カラーマネジメントでよくある疑問

キャリブレーションした2種類のモニターは同じ表示色になる訳ではない

2017年5月10日

 モニターのキャリブレーション作業で、モニターの表示特性を基準に合わせます。
 ところが、2台の異なる種類のモニターをキャリブレーションすると、単純に表示特性が同じになるわけではありません。

 ここでは、モニターのキャリブレーションをすると、異なるモニター同士で同じ表示をできるものの、表示特性が同じになるわけではないことをご説明します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

再エネ電力会社への切り替え方|power-shift.org

 

モニターのキャリブレーション作業で行う内容

 モニターのキャリブレーションを行うときに、一般的には以下のような作業を行います。

白色点の色を決めて、調整する

 白色点の色をどういう色にするか、自分で決めます。色温度か色度xyの数値か、D50、D65などで決めます。

 白色点が自分で決めた色になるよう、調整します。

入力と出力の関係を示す「ガンマ」を決めて、調整する

 CRTディスプレイ、液晶ディスプレイなど、ディスプレイは仕組みによって色々な入力と出力の関係を示します。この関係はよくガンマで示します。

 入力と出力の関係が色々だと扱いにくいので、たいていほとんどのディスプレイはCRTディスプレイのガンマと似た入力・出力の関係を示すように作ってあります。

 CRTディスプレイの入力と出力の関係は、ガンマ2.2くらいです。

 そのため、液晶ディスプレイのガンマもたいていは2.2と決めて、ガンマ2.2になるように調整します。

表示色の特性を示すディスプレイプロファイルを作る

 白色点の色、ガンマの調整が済んだら、このディスプレイではRGBの情報がどのような色で表示されるのかを調べ、その特性を示したディスプレイプロファイルを作ります。

 このディスプレイプロファイルがあることで、カラーマネジメント対応ソフトなどで表示したデータが正確な色で表示できます。

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

2種類のディスプレイをキャリブレーションしても、表示特性が同じになったわけではない

カラーマネジメント対応ソフトで表示すれば、キャリブレーションされた2種類のモニターで同じ色になる

 キャリブレーションされた2種類のディスプレイそれぞれで、カラーマネジメント対応ソフトで同じデータを表示させてみます。

 そうすると、キャリブレーション作業で作成したディスプレイプロファイルを利用して、同じ色に表示されます。

 よって、フォトレタッチ作業など、カラーマネジメントを利用した一般的な作業をする分には、単純にキャリブレーション作業をすれば問題ありません。

カラーマネジメント対応でないソフトで表示すると、キャリブレーションされた2種類のモニターでも違う色になる

 ディスプレイのキャリブレーション作業をしたとき、色を補正するためのディスプレイプロファイルが作られます。

 しかし、ディスプレイそのものの表示色が変わるわけではありません。

 例えば、sRGBくらいの色域を表示可能なディスプレイと、AdobeRGBくらいの色域を表示可能なディスプレイがあるとします。この2つのディスプレイをキャリブレーションした後、単純にRGB(0,255,0)という色を表示させたら、違う色に表示されます。

 また、異なる種類の2つのディスプレイで、カラーマネジメント非対応のウェブブラウザでウェブサイトを表示させると異なる色に表示される可能性があります。

カラーマネージメント技術は人のためにある

表示するソフトに関わらず、2種類のディスプレイの表示特性を同じにする方法

方法1 2つのディスプレイを両方ともsRGB特性で表示する

 2つのディスプレイを両方ともsRGB特性に近く表示すれば、表示される色はほぼ似た状態になります。

キャリブレーション目標にカラープロファイルを指定できる場合

 カラーマネジメントモニターなどでは、キャリブレーションの目標としてカラープロファイルを指定できるものがあります。
 そういう場合は、sRGBを目標に設定してキャリブレーションすれば、sRGBに近い表示特性に調整できます。

AdobeRGB色域など広色域のキャリブレーションモニターを使っている場合

 AdobeRGBの色域まで表示可能など、広い色域のキャリブレーションモニターを使っている場合、キャリブレーション時にモニターの色域を制限できる場合が多いと思います。

 キャリブレーションするときに、sRGBをキャリブレーション目標とし、色域を制限する設定でsRGBプロファイルを指定することで、sRGBに近い表示特性にできます。

「sRGBモード」のような表示モードがあればそれを使う

 「sRGBモード」のような、sRGBの表示特性で表示するための表示モードがあるディスプレイもあります。
 その場合は「sRGBモード」を選べば、sRGBの表示特性で表示できます。

 なお、EIZO®のキャリブレーションモニターにはsRGBモードという表示モードがあり、このsRGBモード選択時の表示を維持するためのキャリブレーション作業もできるようになっています。

方法2 キャリブレーションモニターのエミュレーション機能を使う

 キャリブレーションモニターには、他のモニター等の表示特性を再現するエミュレーション機能があるものがあります。
 エミュレーション機能を使えば2台のモニターの表示特性を同じにできます。

 2種類のディスプレイのうち一方をキャリブレーションします。

 次にもう一方のエミュレーション機能付のキャリブレーションモニターで、先ほどキャリブレーションしたディスプレイの表示特性をエミュレーションします。

 これで2つのディスプレイはほぼ近い表示特性になります。

 以上、モニターのキャリブレーションをすると、異なるモニター同士で同じ表示をできるものの、表示特性が同じになるわけではないことをご説明しました。

当ブログ参考記事

「sRGBモード」があるディスプレイの例

プロファイルをエミュレーションする機能のあるディスプレイの例


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-カラーマネジメントでよくある疑問
-, , , , , ,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜