGB、カラープロファイル埋込あり、の画像の「オートフォトファイン!EX」標準モードの印刷結果

 別の暗めに写った写真のsRGBカラープロファイル埋め込みの画像データを、Epson Photo+でオートフォトファイン!EX 人物モードで印刷してみます。

sRGB、カラープロファイル埋込あり、の元画像

 結果は、ソフトで明るさや色が調整されて、少し明るく印刷されました。

sRGB、カラープロファイル埋込あり、の画像の「オートフォトファイン!EX」人物モードの印刷結果

 人物のみが写った写真のsRGBカラープロファイル埋め込みの画像データを、Epson Photo+でオートフォトファイン!EX 人物モードで印刷してみます。

sRGB、カラープロファイル埋込あり、の元画像

 結果は、元画像とほぼ近い見た目の印刷結果でした。
 使用した写真が明るさ、コントラスト、色ともにちょうど良い状態で補正する必要があまりないためだと思われます。

sRGB、カラープロファイル埋込あり、の画像の「オートフォトファイン!EX」人物モードの印刷結果

sRGBで、埋込プロファイルなし、の画像データを印刷した場合

色補正なし

 sRGBの画像で、カラープロファイル埋め込みなしの画像データを、Epson Photo+で色補正なしで印刷してみます。

sRGB、カラープロファイル埋込なし、の元画像

 結果は、sRGB埋込ありの場合とほぼ同じです。

sRGB、カラープロファイル埋込なし、の元画像の「色補正なし」の印刷結果

オートフォトファイン!EX

 sRGBの画像で、カラープロファイル埋め込みなしの画像データを、Epson Photo+でオートフォトファイン!EX 標準モードで印刷してみます。

sRGB、カラープロファイル埋込なし、の元画像

 結果は、sRGB埋込ありの場合とほぼ同じです。

sRGB、カラープロファイル埋込なし、の画像の「オートフォトファイン!EX」標準モードの印刷結果

AdobeRGBで、埋込プロファイルあり、の画像データを印刷した場合

色補正なし

 AdobeRGBの画像で、カラープロファイル埋め込みの画像データを、Epson Photo+で色補正なしで印刷してみます。

AdobeRGB、カラープロファイル埋込あり、の元画像

 結果は、元画像とほぼ近い印刷結果になりました。

AdobeRGB、カラープロファイル埋込あり、の画像の「色補正なし」の印刷結果

オートフォトファイン!EX

 AdobeRGBの画像で、カラープロファイル埋め込みの画像データを、Epson Photo+でオートフォトファイン!EX 標準モードで印刷してみます。

AdobeRGB、カラープロファイル埋込あり、の元画像

 結果は、色が悪い印刷結果になりました。
 AdobeRGBの画像データにsRGBを指定して、そのままか、または多少は調整がかかったのか、と思える印刷結果でした。

AdobeRGB、カラープロファイル埋込あり、の画像の「オートフォトファイン!EX」標準モードの印刷結果

AdobeRGBで、埋込プロファイルなし、の画像データを印刷した場合

色補正なし

 AdobeRGBの画像で、カラープロファイル埋め込みなしの画像データを、Epson Photo+で色補正なしで印刷してみます。

AdobeRGB、カラープロファイル埋込なし、の元画像

 結果は、色が悪い印刷結果になりました。
 AdobeRGBの画像データにsRGBを指定した状態と似たような色の印刷結果でした。

AdobeRGB、カラープロファイル埋込なし、の画像の「色補正なし」の印刷結果

オートフォトファイン!EX

 AdobeRGBの画像で、カラープロファイル埋め込みなしの画像データを、Epson Photo+でオートフォトファイン!EX 標準モードで印刷してみます。

AdobeRGB、カラープロファイル埋込なし、の元画像

 結果は、色が悪い印刷結果になりました。
 AdobeRGBの画像データにsRGBを指定して、そのままか、少し調整が加えられたか、と思える印刷結果でした。

AdobeRGB、カラープロファイル埋込なし、の画像の「オートフォトファイン!EX」標準モードの印刷結果

JapanColor2001Coatedで、埋込プロファイルあり、の画像データを印刷した場合

色補正なし

 JapanColor2001Coatedの画像で、カラープロファイル埋め込みの画像データを、Epson Photo+で色補正なしで印刷してみます。

JapanColor2001Coated、カラープロファイル埋込あり、の元画像

 結果は、元画像とほぼ近い印刷結果になりました。

JapanColor2001Coated、カラープロファイル埋込あり、の画像の「色補正なし」の印刷結果

オートフォトファイン!EX

 JapanColor2001Coatedの画像で、カラープロファイル埋め込みの画像データを、Epson Photo+でオートフォトファイン!EX 標準モードで印刷してみます。

JapanColor2001Coated、カラープロファイル埋込あり、の元画像

 結果は、CMYKの画像にオートフォトファイン!EXで自動補正をかけようとすると、画像が認識されず、絵柄が何も印刷されずに白紙のまま出力されます。

Epson Photo+の印刷結果とプロファイルの関係

sRGBの画像データは問題なく印刷できる

 sRGBの画像データなら、Epson Photo+で何も問題なく印刷できます。

 sRGBの画像であれば、埋込プロファイルありでも、なしでも、問題なく印刷できるようです。

 自分で調整した写真なら「色補正なし」で、自動調整をかけたければ「オートフォトファイン!EX」でいずれかのモードを選べば、無難な印刷結果が得られます。

参考記事

カラーマネジメントの知識なしで画面とプリンターの色を合わせる方法
 一般的な、ICCカラープロファイルを使用したカラーマネジメントによってパソコン画面とプリンターの印刷結果の色を合わせる方法は、精度はある程度高いですが結構ややこしい作業です。  それほど高い精度は求めないので、日常の利用に足りる...
sRGBとは、現在カメラやモニター等で共通で使われている標準色空間
 sRGBは国際的な標準色空間です。  デジカメやパソコンなど、世の中の色を扱う機器は、初心者向けの設定で使うとだいたいsRGB色空間で色を扱うように作られています。  ここでは、sRGBとはどのようなものか簡単にご紹介します。...

カメラでsRGBモードで撮影すると、sRGB埋め込みの画像データになる

 デジカメでJPGで撮影する場合、デジカメの色空間の設定をsRGBにしておけば、撮影結果の画像データはsRGB埋込の状態になります。

RAW現像した場合、色空間をsRGBにしてJPG書き出しするとsRGB埋込の画像データになる

 RAWで撮影した写真をsRGBにしたい場合は次のようにします。

 RAW現像ソフトで現像したら、データの書き出し時の色空間をsRGBに設定して、JPGで書き出します。
 これでsRGB埋込のJPGデータになります。

AdobeRGB埋め込みのJPGをsRGB埋め込みのJPGに変換したい場合

 デジカメの色空間をAdobeRGBに設定して撮影してしまったものの、Epson Photo+で楽に印刷できるようsRGBで撮影すれば良かった、と思う場合もあるでしょう。
 そのような時は、AdobeRGBのJPG画像をsRGBのJPG画像に変換することが可能です。
 変換方法は、当ブログの以下の記事等をご参照ください。

参考記事

AdobeRGBで撮影した写真を、店でプリントするための色の変換方法
 デジカメでAdobeRGBのモードを使って撮影した写真を、店にプリントに出したところ、くすんだ色でプリントされる経験をされた方は多いのではないでしょうか。  sRGBで撮影すれば解決するとはいえ、念のためより広い色空間である...
AdobeRGBで撮影し店でプリントする方法 Photoshop Elementsで一処理加える
 デジカメで撮影するとき、念のためAdobeRGBモードで撮影したいこともあるでしょう。  しかし、AdobeRGBの写真をそのまま店でプリントすると色が変わってしまうことが多いです。  色が変わってしまわないためには、簡単な変...
GIMPを使ってAdobeRGBの写真を店のデジカメプリント用に変換する方法
 AdobeRGBの設定でデジカメで写真を撮影し、店にプリントに出したとき、プリント結果がくすんだ色になってしまうケースがよくあります。  ここでは、GIMPを使って、AdobeRGBのデジカメ写真を店でプリントしたときに色が...

プロファイル埋め込みの画像は「色補正なし」なら正常に印刷できる

 sRGBに限らず、AdobeRGBでも、JapanColor2001CoatedなどのCMYKプロファイルでも、プロファイル埋め込みの画像なら、Epson Photo+で「色補正なし」で印刷すると正常に印刷できます。

 ただし、「色補正なし」で印刷すると元画像に近い見た目で印刷されるので、明るさ、コントラスト、色などに不満がある場合はあらかじめ自分で調整する必要があります。

sRGB以外のプロファイル埋め込みの画像は、「オートフォトファイン!EX」使用ではあまり正常に印刷できない

 AdobeRGBなど、sRGB以外のRGBプロファイル埋め込みの画像データは、「オートフォトファイン!EX」を使用して印刷しようとすると、埋め込みプロファイルが無視されてsRGBが指定されるか何かするようです。

 そのため、あまり良い色にはなりにくいようです。

 CMYKプロファイル埋め込みの画像データの場合、「オートフォトファイン!EX」を使用して印刷しようとすると、白紙で印刷されてしまいます。

 以上、写真のデータのプロファイルの種類や埋込プロファイルの有無と、Epson Photo+の印刷結果の関係をみてみました。

参考記事

カラーマネジメントの知識なしで画面とプリンターの色を合わせる方法
 一般的な、ICCカラープロファイルを使用したカラーマネジメントによってパソコン画面とプリンターの印刷結果の色を合わせる方法は、精度はある程度高いですが結構ややこしい作業です。  それほど高い精度は求めないので、日常の利用に足りる...
EPSON® E-Photoで写真を印刷する方法 設定・手順の一例
 EPSON®のプリンターを使っている場合、E-Photoで写真を印刷する人は多いでしょう。  E-Photoで印刷するとき、無難な仕上がりできれいに印刷できる設定と手順の一例をご紹介します。 E-Photoで写...
E-Photoで写真印刷 カラープロファイルはどう扱われるか
 EPSON®のプリンターを持ちの方で、付属ソフトの「E-Photo」で写真を印刷する方は多いのではないでしょうか。  「E-Photo」で写真を印刷するときに、写真データのカラープロファイルの種類などによって印刷結果が異...
プリンターで写真をきれいに印刷する 誰でもできる簡単な方法
 デジカメの時代になって、プリンターで自分で写真を印刷する機会が増えました。  ところが、自分で印刷する場合、適切な方法で印刷しないと変な色になったりします。  ここでは、誰でもできるだけ簡単に、プリンターで写真を無難なきれ...