目が疲れないシャープの電子ノート アナログとデジタルの両方の利点を持つ手帳・ノート

シャープ 電子ノート 電子メモ WG-PN1 手帳機能付き Eink 電子ペーパーディスプレイ搭載

 シャープの電子ノートは、とても使いやすい手帳です。
 アナログにデジタルの利点を少し取り入れたことで絶妙な使いやすさになっています。

 ここではシャープの電子ノートをご紹介します。

電子機器を買うときの参考情報

 電子機器の製造で使用される原料には、深刻な国際問題が関係しています。

 当然ながら、機器を使用する私たちユーザーもそれら国際問題の当事者の一人です。

 そのため、電子機器を買う場合は社会的責任を果たしているメーカーや店の製品を選びましょう。

武装勢力や児童労働と関わりのある原料を使っていないかどうか

 報道によれば、電子機器の製造に必要な鉱物は武装勢力の資金源になっている鉱山で生産されたものもあるということです。

参考の動画

 また、原料の採掘作業において児童労働が行なわれていることも明らかになっています。

参考リンク

コンゴ民主共和国:スマートフォンの裏に児童労働 : アムネスティ日本 AMNESTY
アップル、サムソン、ソニーなど著名なエレクトロニクス企業は、児童労働など不当に採掘されたコバルトが自社の製品に使われていないかどうかを認識していない。アムネスティ・インターナショナルとアフリウォッチは1月19日、調査報告書の中で明らかにした。

参考書籍

人新世の「資本論」/斎藤幸平
icon
icon
icon

 「人新生の「資本論」」で先進国から他の貧困国へ環境汚染その他の被害が押し付けられ外部化されていることが説明されています。

楽天ブックス Amazon

 私たちとしては、そういった鉱山で生産された鉱物を使用していない製品を選ぶ必要があります。

 電子機器を購入する場合、紛争や児童労働などに関わりのない鉱物を使用しているかどうかなど、製造メーカーがきちんと管理された道筋で原料を調達しているかどうかを確認すると良いでしょう。

 メーカー企業のウェブサイト等で原料調達に関する取り組みについて記載があり、会社によっては報告書などが公開されています。
 自社製品に紛争鉱物を使っていないかどうか調べたと書かれていたり、調べたが調べきれなかったと書かれていたりします。

参考リンク

シャープの電子ノートは手書き式の半アナログ半デジタル手帳

 シャープの電子ノートは、手書き式の半アナログ半デジタル手帳です。

購入するときはまず中古を探してみましょう

 機器を購入するとき、環境負荷低減のためにまずは中古で良いものがないか探してみると良いでしょう。
 中古で購入できれば新品を1台製造せずに済むので、その分環境負荷を大幅に低くできます。

 例えばハードオフのネット通販サイトで検索してみると、シャープの電子ノートも結構ヒットします。

ソフマップの中古専門サイト「リコレ!」
リコレ!ソフマップの中古通販サイト

 ハードオフのネット通販サイトで検索して目的の製品の在庫が自分の地元のハードオフの店舗にあることが分かれば、JR、市電、地下鉄、バス、徒歩などで買ってくると宅配による環境負荷もかかりません。

中古通販のオフモール(ハードオフ公式サイト)
オフモールは、全国で中古品を扱うハードオフコーポレーションの公式総合中古通販サイトです。家電・オーディオ・パソコン・テレビ・デジカメ・時計・楽器・スマートフォンなど全国の中古商品を毎日更新中!売り切れにご注意ください!


楽天市場 ソフマップ
icon ビックカメラ
icon Amazon


楽天市場 ソフマップ
icon Amazon 

 テキスト入力はできませんし、テキストデータを扱うことはできません。

 記録は手書きで行い、手書きした文字が画像データとして保存されます。

 紙の手帳なら、紙にペンで書き、テキストデータが保存されるわけではありません。
 電子ノートも、液晶画面に専用ペンで書き、テキストデータが保存されるわけではありません。

 当ブログ運営者の私が思う、紙の手帳の特徴と電子ノートの特徴をあげてみます。

紙の手帳の特徴

紙の手帳の良い点

  • 紙が白く、字が見やすい。
  • 字が書きやすい。
  • ページを素早くめくれる。
  • 手帳全体を素早く見渡せる。

紙の手帳の難点

  • ページが増えるにつれ重くなる。
  • 毎年買い換えるので、ものが増える。
  • 何冊も持ち歩けば、重い。
  • 手帳の他にメモ帳なども用意すると、冊数が増えて重い。

電子ノートの特徴

電子ノートの良い点

  • ページが増えても重さが変わらない。
  • デジタルデータなので、過去の手帳の内容を保管しても物はほとんど増えない。
  • 何冊も持ち歩いても重さが変わらない。
  • 手帳の他にメモ帳などを用意しても、重さが変わらない。

電子ノートの難点

  • 紙よりは文字が見にくい。
  • 紙よりも字が書きにくい。
  • 紙よりもページを素早くめくれない。
  • 紙と比べて、手帳全体を素早く見渡せない。

シャープの電子ノートを購入した理由

デジタル機器に囲まれるのに疲れたため

 私は主にパソコンを使う仕事に従事しています。
 そのため、デジタル機器を使いまくっています。

 あまりにデジタル機器に囲まれているので、せめて手帳ノートアナログのものを使いたいところです。

自発光型の液晶ディスプレイの見すぎで眼精疲労がひどいため

 また、デジタル機器を使う場合、たいてい自発光型の液晶モニターを見る必要があります。
 主にパソコンを使う仕事をしていると、毎日8時間以上液晶ディスプレイを見続けることになります。
 そのため眼精疲労頭痛がひどく、せめて手帳とノートは目に優しいアナログのものを使いたいです。

紙の手帳とノートは冊数も増えて重い

 ところが、紙の手帳とノートは何冊も持ち歩くことになり重いです。

 手帳は私用と仕事用に分ければ2冊になってしまいます。

 システム手帳で私用と仕事用に分けても、私は手帳の使い方が下手なので結局ごちゃ混ぜになってきてうまくいきません。

 ノートも仕事の種類や活動の種類ごとに何冊かに分けざるを得ません。

 ルーズリーフにしても、とても分厚くなって重くなってしまいます。

アナログだけど重くない電子ノートを買うことにした

 シャープの電子ノートは電卓のような反射型液晶ディスプレイなので、自分では光らず目に優しいです。

 文字入力するわけでなくペンで手書きをする機器なので、その面ではアナログです。

 入力はアナログな感じですが、中身はデジタル機器でもあるので、何冊もの手帳やノートを作れます。

 ところが書いた内容は画像データとして保存されるので、紙の分厚いノートを持ち歩くより軽いです。

 そのように、目に優しく、アナログな使い勝手で、かつ重くないので、私の悩みが一通り解決されるということでシャープの電子ノートを購入しました。

シャープの電子ノートを使った感想

 私が使用しているのはWG-S20です。

電子ノート1冊を持ち歩けば良いので、手帳を使いこなしやすい

 紙の手帳の場合、毎年新たなものを買い、しばらくすると結局持ち歩かなくなって、使いこなせずに終わったりします。

 電子ノートの場合、とにかく手帳もノートも、年度が変わっても電子ノート1冊を持ち歩けば済みます

 そのため、常に手元に電子ノートがあるので、手帳も途中で使わなくなって終わるということがなく、きちんと使いこなしやすいです。

ノートも散らばらないので、使いこなしやすい

 電子のノートは手帳だけでなくノートも作れます。

 会議などのノートも、どの会議、どの案件、どの活動かの種類に関わらず電子ノート1冊の中にすべてのノートを作って入れておけます。

 そのため、ノートがあちこちに散らばって、必要なときに必要なノートが手元にない、ということも起こりません。

 常に電子ノート1冊を持ち歩けばよく、ノートが使いこなしやすいです。

色々な種類の手帳、ノートを入れておけるので便利

 手帳やノートのリフィルは色々な種類から選べます。

 仕事の手帳は2ページで1週間のタイプ、私用の手帳は1ページ1週間のタイプ、など違う種類で作れます。

 よって、年度のはじめにいずれかのタイプを選んで作って、2週間くらいでやっぱり別のものにしたければ簡単に変えられます。

 ノートも、横罫のものを作ったり、罫なしを作ったり、色々な種類から選べます。

 こういった自由度があるのは便利です。

書き心地は、紙よりは書きにくい

 文字の書き心地は、紙に書くよりは書きにくいです。

 紙よりも滑ります。

 また、紙に書くときよりもペン先の位置が分かりにくいです。

ペンの反応はSONYのデジタルペーパーよりはるかに速い

 ペンの反応はとても速いです。

 鉛筆で書くのとほとんど同じくらいの速さで反応します。

 一方、SONYのデジタルペーパーのペンの反応は若干遅く、鉛筆で字を書くのとはかなり感じが違います。

文字の見やすさは、紙よりは見にくい

 文字の見やすさは、紙に書いた文字よりは読みにくいです。

 紙ほど明るくないので、薄暗いところでは紙より見にくいです。

 そのように、見にくさは明るさの点だけなので、きちんと部屋や机を明るくしていれば、見にくいことはありません。

パソコンへデータを移動、保存可能

 パソコンへデータを移動し、画像データとして保存できます。
 よって、昔の手帳もすべて保管しておけます。

 パソコンへデータを移動する操作は、USBケーブルでつないで操作するだけです。
 ただし、電子ノート側で若干の操作が必要で、手軽というわけではありません。

 ただ、電子ノート内にたくさんページが作れるので、私の場合は電子ノートからパソコンにデータを移動する必要が出るのは2年に一度くらいです。
 ですので、それほど支障はありません。

自作のリフィルは作りにくい

 電子ノートは、一応自分でリフィルを作れるようになっています。

 ただし、リフィル用の画像データの仕様の制限が厳しいです。
 少しでも仕様と違う点があると認識されなかったりします。

 自作のリフィルは作りやすいとは言えません。

 電子ノートにはじめから備わっているリフィルと、シャープの専用サイトでダウンロードできるリフィルだけで相当な種類があるので、基本的にはそれで足ります。

電子ノートにはいくつか種類があるので注意

 電子ノートには、手帳とノートがあるもの、手帳は無くノートだけのものなど、少しだけ種類があります。

 私は手帳とノートの両方があるものを使っています。
 手帳とノートの両方があるものをおすすめします。

最近のシャープの電子ノートの品揃え

 以前のシャープの電子ノートは電卓の画面のような反射型液晶画面を使用していました。
 新しい型が発売されても、機能などが多少追加されたりするだけで、基本的な作りはそれほど変化ありませんでした。

 ところが、最も最近発売された製品は、画面が従来の反射型液晶画面ではなくEinkを使用した電子ペーパーを採用したものになっています。
 そのため最新の機種と、それ以前の機種では画面の見た目と文字の書き具合などが大幅に変わっていると思われます。

WG-S20

2013年12月発売

WG-S30

2015年10月発売


楽天市場 Amazon

WG-S50

2017年10月発売


楽天市場 Amazon

WG-PN1

2019年11月発売


楽天市場 ソフマップ
icon ビックカメラ
icon Amazon

Einkは以前の電子ノートの反射式液晶ディスプレイと仕組みが異なり、見た目や書き心地も大きく異なるので注意が必要です。

 以上、シャープの電子ノートをご紹介しました。

メーカーのページ

電子ノート:シャープ
シャープ(SHARP)電子ノートのオフィシャルサイトです。手書きの良さとデジタルの便利さをご説明します。

参考記事

目に優しい文字入力装置「ポメラDM25」 眼精疲労で苦しむ人におすすめ
 ポメラ DM25はとても目に優しい文字入力装置です。  パソコンを主に使う業務に従事していて、眼精疲労が限界に来ている人に特におすすめします。  ここではポメラDM25をご紹介します。 電子機器を買うときの参考情報 ...
ソニーデジタルペーパーでペーパーレス化 会議でパソコンを使わずに済む
 書類を電子化し、ペーパーレス化をして物を減らしている方も多いのではないでしょうか。  ペーパーレス化した場合、書類の閲覧をパソコンでしなければならず、液晶モニターを見ることになります。  その結果、液晶モニターを見る時間が...