カラーマネジメントの基本 商品写真の色の悩み

DP1など、そのままでは色が良くないカメラはカメラプロファイルを使うと楽

2017年5月28日

 SIGMA®のDP1などは、撮影したままだと色があまり良くありません。そのためRAW現像するのも手間がかかります。
 そういう場合は、カメラプロファイルを作って適用するととても現像作業が楽になります。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

再エネ電力会社への切り替え方|power-shift.org

 

SIGMA®のカメラ「DP1」の写真に自作のカメラプロファイルを適用してみる

 SIGMA®のDP1で撮影し、Adobe® Photoshop®のプラグインのCamera Rawの初期設定で現像すると下図のようになりました。

Camera Rawの初期設定で書き出した写真

DP1


楽天市場 Amazon

 他のメーカーの、比較的簡単にきれいな写真に仕上がるコンパクトデジカメと違い、そのままだとあまり良い色になりません。

 次に、DP1用に、晴れている昼間の屋外用のカメラプロファイルを作成します。

カメラプロファイル作成用ツール

楽天市場 Amazon ビックカメラ icon

 Camera Rawの初期設定で、作成したカメラプロファイルだけ適用してみると、下図のようになります。

Camera Rawでカメラプロファイルだけ適用した写真

 そのままよりは無難な見た目になりました。

 このくらいなら色調補正をするのが大変楽になります。

撮影したままと、自作カメラプロファイルを適用した状態の比較

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

DP1など、そのままでは色が良くないカメラはカメラプロファイルを使うと楽で助かる

 このように、DP1などのようなそのままだと簡単には良い色の写真が撮れないカメラの場合、カメラプロファイルを自作して適用するととても作業が楽になります。

 旅行先で撮った自分の個人的なスナップ写真などであれば、カメラプロファイルを適用しただけで、あとは特別な色調補正なしで完成させても良いような写真もあります。

 以上、DP1など、そのままでは色が良くないカメラはカメラプロファイルを使うと楽であることをご紹介しました。

当ブログ参考記事

Photoshop


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-カラーマネジメントの基本, 商品写真の色の悩み
-, ,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜